春を越える_____鳴神山の春2014年(後篇)

春を降りる(後篇)

 アカヤシオが終焉を迎える頃、山頂に新緑前線が達した。わずかに残っている薄桃色のアカヤシオはどんどん緑に凌駕されていく。新緑前線が到来する前に、春一番にアカヤシオが咲くのは理にかなっている。緑があったらアカヤシオはその美しさを存分に発揮出来ないだろう。アカヤシオの後を継いで咲き始めたミツバツツジの濃いピンク色は新緑によく映えていた。ミツバツツジは新緑の時期に相応しい。

 ミツバツツジが咲き始めた頃、ミツバツツジと同じく濃いピンク色のカッコソウが咲き始めた。こちらも大雪に負けずに沢山咲いた。ロープ越しに眺めるカッコソウは他の山野草と違って距離感があり、なんとなく花壇にある花を眺めているという印象が強い。しかしカッコソウが登山道に普通に咲いているところを想像してみれば、この山野草がいかに傑出した花かが容易に理解できる。カッコソウはその形といい、その色といい、山野草の範疇を超えた美しさを誇る。その稀有な美しさが自らを滅ぼす一因となってしまったのは美しいものたちの哀しい宿命だろうか。

 それにしても新緑の時期に咲く花達は緑に映える。カッコソウしかり、ヤマブキソウしかり。ヤマブキソウの大きな黄色の花弁を看過する人は誰もいないだろう。ニリンソウの後を継ぐ形でヤマブキソウが咲きだしたが、ニリンソウの終焉に寂しさを感じる暇はなかった。生命の終焉以上に新たな生命が出現しているのだから。樹木ではヤマブキの代わりに白いヒメウツギが咲き始めていた。白い花だが黄色のヤマブキに優るとも劣らない華やかさがあった。

 植林で大方暗いコツナギ登山道の中で日当たりのいい場所がある。照明を落とした劇場に突如スポットライトが照らされたように眩いのだが、それは日当たりだけが理由ではなかった。横溢するヒメウツギでひときわ白く輝いているのだ。その眩さに目を伏せれば、足元に涼しげな青い花が花壇を形成していることに気づくだろう。ヒイラギソウだ。ヤマブキソウとヒイラギソウの共演するこの時期のコツナギ登山道は鳴神山の中でも最も華やかといっていいだろう。ヒイラギソウは春のトリを飾る花だ。つまりヒイラギソウの登場は春の終焉を意味しているのだ。ヒイラギソウが終わる頃登山道沿いの花はぱたりと消えた。春が終わったのだ。

 春が過ぎた山は深緑の影で暗くがらんとしていた。花の終焉とともに人の姿もすっかり減った。ヤブデマリ、コゴメウツギといった樹木の白い花が春の幕引きを知らせるかのように咲いている。生命の去来は毎日のようにあるのだろうが、春の終わりには去っていくものの数が圧倒的に多くなるのだろう。

 春が感動的なのは1年のうちで最も多くの始まりを内包しているからだ。始まりは終わりを孕む。その分喜びも哀しみも大きく、感情の振幅が激しくなる。1ヶ月かけて春を登り、1ヶ月かけて春を降りてきた感じがしたが、春という1年中で最も大きな感情の起伏の山を越えてきたというのが正しいようだ。

 寂しさと空虚さでいたたまれなかったが、私のちっぽけな郷愁などとは無関係に山は動いていた。コアジサイが開花し、カラマツソウやウバユリ、イワタバコやイワギボシの葉が目立ち始めていた。山は着々と夏支度を始めていた。終わりは始まりを孕むのだ。可憐なコアジサイの姿に私はすっかり夢中になった。私は一喜一憂しながら夏の山も越えていくのだろう。おそらく1年を通して大小無数の感情の山を越えていくのだろう。



(2014年6月記)
スポンサーサイト

春を越える_____鳴神山の春2014年(前篇)


春を登る(前篇)

冬の鳴神山は空が近い。葉が落ちきった山中では空色の光を供にして歩くことが出来た。近年稀にみる膨大な積雪はまるで雲海を歩いている気がした。しかし春夏秋に比べれば冬はやはり侘しい。それでも冬の鳴神山を歩いてきた。華やかな春の訪れに立ち会いたい、冬から春への移り変わりを体感したい。そう思って歩いてきた。

3月も終わろうとするのに雪はなかなか消えなかった。春の兆しが見つからない。雪が深すぎて、花芽は打撃を受けてしまったのだろうか。日差しは徐々に眩しく明るくなってはきている。消えない残雪と深い落ち葉にだんだん不安が募ってくる。
 
落ち葉の中に一つ二つ、緑色の葉を見つけた。カタクリの葉だ。地面にへばりついた葉と葉の間から花茎がすっと伸びてきて、薄紫色の花芽が垂れてきた。春の日差しを浴びたカタクリの花芽は金色に輝き、2枚の葉は鳥の羽根のように見えた。今まさに春に向かって羽ばたこうとしているのだ。鳴神山に春が来た。私は俄然として嬉しくなった。
 
カタクリの出現と同じ時期に、小さな小さな花達が覚醒し始めた。沢沿いの岩を白玉のような輝きで埋め尽くすハナネコノメ、まだまだ冬模様の登山道沿いに4枚の白い花弁を開くユリワサビ。こんな小さな花達があの大雪に負けずに咲いてくれたのだ。まもなくしてカタクリが開花した。落ち葉をかいくぐって薄紫色の花弁を思い切り反らしている。色が戻ってきた。妖艶な薄紫色の花を見てそう思わずにはいられない。そしてニリンソウがあちらこちらに咲き始めた。どんなに小さくても、山の生命は自分の時間を忘れないようだ。

ヤマブキが登山道を鮮やかに照らし始めた頃、山頂のアカヤシオの蕾が赤く熟れてきた。小さな花たちが目覚めてはいたが、山の全体的な印象はまだ冬と変わらない枯れ山だった。岩色の山頂にアカヤシオが開花した。空と岩の間に目も覚めるような春の色の出現だった。ピンク色の羽衣のような花弁は地面に直立するように枝先についていた。春の訪れを知らせに来た妖精が枝に生け捕りされ、空を舞うことを強要されたかのように。

山頂のアカヤシオの開花と同じ頃、麓から新緑の風が吹き上げ、新緑の眩い光が山を包み始めた。空色の胸に新緑が首飾りを垂らす。翠玉の首飾りは何重にも巻かれ空は緑で埋め尽くされていく。身近だった空が新緑によってどんどん遠ざかる。新緑によるアーケードはめまいを覚えるほどの眩さだった。ぐんぐん登る新緑前線は風恋岩(第2石門)に達した。風恋岩から展開する広葉樹の森は翠玉の首飾りでキラキラと輝いている。足元にはワチガイソウやミツバツチグリといった花が続々と生まれている。上から下から私は春に包まれた。この上ない幸福だった。

アカヤシオはピークを迎えた。アカヤシオに彩られた桐生岳は春の淡い青空に映えた。桐生岳から眺める仁田山岳はピンク色に染まり、仁田山岳山頂ではアカヤシオの屋根の下で過ごすことが出来た。仁田山岳から椚田峠への道はアカヤシオのアーケードとなっていた。まさに桃源郷だった。



(2014年6月記)


初夏へ。

花も人もめっきり減り、
春祭り終焉という様相の鳴神山を今日も歩いてきました。
山頂27度とかなり暑く、山頂では長居することができない陽気でした。
もう春の名残ではなく、初夏なんでしょうね。

今日は調子が悪くて歩くのがせいいっぱいでした。
何枚か撮った写真をアップします。

5月も末ですが、神社下のカッコソウはいくつか咲いていました。
140528カッコソウ
花はかなり傷んでいますが、けなげに咲いています。

左/山頂のアブラツツジが綺麗に咲いていました。
右/登山道ではフタリシズカが目立っていました。
140528アブラツツジ140528フタリシズカ1

クサタチバナのお花畑。見頃はあと3日でしょうか。
山で会ったらご案内いたします(^^)
140528クサタチバナ1
140528クサタチバナ2

登山口のユキノシタ。
赤柴林道のユキノシタの花壇も近々確認しなくては。
140528ユキノシタ

今日見たお花達のズームアップ。
凡腕による、名機での撮影です。
4月に自分史上最高の名機を購入してからというものの、
自身の学習意識の低さには毎日驚かされるばかりです。
いまだに僅かの機能しか把握していませんし、
しぼりとかISOとか言われてもよく分かりません。
拙ブログに上手な写真など求めてはいけません^^ゞ
そんな私ですが、ちょっとだけ画像の編集機能を覚えたので、活用してみました。
私は花の真正面の顔が大好きなのです。
フタリシズカの可愛さに萌えました
140528フタリシズカアップ140528クサタチバナアップ140528アブラツツジアップ


梅田周遊記―春の終わり―

駒形登山道はめっきり花が減っていた。
ヤマブキソウもほとんど姿を消し、元気なのはクワガタソウとユキザサのみ。
湯水のように湧き出ていた生命達の誕生がふっつりと途絶えたのだ。
いつかは終わるものと分かっていたのに実際に姿を消してゆく春を目の当たりにするのは辛い。

肩の広場から大滝口へと降りてゆく。
まだまだ元気なカッコソウがいくつか咲いている。
コツナギ側のカッコソウはどうなっているのだろう。
140524カッコソウ1

大滝口の登山道が歩きやすくなっていた。
誰かが整備してくれたのだろうか。
さらに、怖い丸太橋が頑丈な橋に変わっていた。
本当にありがたい。
140524大滝と橋
140524橋

大滝登山道を登ってくる人達に時折カッコソウのことを訊かれる。
コツナギ側のカッコソウ移植地を知らない人が多くて驚いた。
可能ならばコツナギ側も回ってくださいと伝える。

花が少ないという印象の大滝登山道だが、ユキザサの群生に遭遇した。
駒形より葉がぷっくりしている印象。
盛りを過ぎてはいたが、サラシナショウマのようだった。
140524ユキザサ群生
140524ユキザサ1140524ユキザサ2

登山口付近には活きのいいキランソウが沢山あった。
140524キランソウ

大滝登山口にて。
ユキノシタが開花していた。
駒形登山口にも開花していたのを見つけていたので、少し驚く。
140524ユキノシタ大滝140524ユキノシタアップ

車道を歩いてコツナギ橋口へ向かう。
沢沿いにラショウモンカズラ、車道脇にはなんとニリンソウまで咲いていた。
こちらの車道沿いにもユキノシタの葉っぱがいっぱいあった。

コツナギ橋登山口到着。1台も車がない。
Fさんの車がなくてちょっとがっかり。
登山口のシャガの群生に目を奪われる。
140524シャガ

花を楽しむには少し時期が遅いかなと思っていたが、
コツナギ橋登山道には予想以上に多くの花が咲いていた。

驚いたことにヤマブキソウが健在だった。
心優しき人の願いが届き、元気に咲いているヤマブキソウの姿も。
140524ヤマブキソウ140524ヤマブキソウ保護

そのうえ、ラショウモンカズラもちらほら。
ラショウモンカズラは3日前がピークのようだった。
140524ラショウモンカズラ

こちらにも可愛い可愛いクワガタソウが沢山!
俄然嬉しくなる。
140524クワガタソウ1
140524クワガタソウ2

そして本日のお目当ての一つであるハナイカダ。
花を初めて見ることが出来た。眼福至福。
140524ハナイカダ1
140524ハナイカダアップ

お目当てその2、青い貴公子ヒイラギソウ。
満開だった。真っ盛りといっていい。
コツナギのヒイラギソウの最盛期に出会えた。これまた眼福至福なり。
140524ヒイラギソウ1
140524ヒイラギソウ2

ルイヨウボタンはほとんど花を落としていた。
さて、久しぶりのコツナギ側のカッコソウは…
ピークの頃に比べれば、かなり数も減り、元気さも失っていた。
それでも息が長いと思う。約1ヶ月間も咲いてくれるのだから。
140524カッコソウ群生

ラショウモンカズラ、ヤマブキソウ、ヒイラギソウと大ぶりの花がコツナギ橋登山道を華やかに飾る時期に
今回は歩くことが出来た。
駒形登山道では見られないラショウモンカズラ、ヒイラギソウ、ルイヨウボタン、フタバアオイといった花が
コツナギ橋登山道にはある。
多様性に富んだ山だなぁと鳴神山の魅力を再認識した。

今年は鳴神山で沢山の春の花に出会えた。
なかには昨年開花に間に合えなかった花、初めて出会えた花もあった。
きっと1年後には「去年会った花」を探しに私は山を練り歩いているのだろう。
来年も、再来年も、ずっとずっと美しい花が咲くことを切に願う。
ずっとずっと美しき鳴神山でありますように。






気付いたら周回してました(^0^)

140524た2
140524た

久しぶりに金沢峠まで歩くつもりだった。
肩の広場に着いていったん食事休憩。
梅田を歩いてこようかな。
そんな考えがふと頭をよぎる。
食料なら1000kcalほどある。
私は立ち上がり、大滝口へと降りていった。

駒形~肩の広場~大滝~コツナギ~椚田峠~赤柴と歩いてきました。
山頂には寄っていませんので、そんなに大変ではありませんでした。
梅田側メインの記事を近々アップする予定です。

春の幕引き☆

新しい生命との出会いの喜びで沸き返った日々が続いていたが、
あるときからふつりと生命達が激減した。

生命の去来は連日あったはずなのだが、
いつの間にか去っていくものの方が目立つようになったのだろう。

もう少し経てば初夏の、そして夏の生命達に出会えることは頭では分かっている。
しかし祭りの後のようなこの寂しさに身体はなかなか慣れて行かない。

白い花が林道に清楚さを添えていた。
春の幕引きを知らせるかのように。
140522ヤブデマリ140522ヒメウツギ140522ミツバウツギ140522コンロンソウ



春拾い☆

6日ぶりの鳴神山となりました。
山頂温度は26度、曇りがちの晴れ。
眺望が良い日が続いていましたが、今日はいまいちでした。

鳴神山を春が駆け抜けようとしています。
140520光落窪
140520新緑
肩の広場直下のヤマツツジと仁田山岳周辺のヤマツツジが見頃です。
140520肩ヤマツツジ
140520仁田山ツツジ

深緑の美しい季節ですが、足元の小さなお花達の多くが姿を消しています。
ニリンソウは消え、ヤマブキソウも格段に数を減らしています。
夏支度が始まっている鳴神山ですが、
本日は鳴神山を彩ってきた小さな春たちを出来るだけ掲載していきます。

山頂直下のフイリフモトスミレの群落は見応えがあります。
140520フモトスミレ

コゴメウツギ(左)登山口に登場、
まだまだ頑張るヒメウツギ(右)
140520コゴメウツギ140520ヒメウツギ

駒形で初めて気づいたコンロンソウ(左)と、
見過ごしやすいホウチャクソウ(右)
140520コンロンソウ140520ホウチャクソウ

息が長いトウゴクサバノオの花(左)と、
実をつけたトウゴクサバノオ(右)
140520トウゴクサバノオ140520トウゴクサバノオ実

黄色が鮮やかな5月のエースのヤマブキソウ(左)
まだまだ頑張るミツバツチグリ(右)
140520ヤマブキソウ140520ミツバツチグリ

うつむき美人のチゴユリ(左)
今が盛りのクワガタソウ(右)
140520チゴユリ140520クワガタソウ

見頃が続くユキザサ(左)
健気に咲き続けるホソバノアマナ(右)
140520ユキザサ140520ホソバノアマナ

モミジイチゴの後を継いだニガイチゴ(左)
山頂の日差しに耐え続けるツクバネウツギ(右)
140520ニガイチゴ140520ツクバネウツギ

沢山の人を魅了してきたヒメイワカガミ(左)とカッコソウ(右)
140520ヒメイワカガミ140520カッコソウ2

こんな淡い色のカッコソウもありました。
140520カッコソウ淡

出来るなら、「いつもありがとう、また会おうね」と伝えたいものです












コツナギのルイヨウボタンが見頃です☆

ずっと気になっているコツナギのヒイラギソウ畑を今日は確認してきました。
赤柴から椚田峠、カッコソウ移植地、そしてヒイラギソウ畑、
登り返して山頂、駒形へと今日はちょっと頑張りすぎました^^ゞ

では時系列に記述していきます。
赤柴林道ではコンロンソウが良く目立つようになりました。
白いお花畑、なかなか綺麗です。
140514コンロンソウ
これはおそらくヤブデマリの蕾です。
開花が楽しみです。
140514ヤブデマリ
ラショウモンカズラが赤柴登山道でも見られるようになりました。
まだ咲き始めですから、これからが楽しみです。
140514ラショウモンカズラ

椚田峠を経て、カッコソウ移植地へ。
ピークは過ぎたかもしれませんが、まだまだ健在です。
140514カッコソウ
140514カッコソウ2

「ヒイラギソウが満開だよ」と聞いて、コツナギ橋登山道を下っていきます。
ルイヨウボタンが満開でした。
地味なお花ですが、黄緑色のお花が輝いて見えました。
140514ルイヨウボタン2
140514ルイヨウボタン1

フタバアオイも満開です。
140514フタバアオイ
ヒイラギソウ畑に到着。
ん?満開…?2分から3分咲きといったところでしょうか。
とりあえず確認出来たので良しとしましょう^^
140514ヒイラギソウ
コツナギ橋口から山頂へのコースは、
ヒイラギソウ、ルイヨウボタン、カッコソウ、ヒメイワカガミが見られるという、
現在全登山道の中でも最も贅沢なコースとなっています

登り返して、山頂へ向かいます。
途中でリンドウに遭遇。
何リンドウか分かりませんが、リンドウに会えると私は嬉しくなります。
綺麗な空色をしていました。
140514リンドウ

椚田峠から山頂への尾根道が明るい緑に覆われていました。
ほんの2週間前、アカヤシオ全盛の頃は枯れ山の様相だったのにと感慨深くなります。
ヤマツツジとミツバツツジがアクセントになっていますが、
圧倒的な緑に負けていますねぇ。
140514椚田1
140514椚田2

仁田山岳周辺がヤマツツジロードになっていました。
見慣れたヤマツツジですが、足が止まってしまうほどの美しさです。
140514仁田山

桐生岳は混雑していたので寄らずに駒形登山道へ下山。
山頂直下のフイリフモトスミレの花壇。
140514フモトスミレ1

肩の広場直下のヤマツツジが咲き始めました。
こちらのヤマツツジは緑に負けていないほど存在感があります。
140514駒形ツツジ1
140514駒形ツツジ2

ユキザサがかなり開いていました。
嬉しか~。
140514ユキザサ1
140514ユキザサ3


ホソバノアマナにごあいさつ。好きなお花は何度でも撮ってしまいます^^ゞ
140514ホソバノアマナ1140514ホソバノアマナ2

クワガタソウが登山道でも目立ち始めました。
こちらも大好き。
140514クワガタソウ

今日も大満足の一日でした

雪の女王、目覚める☆







       「また会えたね」と言える喜びを今年もかみしめました



       140514K










ヒメイワカガミ詣でとその他のお花たち☆

現在、鳴神山は春爛漫です。
低山が最も輝く4月5月、
去年は怪我と諸事情によりほとんど訪れることが出来なかった私にとって、
今年の春がどれだけ待ち遠しかったことか。

春がこんなにウキウキするのは、生命たちの怒涛のラッシュアワーのせいでしょう。
去る春もあれば来る春もあり、
一つの春が去ってしまう哀しみに浸っている暇などないほど、
新しい春が次から次へと訪れてきます。

今日は鳴神山の皐月御三家の一つであるヒメイワカガミを中心に
可愛らしいお花たちに会って参りました。

登山口から登山道序盤までヒメウツギが見頃を迎えています。
140512ヒメウツギ2
140512ヒメウツギ1
140512ヒメウツギ3

登山道序盤にはミツバウツギが咲き始め、
140512ミツバウツギ

クワガタソウが楽しそうにはしゃいでいます。
クワガタソウとの再会、ずっと待っていました。
140512クワガタソウ1140512クワガタソウ2

フタリシズカもちらほらと見え始め、
140512フタリシズカ
ヤマブキソウは中腹辺りで咲き乱れています。
140512ヤマブキソウ1

先日見かけたホソバノアマナもまだまだ健在でした。
緑白っていうんですかね、幻想的で陽炎みたいです。
綺麗だなぁ。こういった星形のお花、私は大好きです。
140512ホソバノアマナ140512ホソバノアマナ2

風恋岩(第2石門)の碧色のシャワー。
ここから広葉樹の森へ。
140512風恋岩

やっとユキザサが開花し始めました。
去年は開花に間に合わなかったユキザサですが、
今年は開花を確認出来て感慨ひとしおです。
140512ユキザサ
140512ユキザサ2

そして満開のヒメイワカガミ。
足の踏み場がない!!と思わず嬉しい悲鳴
140512ヒメイワカガミ1
140512ヒメイワカガミ2

今日も沢山の幸福を鳴神山に分けてもらえました









プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム