FC2ブログ

愛しき人へ

私は花に囚われたのだと思う。
同じ狂うなら、花に狂うのはかなり美しい狂い方ではないかと密かに思っている。

同じ程度の狂い方をする人がいた。
私同様に、花を見つけると嬌声を上げて喜び、
花が絶えると私同様に哀しんだ人がいた。

私よりずっと熱く、親切で、優しく、冷静な人だった。

私は花仙人と呼んでいた。

花仙人との道中は楽しくもあり、長すぎて辛いときもあった。
しかし、私は花仙人が大好きだった。

私はあまり稀少種狙いではないが、
花仙人はいくつかの花を探していた。
年々脚が弱っていき、山歩きが困難になっていったので、
私が代わりに探し続けていた。
一番のお目当ては葉っぱまで見つけたが、
開花に出会うことはなかった。

それでも花仙人にはいくつかご執心の花があって、
それらの花を見るたびに喜んでいた。
「来年の楽しみが増えましたね」とにこにこしながら言っていた。

昨年、激痩せし、歩行もおぼつかなくなり、私は心配していた。

私は花仙人が特にご執心の花をどこでもいいから見つけたくて、見せてあげたかった。
私はいくつかのサイトにメールをして、自分が鳴神山通信管理人であることと、
知人の体調が優れないので、元気なうちに見せてあげたいから教えてくれないかと書いた。
もちろん返信はなかった。
そういうものだと思っていた。


今年の冬に、花仙人が亡くなった。
あっという間だったと聞いた。
私は呆然としたが、なんとなく実感がわかなかった。
ただ、前年の激痩せや歩きっぷりから見ると致し方ない気がした。

そして、私は充分に孝行したと思っていた。
赤城にも尾瀬に連れていってあげたし、充分孝行したと思っていた。

3月下旬に入り、鳴神山も花の季節に入った。
例年並みの花、少ない花、遅い花、今年もいろいろと個体差がある。
私はその1つ1つに一喜一憂した。
そして、花仙人を思い浮かべた。

「田村さん、今年は○○が少ないよ」
「田村さん、今年は○○が遅いよ」

気が付くと私は田村さんに語りかけていた。
そして涙を垂らしていた。

怖くて、田村さんの家に行けなかった。
行ったら、田村さんの死が現実になってしまいそうだったから。


しかし、ある日、田村さんの追っていた花を知っている人に出会った。
私にしては珍しく、自分が鳴神山通信管理人であることを話し、
知人がずっと追っていたので教えてくれないかとお願いした。
しかし聞き入れてはもらえなかった。

私はその後、泣きながら田村さんの家へ向かった。
やっと、奥さんに会い、線香をあげ、話を聞くことが出来た。
田村さんらしく、自分で全ての身辺整理を行い、家族には出来るだけ手を煩わせずに逝ったそうだ。

強くて、優しくて、温かい人だった。
ぼくは全然我慢しないたちだよとよく言っていたが、
頭のいい人なので、周りが心配するようなことや弱音は決して言わない人だった。
だから、強い力で自制していたのだと思う。
その強い自制心が、病を近づけたのではないかと想像している。

田村さん、
愛しい人よ。

哀しいよ。

春の鳴神山を歩くと、田村さんを思い出してたまらないよ。

田村さん、
寂しいよ。

だけど、私が田村さんの代わりにずっと花を見守っていくよ。
だから安心して。
そしてどうにか田村さんの追っていた花を探して、
田村さんに報告しに行くよ。

田村さん、
愛しい人よ。

ありがとう。
ありがとう。




スポンサーサイト

花仙人のお庭から

時間がないので今回ははしょっています。

ソバナとキキョウが見頃
0711ソバナ
0711キキョウ
シュロソウ、ノカンゾウ咲き始め。
0711シュロソウ0711ノカンゾウ
ヤマユリとキツリフネ
0711ヤマユリ0711キツリフネ

花仙人のお庭から~夏へ

ちょっとだけ花仙人宅へ寄ってきました。
0627ウツボグサ
0627カリガネソウ

ウツボグサが庭の地面を這うように咲いていましたが、
例年より勢いがないようです。
カリガネソウは場所によっては見頃で、時折独特の臭いが漂ってきます。

オカトラノオは終盤でしたが、10株以上咲いていました。
鳴神山は咲き始めです。
オオバギボシは見頃でした。
0627オカトラノオ0627オオバギボシ
キツリフネは早咲きのものが1輪。
チダケサシは終盤へ。
0627キツリフネ0627チダケサシ
ハンゲショウは咲き始め。
白い葉っぱが印象的ですね。
0627半夏生


その他、レンゲショウマ、ソバナは順調に育っていました。
セキヤノアキチョウジも大きくなっていました。
レンゲショウマ、ソバナは鳴神山の夏の花の代表格なので、
これらが咲くと盛夏だなと思います。

最後にキツリフネとツリフネソウの比較。
花の形はそっくりですが、色が全然異なるお二方。
しかし葉っぱや茎はかなり違います。
左/キツリフネ
右/ツリフネソウ
茎の色がまず違いますね。
そして葉っぱの形も微妙に違います。
0627キツリフネ葉0627ツリフネソウ

こういう知識があると、山歩きがさらに楽しくなりますね^^

花仙人のお庭から~紅の庭園

赤城山から帰ってきて、花仙人のお庭へ。
街中は雨がやんでいるのかなと思いましたが、桐生市内も雨でしたね。

今回素晴らしかったのはシモツケソウです。
0606シモツケソウa
ウスベニアカショウマとシモツケソウ。
0606アカショウマ
カラマツソウも見事。
0606カラマツソウa

シモツケソウが美しすぎて、他の花が霞んでしまいました。
シモツケソウが好きなので、どうしても目がいってしまいます。
しかしカラマツソウもなかなか元気で、見応えがありました。
鳴神山では先日蕾を一つ見つけたところです。
こちらも楽しみですね。

クモキリソウ開花です。相変らずの独特の形状です。
鳴神山ではあと少しでしょうか
オカトラノオも開花していました。
鳴神山のオカトラノオは岩の上にあるのでまだ確認できていません。
(登山道脇のものはほぼ鹿に食べられてしまい、開花までたどり着けません)
0606クモキリソウa0606オカトラノオ
カワラナデシコはまだまだ見頃でした。
0606カワラナデシコa

夏のお花のレンゲショウマ、ソバナも順調に育っています^^
0606レンゲショウマa0606ソバナa

さて、ウツボグサです。
0606ウツボグサ紫a
0606ウツボグサ白a
一番多いところはまだ咲いていませんが、咲いているものはこんな状態です。
ちょっと見頃が過ぎていますかね。

しかし、花瓶に活けるとこんなに勢いがあるのです。
0606ウツボグサ花瓶a
よく見るウツボグサとはかなり趣が違いますね。

紫と白の混じったものがあるのも分かりますでしょうか?
0606ウツボグサアップa

今日は圧巻のシモツケソウ(写真は1枚ですが、お庭には沢山あります)と
花瓶のウツボグサが楽しかったです^^






最後に花仙人のもう一つの趣味から。
0606金蒔絵2
京金蒔絵の吸物椀です。
外見はススキの絵柄ですが





0606金蒔絵
中には蝶が閉じ込められていました^^

今回も花仙人の天衣無縫な情熱ぶりに圧倒されっ放しでした(^-^)/








花仙人のお庭から~赤城山と赤城の花仙人。

関東も梅雨入りしましたね。
6日水曜日は1日雨の予報でしたが、前日に曇り予報となり、
じゃあ赤城山に行くかと花仙人を連れ出しました。

しかし当日は朝から小雨。
山は歩かないからいいかと、赤城山に向かいます。
赤城山でも終始雨でしたが、それは覚悟の上なので構いません。
花仙人は上下合羽、私は上は合羽、大方は傘を差しながら歩きました。

レンゲツツジが見頃でした。
0606レンゲ1
0606かくまんぶち

実は赤城山のレンゲツツジの見頃を見たことがなかったのですが、
あまりの素晴らしさに圧倒されました。
覚満淵の方が花が綺麗でしたね。
決していい天気ではありませんでしたが、結構車がありました。

ヤマツツジも圧巻でした。
0606ヤマツツジ

ヤマツツジやミツバツツジは里山でもよく見られるのでそんなにありがたみがないのですが、
感動レベルの素晴らしさでした。


でも我々花追い隊の目的はレンゲツツジではないのです。
まずはクサタチバナです。
0606クサタチバナ
圧巻過ぎてくらくらします。
去年は6月27日に行っていますが、
このときは軽いノリで行ってきました。
花のピークとか全然考えていませんでしたので、レンゲツツジも終わっていました。
しかし今回は違います。
全体的に花が2週間早いという状況を鑑みて赤城山にやってきたのです(^-^)
ということで、レンゲツツジもクサタチバナもドンピシャでした。

我々の目的のもう一つのクリンソウも見事でした。
0606クリンソウ1
0606クリンソウ2

クリンソウって、1つだけだとふーんという感じですが、群落は圧巻ですね。
今回も素晴らしかったです。
ちょっと分かりにくいですが、白とピンクのものを載せておきます。
右がピンクです。
0606クリンソウ白0606クリンソウピンク


その他の木のお花
八重桜/マルバウツギ
0606八重桜0606マルバウツギ
サラサドウダンツツジ/ドウダンツツジ
0606サラダ0606?

その後、ヒメシャガ探しを始めました。
去年見たものはお手植えだったので、今回は自生のものにこだわり探しました。



ありました!
0606ヒメシャガ
二人ではしゃぎながら写真を撮ります。
この日は2カ所で自生のものを見つけることが出来てご満悦です。

その後、沢山の花が植わっている某保養所の花壇に立ち寄りました。
今年も様々なお花が咲いています。
ヒメシャガもここだけで20株位あったと思います。
0606ヒメシャガ大
二人で花を見ているとそこの従業員の方がいらして、奥のお花もどうぞと案内されました。
二人とも大喜びです。
ミヤコワスレ。標高が1400mあるので今咲いているのですね^^
今が旬のホウチャクソウ。
0606ミヤコワスレ0606ホウチャクソウ
サクラソウ。
こんなところで?!のノビネチドリ。
ネットで囲ってありましたが、写真を撮るためにネットを外してくれました。
0606サクラソウ0606ノビネチドリ
これはイカリソウの仲間です。
すんごく不思議な形をしていますね。
バイカイカリソウといいます。
(調べました)
中国地方で自生するものなので、何故ここにあるんでしょうかね。不思議です。
どっちにしろ超珍しい花です。
0606バイカイカリソウ
そしてこれはおそらくアカギキンポウゲです。
0606アカギキンポウゲ0606アカギキンポウゲ葉

アカギキンポウゲはウマノアシガタの変種ですが、違いは茎の毛だそうです。
アカギキンポウゲの茎の毛は伏毛といって、毛が寝ている状態です。
(つまり毛が目立たないということです)
茎の写真を見ると毛が目立っていないのでアカギキンポウゲだと思いますが。
ミヤマキンポウゲは雑草のようにありますので、
この時期赤城山に出かける方は見比べてみて下さい。

ここの花の管理をしている方はとても花に詳しく、花を愛している方でした。
桐生の花仙人同様、赤城山のお花を出来るだけ敷地内に植えて守っているそうです。
赤城山の花仙人といっても過言ではありません。
裏庭にはところどころネットがありました。
花の天敵はここでもやはり鹿だそうで、花を守るにはネットが一番みたいです。
天衣無縫の花仙人のおかげで、赤城山の花仙人から貴重な話を沢山伺うことが出来ました。

今回も大満足の花巡りとなりました。
この後花仙人宅に戻ります(=゚ω゚)ノ
プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム