コアジサイの黄葉がピークでした!

久しぶりにコアジサイの黄葉が素晴らしいです!!!
コアジサイ1
コアジサイ2

いや、はっきり言って、高い木の紅葉はいまいちだなーと思っていたので、
コアジサイの黄葉を見たときは感動で心が震えました。
今日も薄曇りの中での山歩きでしたが、昨日行かれた方は素晴らしかったのではないでしょうか?

赤柴登山道もなかなか素敵でした。
登山道1

それにしても今年は紅葉が早い気がします。
もう赤柴林道は紅葉が見頃でした。
紅葉前線は標高500mまで下がってきたのでしょうか。
この時期は山頂まで行かなくても十分に紅葉が楽しめますね^^
赤柴1
赤柴2


最後にマツカゼソウの三態を載せておきます。
赤柴林道で雑草のように生えていたマツカゼソウ。
今日もまだ咲いているものがありましたので、その変遷を載せておきます。
マツカゼソウ1
マツカゼソウ2
マツカゼソウ3

こんな風に種をつけていくのですね。
今日も楽しい山歩きでした^^
スポンサーサイト

今年の紅葉は早いです。

美熟女とはつまり私のこと。
1030マツカゼソウ
今年はマツカゼソウが大繁殖していましたが、その名残達です。
今はドライフラワーの状態ですが、これはこれで綺麗です。

10月後半に2週続けての台風。こんなこと今までありましたかね?
今年は夏といい、この10月といい、雨が多い年ですね。
台風一過の今日は晴れてはいるものの、強風の予報でしたが、行ってまいりました。
ま、予想通りの強風でした^^;
分かってはいるものの、山頂から椚田峠までは強風直撃でした。
ということで、葉っぱたちも後ろ姿ばかり。
1030風に煽られる

紅葉は山頂から標高800m辺りまではピークを過ぎた感じがします。
28日の方が綺麗でした。
しかし今日は快晴だったので、28日とは別の意味で綺麗でした。
1030山頂下
1030  山頂
晴れているわりには展望はいまいちでした。
低山の様子も朝はいまいち映えませんでしたね。

コアジサイが徐々に色づき始めていますので、今後はこちらが楽しみです^^

紅葉が深まっています。


今日は午後から雨ですが、午前中に鳴神山に行ってきました。
紅葉はますます深まっていました。
例年ならば、山頂の紅葉は10月末がピークとなるのですが、今年は早いですね。
第2石門から上ではかなり見頃となっています。
光落窪
1028光落窪
肩の広場下
1028第2
仁田山
1028仁田山
椚田峠方面
1028椚田

なお、今日もうす曇りの中の山歩きでしたので、紅葉の鮮やかさはいまいちでした。
と思っていたのですが、写真で見ると綺麗ですね^^

山頂からの展望ですが、低山の紅葉が始まったのが分かりました。
1028低山


紅葉が始まっていました。

久しぶりに訪れた鳴神山では紅葉が始まっていました。

第1石門でもなんとなく黄色が見えましたが…
第1石門
肩の広場直下ではかなり色づき始めていました。
肩の下

山頂。
山頂
桐生岳から仁田山を望む。
仁田山

私が歩いた時間は薄曇りで、色があまり綺麗ではありませんでした。
晴れたお昼前後だともっと綺麗かもしれません。
ただ、明度が全体的に良くなかった気がします。

約1週間雨が降り続け、昨日からやっと晴れましたね。
今日の鳴神山はどうだったかというと、
序盤から下腹部では水浸しでした。歩けないレベルではありませんが、
特に駐車場からの舗装路が川のようになっていたので、
ビビる人はビビると思います。
水量は凄かったです。轟音で他の音が聞こえませんでした。

赤柴側ですが、舗装路は川状態、もしくは濡れていて大変滑りやすい状態でした。
また、砂利の部分は見事にえぐられていました。
車での通行はダート大好きな人以外にはお勧めできません。
赤柴


山頂からの展望は雲が多く薄曇りで最高とは言えませんが、
富士山、浅間山、四阿山、日光白根、袈裟丸、男体山、上州武尊などが見えました。
日光白根は真っ白、上州武尊もかなり白く、高い山には冬が来たのだなと改めて思いました。

今日は山中とても寒かったです。山頂5度。
鳴神山もすっかり秋です。
鳴神山に訪れる際には薄着ではなく秋山の装備が良いと思います。


※おまけ※
近隣の某山にてセンブリを初めて見ました。
ちょっと感動しました^^
センブリ


鳴神山でトレランはやめてください!

走る速度では、足元の生き物に気付くことはできません。
一人ならまだしも、大勢が走るということは登山道を荒し、山の植生を破壊することになります。

もうすでに、鳴神山ではこの数年で絶えた花があります。
その原因は鹿の食害ですが、
人が踏み荒らすことも植生を破壊することにつながるのです。

あの尾瀬でさえ、トレランの大会があるという馬鹿げた現状。
赤城山ではトレランを禁止したという話も聞きます。
赤城で禁止されたから鳴神山に来るのか…

明日8月12日鳴神山でトレランの大会をするという話を聞きました。
もし、明日鳴神山に訪れる方がいたら、是非やめるように言ってほしい。
家族の容態が悪くて、私は今なかなか行けない状況なのが悔しい。
私なら、声を荒げてその場でやめさせる。

これ以上、山を壊すな。
もう既に山は不要な工事で削られ、鹿に草花は食べられている。
ニンゲンの足が山を壊す要因になることをそろそろ知るべきだ。
これ以上、自然を破壊するな。
プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム