紅葉・仁田山岳が見頃です☆

【ルート】駒形~赤柴周回

【山頂温度】21度

【風】ほぼなし

【天気】晴れ

【展望】いまいち


最高気温20度前後で風がない日は絶好の山日和です。

今日もそんな山日和の中を歩いてきました。


素晴らしい肩の広場下の紅葉にうっとりしながらゆっくりと山頂を目指します。

今日は健脚のおおさんと東の山の匠がいました。

私は最初からついていくのを諦めていましたので、

同じルートでしたがお二方とは別行動という形になりました。

(つまりのろいから遅れるということ)


山頂にて。北側。

ちょっとわかりづらいですが、山が錦をまとっているように見えます。

遠くの高い山を眺めるのも好きですが、錦色の低山を一望するのも私は好きですニコニコ
鳴神山通信

さて仁田山岳へ向かいます。

仁田山岳への分岐。きらきら輝いています。
鳴神山通信



仁田山岳山頂から北側を望む。

木の間から見える山並みもなかなか趣があります。
鳴神山通信

これはヤシオツツジの紅葉でしょうか?

仁田山岳には沢山ありました。
鳴神山通信


仁田山岳から椚田峠へ。

紅葉のアーケードです。

只今仁田山岳周辺が一番紅葉を実感できるのではないでしょうか。
鳴神山通信

椚田峠から赤柴登山道へ。

コアジサイの黄葉はまだまだ先でした。

これはこれで美しいですが、1週間後はもっと絢爛になりますニコニコ
鳴神山通信

林道は紅葉は進んでいませんでしたが、沢山のチャノキを見つけました。

花がなくなる時期なので見つけると嬉しくなりますニコニコ

鳴神山通信

今週末は肩の広場直下、山頂付近の紅葉が見頃ですよニコニコ

スポンサーサイト

秋の装いの鳴神山☆


緑の下には春夏の間に蓄えてきた日差しの色が隠れていた。
鳴神山通信
(肩の広場直下にて)


【ルート】駒形往復

【天気】曇り

【山頂温度】17度

【風】なし

【眺望】悪い


先日とは打って変わっての暖かな一日でした。

登りは長袖Tシャツ1枚でも暑いほどでした。


肩の広場直下と山頂の紅(黄)葉が美しくなっています。

肩の広場直下にて。

鳴神山通信

鳴神山は黄葉の方が目立ちますが、紅葉の木もちらほらとあります。

紅色の美しさといったら…

是非実際の美しさを堪能してほしいと思いますニコニコ


山頂の紅葉もなかなかです。

桐生岳より錦秋の仁田山岳を望む。
鳴神山通信
北側。
鳴神山通信
南側。
鳴神山通信
ドウダンツツジ。
鳴神山通信

今日はスマホでの撮影です。

携帯充電器を持参しながら写真を撮りましたニコニコ

今まで使っていたデジカメより赤が綺麗な気がするガーン


川内側ばかりを歩くので川内側の紅葉しか分かりませんが、

山頂、駒形の肩の広場辺りが一番早く色づき、

その後に下へ下へと紅葉が広がっていく感じです。

赤柴登山道の見頃は約1週間後、赤柴林道はもっと後だったはずです。

赤柴登山道は金箔のコアジサイが見事なので、是非赤柴も周ってほしいですニコニコ

去年の11月10日の赤柴登山道のコアジサイダウン
鳴神山通信

次回は赤柴を偵察してくる予定ですニコニコ

色づいてきました^^

【ルート】駒形往復

【天気】雲が多い晴れ

【山頂温度】10~11度

【風】冷たくて強い

【展望】いまいち


用事やら天候不良やらでなかなか訪れることの出来なかった鳴神山にやっと行ってきましたニコニコ

台風一過の翌日は…風が強い!冷たい!

山頂も10度から11度と寒く、冬のようでした。


しばらく訪れない間に紅葉は進んでいました。

肩の広場直下がとても綺麗です。山頂もなかなか。


ところがこの日、私はカメラを落として壊してしまいましたショック!がくっ汗

ということで新しいカメラを買うまでは、文章のみかスマホで写真を撮るか…

当分はそんなブログになりますあせる


あとですね…

もし鳴神山のピンクのシールが貼ってあるストックを拾った方がいましたら

ご連絡ください。

どこで落としたかよく覚えていないのですが、

そんなシールを貼るのは日本で5人もいないはずです。

よろしくお願いしますパー


台風一過☆

仁田山岳の黄葉。(鳴神山の紅(黄)葉はほんの一部です)
鳴神山通信

【ルート】駒形往復

【天気】晴れ

【山頂温度】14度!

【眺望】良好

【風】冷たくて強い風


台風一過の翌日、快晴の鳴神山を訪れました。

車内は温暖でしたが、車を降りると寒い!

慌てて1枚はおりました。


登山道はどうなっているのだろうと戦々恐々と歩いて行きますが、

水位はそれほど上がってなく、登山道が水浸しということもありませんでした。

さすがに枝や葉っぱが散乱していたので、どかしながら歩いて行きます。

第2石門を抜けると冷たい風がびゅうびゅう。

今まで心地良かった風も徐々に脅威となりつつあります。

風の通り道だけあって、ここからは上はかなり荒れていました。

大きな倒木が登山道を塞いでいましたよガーン

鳴神山通信 


肩の広場に到着。

9月の大雨で折れてしまった木が
鳴神山通信
ダウン

見事に伐採されていました。

安心して歩くことが出来ます。

Fさんありがとうございますニコニコ
鳴神山通信

山頂へ。

なんと14度です。

寒い分、南側以外、素晴らしい眺望に恵まれました。


東側。うっすらと筑波山。
鳴神山通信
北側。袈裟丸山、皇海山。
鳴神山通信
北側。日光連山。
鳴神山通信
西側。赤城山。
鳴神山通信

今日はクリ、クルミ以外の美味しい果物に出会いました音譜

こちらです。
鳴神山通信

この実を軽く押すとぷしゅうと潰れます。

あの果物に似てますねニコニコ
鳴神山通信
キウイの仲間、サルナシです。

甘酸っぱくてとても美味しかったですラブラブ


今日も楽しい山歩きでしたニコニコ

「椚田峠」入りました!

まだまだ元気なセキヤノアキチョウジ
鳴神山通信

【ルート】駒形~赤柴

【山頂温度】23度

【天気】雲が多い晴れ

【展望】悪い

【風】少々


最低気温がぐんと下がり、朝の冷え込みが厳しくなってきました。

登山口では寒いと感じますが歩き始めるとだんだん温まってきます。

朝方は結構晴れていましたが、山頂から見えるのは雲が厚く覆った空。

残念ながら展望は恵まれませんでしたが、

暑くもなく寒くもなく秋らしい山日和でした。


毎回訪れるごとに花は減ってきていますが、それでもまだまだ楽しめます。


左/赤柴林道では満開のサラシナショウマが見られます。

右/チャノキ。食いしん坊さんには決して見つからないでしょうにひひ
鳴神山通信 鳴神山通信


今日は西の山の匠の作品を確認してきました。

椚田峠の看板ですが…
鳴神山通信
「椚田峠」という標識が新たに加わりました。

指導標は登山者にとって大事な目安となるものですが、

なぜか「椚田峠」の名前が入ってなかったのです。

そこで西の山の匠が取り付けたのでした。

ありがとうございますニコニコ
鳴神山通信

帰り際に蝶の御寝所をパチリ。
鳴神山通信
クルミやらクリやら、下ばかり見ている食いしん坊さんには見つからないことでしょうニコニコ

赤柴花巡り☆


鳴神山通信

鳴神山通信

【ルート】赤柴林道

【天気】曇り、晴れ


今日は花目当てで赤柴林道を散策してきました。

沢と緑に恵まれた美しい林道で、知る人ぞ知る花の宝庫でもありますニコニコ



今回のお目当てその1。

サラシナショウマの開花の様子を見てきました。

オオバショウマはほぼ姿を消し、サラシナショウマが満開でした。

白くて大きいのでとても目立ちます。

10株ほど咲いていました。
鳴神山通信


お目当てその2。

8月末からずっと咲いていたこのお花。

元気はなくなっていますが10月現在でも健在でした。(写真は8月末のもの)

草陰に隠れてよく分かりませんが、オトコエシだと分かりました。

鳴神山通信


シラネセンキュウが満開です。

大分前から満開ですが、セリ科は難し過ぎてほとんどスルーしていますあせる

夏からおそらく5種類程咲いていましたが…

分からないのでブログには載せていませんあせる

セリ科とシソ科、スミレ科は来年の課題です。。。
鳴神山通信

あとはのらりくらりと花歩きです。


左/メナモミかコメナモミです。

右/イヌホオズキ。葉っぱの陰に花をつけているので、

見つけたときはちょっと興奮しました。
鳴神山通信鳴神山通信

アメリカセンダングサ。

鳴神山通信


何これ、ツバキ?サザンカ?と興奮しながら帰宅しましたが、

チャノキ(茶の木)だそうです。

ツバキ科です。葉っぱの陰に花をつけるので気づいたときは驚きました。

花の直径は3~4cmです。
鳴神山通信


狂い咲きのタマアジサイ。

至るところで狂っていましたニコニコ

鳴神山通信

お花達に癒されながらの楽しい花歩きでしたニコニコ

匠の作品群☆

蜘蛛の巣にひっかかった黄葉が空中を遊泳しているように見えました。
鳴神山通信


【ルート】駒形往復

【山頂温度】27度

【天気】曇り~晴れ

【展望】悪い

【風】ほぼなし


ちょっと前まで随分と冷え込みましたが、最近はまたまた暑いです。

洋服選びを間違えるとかなりのダメージになりますねあせる

最低20度最高28度前後ならば夏の格好+予備に防寒用の服で充分のようです。


※今日はハチに会いませんでしたが、最近マムシをよく見ますので注意してください※



今日も山頂には鳴神山を愛する方々が集まってきましたが、

バテ気味の私は早めに下山しました。


左/アカスジキンカムシ終齢幼虫だそうです。

パンダみたいで可愛いドキドキ3匹ほど見ました。

右/駒形登山道でサラシナショウマを初めて見ました。
鳴神山通信 鳴神山通信


さて、今日は鳴神山を愛してやまない山の匠の作品をご紹介します。

「より歩きやすい登山道を」をモットーに山の匠は登山道整備に勤しんでいますニコニコ


第一石門付近。

砂利を敷いたそうです。

地面が平にならしてあるのが分かると思います。
鳴神山通信

同じく第一石門付近。

ちょっと分かりにくいですが、ここにも砂利を敷いたそうです。
鳴神山通信

登山口序盤の岩場。

ストックの先辺りに、画面を横切るように掘りが作られてあります。

雨などで登山道に溢れた水を写真右側の沢へ流すように工夫したそうです。
鳴神山通信

定期的に鳴神山を訪れると、どんどん道が整備されていくのが分かります。

山の匠の登山道整備にかける情熱、ボランティアスピリットは凄いです合格



こちらの池、もしくは滝。

こちらも山の匠が最近整備したものです。

只今佳い名前を思案中ですニコニコ
鳴神山通信



秋紫☆

肩の広場のツタウルシ。

ここだけ真っ赤でした。(実物はもっと鮮やかな紅色です)
鳴神山通信

【ルート】駒形~赤柴

【山頂温度】31度!

【天気】曇りときどき小雨

【風】ほぼなし

【眺望】なし


今日は天気予報を信じて約2週間ぶりの赤柴周回コースを歩きました。

天気は…いまいちです。

そのうえ予想以上に暑く、秋仕様の格好では暑くて仕方ありませんでした。

山頂の温度計が31度を指していたのを見たときは本当に驚きました。


日に日に秋が深まっていきますが、狂い咲きのお花もちらほら。
鳴神山通信
山頂にてコキンレイカ。タマアジサイの開花にも出会いました。



赤柴登山道から赤柴林道で見かけた黄色のお花達。

登山道にてアキノキリンソウ。  林道にはヤクシソウが群生。    
鳴神山通信鳴神山通信
林道にてコセンダングサ。
鳴神山通信

林道にてサラシナショウマ。

オオバショウマもありました。

鳴神山通信


現在の鳴神山を彩るのは紫のお花達です。

セキヤノアキチョウジ、カメバヒキオコシ、

その他のシソ科のお花達が沢山咲いていました。


ナギナタコウジュ              カメバヒキオコシ  
鳴神山通信鳴神山通信


セキヤノアキチョウジ。

駒形登山道でもよく見かけますが、赤柴登山道、林道は圧巻です。

紫の音符。森の五線譜。

セキヤノアキチョウジを見ているとそんな言葉を想起します。

この詩的な佇まいを是非ご覧になってくださいニコニコ
鳴神山通信

鳴神山通信

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム