鳴神山の防人☆

昨日に引き続き、夏にしては過ごしやすい日でした。
体調いまいちの私は第2石門(イワタバコの岩)までと決めて歩いてきました。

イワタバコ。例年より早いです。
今年は右の岩だけでなく、左の岩でもよく見かけます。
140729イワタバコ

タマガワホトトギス(左)、ソバナ(右)が開花していました。
140729タマガワホトトギス140729ソバナ
ジャコウソウ(左)、カリガネソウ(右)もちらほらと。
140729ジャコウソウ140729カリガネソウ
遅咲きのクワガタソウ(左)とウバユリ(右)
ウバユリは盛りを過ぎたようで、いくつかの花は散っていました。
140729クワガタソウ140729ウバユリ

第2石門近くの倒木を片付けているおおさんと遭遇。
大方片付けは終わっていましたが、青き匠も合流。私はぼーっとしていました^^;

こんなふうに登山道を塞いでいた倒木でしたが…
140720倒木

元の登山道が通れるようになりました♪
140729倒木1
大仕事の後の一休み。
140729倒木2


こういう方々のおかげで、人間にとっての「ヤマ」が維持されていくのでしょうね。
自然に関する議論はあれやこれやと錯綜していますが、
実行者の前ではただ口を閉ざすのみ、でしょう。
いやはや、お疲れ様でございました(^^)
スポンサーサイト

夏開花☆

最近思うように鳴神山に行けないので、
体調いまいちでしたが頑張って出掛けてきました。
疲れたので途中で帰りましたが^^;

今年は駐車スペース付近でノカンゾウを良く見かけます。
オレンジが綺麗です。
140725カンゾウ

左/タマアジサイがいくつか開花していました。
右/登山口付近で。ハギの仲間ですが同定できていません。
140725タマアジサイ140725ハギ


登山口にはトラックと黒の乗用車が一台。
暑くなると鳴神山を訪れる人は極端に減ります。

さて、今日も猛暑日という予報の中、のろのろと歩いていきます。
ありがたいことに山中はそれほど暑くありませんでした。
第1石門付近。
光のシャワーが綺麗です。
140725第一

第2石門への途中で、対岸に開花したタマガワホトトギスを発見。
140725タマガワ1
ズームアップ。
分かりにくいですね^^;
140725タマガワアップ

今日は開花間近のソバナの蕾、
開花したジャコウソウとも会えました^^
140725ソバナ140725ジャコウソウ

そしてカリガネソウも開花していました!
こんなに早かったかなぁ。。。
140725カリガネソウ

杉林が終わる頃、濃厚な芳香が漂ってきました。
140725ヤマユリ1
ヤマユリ開花です。
他に6つの蕾がありました。楽しみです^^
140725ヤマユリ2

第2石門ではイワタバコが開花していました。
レンゲショウマの花芽も順調に育っています。
140725イワタバコ140725レンゲショウマ
タマガワホトトギスはもうすぐ開花。
140725タマガワ2

そしてウバユリです。
沢山のウバユリが開花していました。
140725ウバユリ1140725ウバユリ2
見事だったのが第2石門より上にある株です。
それぞれ4輪咲いています。予想より立派でした^^
140725ウバユリ3140725ウバユリ3-2

一番のお目当てのウバユリを見終えて、私はちょっと腰を下ろしました。
第2石門より上はとても涼しくて、これ以上歩く気になれませんでした。
登山道沿いにレジャーシートを敷き、しばし休憩です。140725第二
140725木漏れ日
140725第2の2
木漏れ日が美しく、夏の緑が美しく、虫さえいなければ本当に快適です。
石のように休んでいると、大声が聞こえてきました。
とても元気な紳士が歩いてきます。
向こうも私の存在にさぞかし驚いたことでしょう。
私もその紳士のスーパークールビズのいでだちにものすごく驚きましたが。

さて下山です。
駐車スペースに誰かがいます。
なんと紅の匠でした。
いつもと違う車だったので、全然気づきませんでした。
幹事もいたそうです。
匠の冒険談を聞いた後、帰ってきました。

今日もなんだかんだで盛りだくさんな一日でした(^^)


本日は紫組をアップ。
140725カリガネソウアップ
140725イワタバコアップ







夏への序章≪後篇≫

久しぶりに訪れた鳴神山では驚くほど夏が進んでいました。

左/登山口付近ではシデシャジンが開花していました。
右/山頂のコキンレイカも開花していました。
140720シデシャジン140720コキンレイカ

その他、
ミズヒキ、キンミズヒキ、
タニソバ、キヌタソウなどが開花していました。
140720ミズヒキ140720キンミズヒキ
140720タニソバ140720キヌタソウ

そして沢山の花芽に遭遇!!
タマアジサイ/ヤマユリ
140720タマアジサイ140720ヤマユリ
タマガワホトトギス/ソバナ
140720タマガワホトトギス140720ソバナ
カリガネソウ/イワタバコ
140720カリガネソウ140720イワタバコ
オオバギボシ/レンゲショウマ
140720オオバギボシ140720レンゲショウマ
そして女王の佇まい、ウバユリ!
140720ウバユリ1140720ウバユリ2
駒形登山道沿いに約10株ありました。
いやあ、これからが楽しみです(^0^)


最後に今回、前回のお気に入りのお花達のアップ^^

140720ミズヒキアップ140720ネジバナアップ
140720シデシャジンアップ140720コキンレイカアップ
140720キンミズヒキアップ140720キヌタソウアップ
140716ミズタマソウアップ140716カラマツソウアップ
ミズヒキ/ネジバナ
シデシャジン/コキンレイカ
キンミズヒキ/キヌタソウ
ミズタマソウ/カラマツソウ





夏への序章≪前篇≫

山頂23度
曇り、時折雨

予報よりもちょっと不安定な天気でした。
山で行きあったのは二人だけという静かな山歩きでした。

22日現在やっと関東も梅雨明けです。
本当に本当に雨の多い梅雨でした。
20日も前日かなり雨が降っていたので、登山道はさながら沢のようでした。

第1石門までの登山道は水浸しです。
140720水2
第1石門の滝は勢いよく流れています。
140720滝
普段は枯れ沢のところにも水が沢山。
140720水1

いつかの大雨の影響で、第2石門手前では大きな倒木が登山道を塞いでいました。
ピンクテープでう回路を示してありますので、
山歩きには支障がないとは思いますが、
自然の脅威は凄まじいです。
140720倒木

そして山頂へ。
展望はほぼ望めませんが、
新しいベンチが3台追加されていました
(左の切れている部分にはFさんがいます^^)
合計7台の新しいベンチが只今山頂にあります
140720ベンチ


肩の広場への急登が始まる登山道にこんなネットが。
140720柵3
近付いてみると…何かを保護しているようです。
140720柵1
中を覗いてみると…ピンボケですがレンゲショウマでした。
140720柵2
今年は久しぶりに、人間が歩く登山道沿いにレンゲショウマの花芽が見受けられます。
昔はもっと咲いていたという話です。
登山道沿いにレンゲショウマが咲き誇っていたらさぞかし美しいでしょうね^^

頑張って咲いてくれているヤマタツナミソウ、
140720ヤマタツナミソウ
登山口付近のオオバジャノヒゲ、
140716ジャノヒゲ

その他この日は多くの花や花芽に出会うことが出来ました。
お花の記事は後篇にて。

ベンチ3台追加(^0^)

山頂30度、曇りがちの晴れの中、
鳴神山に行ってきました。

土日は晴れという予報でしたが、昨日の日曜は曇り、午後から雨の予報へ。
雨が思いのほか早く降り出し、山中で雨に濡れた人も多かったのではないでしょうか。
そんな雨の中、山の匠衆がせっせせっせと大工仕事に勤しんだようです。

山頂に新しいベンチが3台ありました。合計4台です^^
まだまだ作るということですから…いやはや、お疲れ様でございます。
140714ベンチ2
140714ベンチ1

さて、花が少ない鳴神山を目を皿にして観察してきました。
登山口でネジバナ(左)を見かけました。去年は赤柴林道で1株遭ったのみでした。
山で良く見かける花かもしれませんが、鳴神山では稀です。嬉しいですね^^
ダイコンソウ(右)を登山道序盤までで見かけるようになりました。
黄色い花も目立ちます。
140714ネジバナ140714ダイコンソウ

中腹辺りで息の長いヤマタツナミソウ(左)があります。
ちょっと感動します。
たまに遅咲きのクワガタソウにも遭います。
山頂のコキンレイカの蕾が目立ち始めました。(右)
山頂のシモツケからの命のリレーですね^^
140714タツナミソウ140714ハクサンオミナエシ

今回一番嬉しかった出会いはタニタデミズタマソウでした。
地味なお花ですが、花が光って見えるのですよ。
140714タニタデ

今日ものんびり花歩きを楽しみました(^0^)

台風一過の鳴神山☆

天候不良及び自身の体調不良により、
本日久しぶりの鳴神山になりました。

超大型の台風上陸という前評判にしては拍子抜けでしたが、
台風の被害がなかったので良しとしましょう^^

台風一過の11日は久しぶりに良いお天気でした。
台風の影響も鳴神山にはほとんどなく一安心です。
雲は多かったですが、展望にも恵まれました。
山頂より日光方面
140711日光
第1展望台より赤城山
140711赤城山

さてお花達ですが、地味なお花達がひっそりと咲いています。
左/オオバジャノヒゲ    右/ハエドクソウ
140711ジャノヒゲ140711ハエドクソウ
左/トウバナの仲間
右/カラマツソウ
140711トウバナ140711カラマツソウ

トウバナの同定は難しいのでもう一回写真を撮って確認したいと思います。
→諦めました^^;→ミヤマトウバナかもしれません。
肩の広場下のカラマツソウが綺麗でした。

赤柴ではオカトラノオが見頃でした。
140711オカトラノオ
写真では分かりづらいですがオカトラノオの群生です。実際はもっと圧巻です。
140711オカトラノオ群生

他にでっぷりとしたホタルブクロ(左)、
林道ではミゾホオズキ(右)が目立っていました。
140711ホタルブクロ140711ミゾホオズキ

登山口付近にぽつんとヤブカンゾウ。
140711ヤブカンゾウ
オレンジの大きな花は目立ちます。
そろそろユリの季節到来です。楽しみですね(^0^)







プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム