______山を遡上する鮭



あとどの位歩けば空に会えるのだろう。

岩と瓦礫が積まれた沢筋の登山道は植林と雑木林に囲まれて暗く、明るい兆しはなかなか見えてこない。

ちょろちょろと流れる水をよけて歩きながら、この沢筋に水が溢れていた頃を想像してみる。

暗い川底を彷徨っている河鹿。

青空に誘われて懸命に浮上しようとしている岩魚。

否、川を登っているのだ。故郷を求めて遡上する鮭のように。

そんな思いに耽りながら黙々と歩くこと数十分、頭上に遠く点在していた空が行く手の木の間に見えてきた。

冴え冴えとした輝きを放っている空を眺めているうちに喉の渇きを覚える。

山頂に着いたら美味しい水を飲もう。

そんな思いつきに俄然体が元気になる。


無心で最後の急登を登りつめると一気に視界が広がった。

水色の光に覆われた小さな山頂は海にせり出した岬の灯台のようだ。

口を大きく開けて、この山の一番てっぺんの、一番美味しい空気を吸い込む。

空気が体中に浸み込んでゆく。

乾いていたのは喉ではなかったようだ。

山の空気が体内を一巡した頃、体はふっと軽くなり、

頭は憑き物がとれたかのように晴れやかになる。

山の青空に網膜の不浄を洗い流された瞳は青空のように澄み切っていることだろう。

心身を貫く爽快さを感じながら周囲を見渡した。

有名無名の山並が空を区切り、眼下には空色の市街地が広がっている。

水色に染まった市街地は海底のようだった。



海に縁のない県の山の上にいるのに、連想するのはなぜか海のことばかり。

私は海底からここまで登ってきたのではないか。

山頂の美味しい空気を吸うために這い上ってきたのではないか。

そんな思いが私の脳裏を横切るのであった。


海底のような街を車で走り、河口の登山口へ赴き、

美しい空と水のような空気に焦がれて登って行く。

山頂でこの上ない空気、光、空を目から口から肌から吸収し、

全身にまっさらな山の明媚を蓄えて山を下りる。

そして心身に備蓄した明媚が底をつく頃再び山を目指すのだ。

何度でも何度でも。


空と光で満ち溢れている山頂にいつしか焦がれるようになった。

祠を構えた灯台のような山頂は私の第二の故郷となったのだ。

行かなくては。

還らなくては。

故郷に還ろう。

故郷に焦がれる鮭のように。










スポンサーサイト

匠、改名☆

【ルート】駒形周回

【山頂温度】8度

【天気】晴れ

【展望】まあまあ

【風】なし

【車道の状況】問題なし

【雪の状況】なし


今日は風もなく暖かい歩きやすい1日でしたが、

気温が高めのせいか、展望はいまいちでした。


光が燦々と降ってくる中、のどかな山歩きを満喫してきました。



今日初めて気づいたのですが、

駒形登山口に工事現場の方が設置したと思われる花壇がありました。


造花ですが、なんだか微笑ましいですニコニコ


さらに登山口入り口にはこんな意見箱も。

さらにこんな予定表まで。

(トラックが横付けしていたため、斜めからしか写真が撮れませんでした)


最近トラックの往来が多いため、

登山口入り口に警備員が常駐してくれています。

いろいろと気を遣って下さり、ありがたく感じますニコニコ



さて、今日は東西の匠と山歩きを楽しんできました。

東の匠の登山道整備に目ざとく気づいた西の匠。

登山道序盤の段差が大きな箇所を整備したそうです。


おお、かっこいいおニューの靴合格

賀瑠門戸、いやガルモントの靴だそうです。

真っ赤な靴で登山道をひょいひょい歩いていましたよニコニコ


そんなわけで匠、改名しますニコニコ

西の匠→紅の匠

東の匠→青き匠

紅の匠は靴が紅いから、青き匠は青い服を好んで着ているからですニコニコ

鳴神匠衆、今後もますますパワーアップしますよ音譜

凍ってます☆

※雪はほとんどありませんので、アイゼン不要です。

川内側の車道も運転には問題なしです※


【ルート】駒形~赤柴周回

【天気】晴れ

【風】ほぼなし

【山頂温度】11度

【展望】良好


25日にブログを書いていますが、

25日は最高温度14度、3月の陽気という予報が出ていました。

鳴神山の山頂温度は14度でしたが、実際にはそこまで暖かく感じませんでした。

桐生の最高温度は10.5度でしたので、だいぶ予報が外れたなぁという印象です。

空も曇りがちで展望もいまいちでしたし、25日は山歩きにはちょっと残念なお天気でした。




さて、24日ですが、体感的には25日よりも暖かく冬の山日和でした。

展望もなかなか、富士山も見えました。

今日は久しぶりに赤柴周回です。


21日に少し雪が降ったようです。

登山道はほとんど雪の影響はありませんが、

仁田山岳を過ぎた辺りに雪の名残が見えました。

第二展望台より赤城山。

落ち葉に埋まりそうな赤柴登山道を歩いて赤柴林道へ。

赤柴林道は至るところで凍っていました。


林道はパリッパリです。

この時期の林道の運転は危険です。

歩行者にとっても危険ですので、赤柴林道を歩く際にはお気をつけて。

沢にはこんな氷の芸術がいっぱいです。

根性ないので沢には入らず上から撮りましたニコニコ

今回一番面白かった発見はこちら。

廃管から流れている水が凍っていました。

これを見つけたときはぎょっとしました。


下に降りて見るとこんな感じです。

しょうもない発見ですが、今回はこれが一番面白かったですニコニコ

冬の深さを知る/深謝☆

【ルート】駒形往復 

【天気】晴れ

【山頂温度】8度

【風】ほぼなし

【展望】360度絶景!


昨日は風花舞う寒い一日だったと聞きますが、

今日は穏やかな山日和となりました。

昨日がマイナス2度ということですから、今日がいかに暖かいのか分かります^^

今日は東西南北絶景でした。

展望写真は飽きてしまったので^^ゞ、お気に入りの浅間山だけパチリ。


いつもと違ったアングルの山頂風景。広いと感じるのか、狭いと感じるのか^^






さて、暖かいといっても8度、真冬真っ只中の鳴神山ですが、

こんな風景を見ては冬の深さに感じ入っています。


登山口付近の氷柱。

第二石門手前の氷の池。ますますパワーアップ!


生命の息吹を感じることがなかなかできない冬の間は、

氷、雪といった水が綾なす芸術の美しさに敏感になるかもしれませんニコニコ



最後に、ヤマレコの記事をご紹介します。こちら

nekokusaさんの鳴神山の山行記ですが、

随所随所で山の匠衆の業績を褒めて下さっています。

直にお声かけ頂くのも嬉しいですが、こうして記録に残るのもとても嬉しく感じます。

このようなお声を励みに今後も多くの人にとってより安全で歩きやすい「やさしい道作り」に精進したいと思います。

nekokusaさん、記事に取り上げて頂きありがとうございましたニコニコ






梅田側の運転にはご注意を!

【ルート】大滝往復

【山頂温度】6度

【風】ほぼなし

【天気】晴れ

【展望】最高!


寒波を恐れつつも鳴神山へ。。。あれ、寒くない。

風もないしむしろ暖かいぞ!の驚きの1日でした。

今日も大展望を拝見することが出来ました。

(毎回同じ写真になるので写真は割愛します^^ゞ)


今日は久しぶりに大滝から登りました。

大滝の方が駒形より風がなく暖かいですね。

驚きました。

道は相変わらずのガレ道ですが、これはこれで面白かったです。


梅田側の登山口までの道は車1台しか通れない個所もいくつかあり、

かなり怖いです。

それでも今まで怖い目に会うことなく過ごしてきましたが、

今回は(大袈裟に言うと、)トラックに当て逃げされてしまいました。

狭い車道で対向するトラックの通行を待つために端によけていたのですが、

トラックはガリガリとぶつかって行ったのです。

あまりのパニックに呆然としている私を放置してそのまま走り去るトラック。

ちょっと信じられません。

自分の判断もいろいろとミスが多かったのですがね。。。

(なぜすぐ追いかけなかったのか等)

当分梅田には行きたくありません。



皆様も梅田へ行く際には充分気をつけてください。



風神襲来!

【ルート】駒形~赤柴

【山頂温度】マイナス2度

【天気】晴れ

【風】激風

【展望】南はよく見える


寒波襲来の中、鳴神山へ行って来ました。

恐ろしい程の風と寒さでした。

最近の冬歩きは天気に恵まれて手痛い思いをしていなかったので、

今回は寒さでばてばてになりました。


第2石門を過ぎると風神の洗礼。

ここからは登れども登れども体が温まりません。

雪の凍結はだいぶ減りました。

登りはアイゼン要りませんが、下りは装着した方がいいと思います。

山頂も風神のお出ましで居られず、

富士山と浅間山を確認して一段下へ退散しました。

そんなに寒い思いをしたのに今日はプチ冒険へ。

東の匠、おおさんと風速10mはありそうな中を歩いて行きます。

途中で顔が凍るかと思いました。


赤柴林道に出るといくらか体も温まり、風もおさまり穏やかな気分に。

超寒い山の中ではカメラを取り出すもの億劫で何も撮りませんでしたが、

赤柴で何枚かパシャリ。


赤柴林道の沢の氷。この写真撮影目的で訪れる人もいます。


のどかな赤柴林道。

鳴神山は関東平野の里山といえども、標高約1000mあります。

吾妻山から鳴神山へ歩いてみると、

1ヶ月ほど季節が違うように感じられるほど、

鳴神山の寒さは別格です。

この連休は寒波襲来しますので、

鳴神山にお出かけの際には万全の態勢でパー

真冬の絶好山日和でしたo(^▽^)o


【ルート】駒形往復

【山頂温度】8度

【天気】快晴

【風】なし

【展望】絶景!


本日の桐生最高気温7.2度、最低気温―5.5度、

これから寒くなるという予報が出ています。

寒いのかぁやだなぁと山歩きを回避された方、今日は後悔したことでしょう。

絶好の山日和となりました。

日が射していて、風さえなければ、冬の低山歩きには最高のコンディションです。


さて、鳴神山の雪ですがだいぶ溶けました。

駒形登山道以外はアイゼン不要だと思います。

駒形登山道の肩の広場近くはまだまだ雪がまばらに残っています。

脚に自信のある方以外はアイゼンを持っていた方が安心です。

第2石門前の氷もだいぶ大きくなっていましたよ。


肩の広場から山頂への急登を登って行くと、

可哀そうなことにリスさんが亡くなっていましたしょぼん

丁重に埋めてきました。


さて、山頂です。

冬の山頂は寒くて5分といられませんが、

今日は風もなく日向ぼっこが出来るほどの陽気でした。

鳴神山の第三の狛犬、食いしん坊らぶちゃんも登場音譜


では本日の絶景。

南から西へ。


富士山。

八ヶ岳。


浅間山。

浅間山、四阿山。


西から北へ。

谷川連峰。

上州武尊。

袈裟丸山、皇海山。

日光連山。日光白根は撮り忘れましたあせる

いやあ、素晴らしかったです。

低温、晴れ、風が弱いという予報の際に、是非訪れてみて下さいニコニコ



下山中の駒形登山道。

冬はこの雰囲気がお気に入りですニコニコ

2014年山始め☆初日の出登山

【ルート】駒形~赤柴周回

【山頂温度】2度

【天気】晴れ

【風】時折強い

【展望】まあまあ


5時頃      駒形登山口

6時10分    山頂着

6時50分頃   初日の出


雪がある鳴神山では山頂まで1時間40分程かかってしまうので5時前に登山口へ到着。

登山口近くの駐車スペースは既に満車。

下に停めて早々に歩き出す。

見上げれば満天の星空。のんびり鑑賞している暇はない。

先方を歩いている数人を、あせっている私は速足で追いこして行く。

思ったよりも暖かい。

重ね着したズボンが重い。上半身はもう一枚少なくても良い位だった。

そんなことを考えながらどんどん歩いて行く。

第2石門を過ぎるとかちんこちんの凍結した雪が見えてくる。

早速アイゼンを装着し歩き始める。

途中で道が分からなくなり、後続を待ち後をついて行くことに。

肩の広場到着。

狛犬の向こうに赤い光が見えてくる。

人かなと思ったが、朝焼けだった。

黙々と歩き山頂へ。

朝日が焼いている空を除けばまだ真っ暗だった。

6時10分。私としては早すぎる。

驚きながら防寒具を着込む。

先程までの暑さが嘘のようにひいていく。

重いと思われたズボンも丁度よくなる。

去年ほど寒くはないが、30分程じっとしていれば否応なく冷えてくる。


桐生市街。

筑波山方面。

知り合いの顔がどんどん集まってきた。

時間が経つにつれて人も増えてきた。約35人超。

肝心の筑波山はなかなか見えないが、ドロップのような朝日が姿を現した。

朝日の形がくっきりと分かる。

シャッター音と笑顔と歓声。そして「万歳三唱」


素晴らしい日の出を堪能した後は仲間とお茶を飲んで赤柴周り。

今年も良い年になりそうだ。

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム