カッコソウ情報と本日のお花達。

カッコソウ1
コツナギのカッコソウ移植地にて
昨日は3、4株ほどの開花だったそうですが、
今日は一気に100株ほど咲きました。
カッコソウ2
アカヤシオは残念ながら終盤ですが、ゴールデンウイークでかなりの数のカッコソウがご覧になれます。
ゴールデンウイーク中に是非お越しください^^


さて今日も新緑の鳴神山を歩いてきました。
第一石門
駒形

今日は花仙人Tさんに遭遇し、お花のレクチャーを頂きました^^
テンナンショウ。
テンナンショウ
珍しいそうです。
マムシグサ等はあまり好きでないので、ほとんど写真も撮っていないのですが、
あまりに熱く語られたので思わず写真を撮ってきました。

今日は嬉しいことにヤマブキソウとも遭遇。
ヤマブキソウ
ニリンソウがそろそろ終盤かなぁと思っていたところだったので、
ヤマブキソウの出現で嬉しくなりました。
春の命のリレーです。

その他本日会ったお花達。
左/ミツバツチグリ。駒形中腹より上でかなり咲いています。
右/ホソバノアマナ。感動の再会。
Tさんに教えてもらい、去年とは別の場所で出会いました。
ミツバツチグリホソバノアマナ
左/ホウチャクソウ。あちらこちらで見かけます。個人的にこの形状が好きです。
右/チゴユリ。開花まであと少しです。
ホウチャクソウチゴユリ
左/ヒメウツギ。登山口付近にて。そろそろ咲き出しそうです。
右/シロヤブケマン。今年も会えてうれしくなりました。
ヒメウツギシロヤブケマン

本日のキュートなお花畑。
ヒイラギソウ。満開です。
ヒイラギソウ
ワチガイソウ。
山に堕ちた流星群ですな。
ワチガイソウ


スポンサーサイト

カッコソウ、その他の開花状況。

鳴神山の両巨頭といえば、アカヤシオとカッコソウでしょう。
特にカッコソウは鳴神山固有の花ですので、鳴神山の代名詞ともいえます。
鳴神山におけるカッコソウは5月初め頃から開花し、5月いっぱい楽しめます。
ピークは例年5月中旬となりますが、年によって微妙に違います。
開花状況は拙ブログの記事を参考して頂けたらと思います。

では現在の状況です。
4月22日。蕾が膨らんでいるのが分かります。
カッコソウ
4月25日。蕾が紅くなってきました。
カッコソウ425
25日は開花した株も一つ目視できました。
おそらく3日後にはいくつかの株が開花すると思われます。
楽しみですね

次に鳴神山の春を代表するその他の花の状況です。
ヒメイワカガミ。
蕾をいくつか確認しました。
イワカガミ
ヒイラギソウ。
日当たりのいいところで開花を確認出来ました。
ヒイラギソウ



アカヤシオはピークを過ぎたようです。

週末で混雑が予想された本日、駒形登山口に7時20分頃到着。
その時点で10台前後の駐車でしたが、
10時半頃には40台を超えていました。
恐るべし、鳴神山人気

今年のアカヤシオは控えめなまま、ピークを迎えたようです。
ありがとうアカヤシオ、来年もよろしくね

アカヤシオ1
アカヤシオ2
アカヤシオ3

新緑の鳴神山を歩く。

新緑のシャワー。
新緑
ヤマブキ
桜

美しすぎて気が遠くなりながら、今日も花歩きを楽しんできました
山中で目立つのはニリンソウ、ヒゲネワチガイソウ、ミツバコンロンソウ、ヒトリシズカでしょうか。
ミツバツツジがアカヤシオを追いやるように開花しています。
ミツバツツジ
本日のお初。
ホウチャクソウの蕾がありました。登山口付近に沢山の株がありました。
ホウチャクソウ

左/ワチガイソウ
今年お初です。
単体で見るとヒゲネワチガイソウなのか分からなくなりますが、比較すると違いがよく分かります。
右/ヒゲネワチガイソウ。現在見頃を迎えています。
ワチガイソウヒゲネワチガイソウ
アップ。
こんなに違います^^
ワチガイソウアップヒゲネアップ

山頂直下でフイリフモトスミレに出会いました。
山頂直下は白い株が目立っていましたが(左)、赤柴ではピンク色の株が目立っていました。(右)
フイリフモトスミレフイリフモトスミレピンク
葉のコートを脱いだヒトリシズカ。沢山ありました。
ヒトリシズカ

夏のお花の葉っぱもかなり目立っています。
左/ウバユリ。おばけみたいなでっかい葉っぱです。
このうちいくつの株が開花に漕ぎつけるでしょうか。
右/レンゲショウマ。
深窓の令嬢。御簾が邪魔です
ウバユリレンゲショウマ

さて、今度は誰に会えるのかなぁ







春にしては絶景でした。

今日は快晴とはいえないものの、西と北方面の展望がかなり良好でした。
春にしては絶景といっても良いと思います。
赤城山。
赤城山
浅間山。
浅間山
上州武尊。
武尊

今日は赤柴から駒形への周回をしました。
久しぶりの赤柴です。
林道はヤマブキとモミジイチゴが満開で、特にモミジイチゴが圧巻でした。
満開のモミジイチゴは初体験でした。
モミジイチゴ

赤柴もかなり新緑が目立ってきています。
赤柴

赤柴を歩かれた方ならご存知でしょうが、現在スギの伐採工事が行われています。
歩行者には十分注意が払われているので危険なことはないのですが、
残念なのは沢に不用な木が破棄されていることです。
倒木
自然に関心がないのでしょうかね。
もうちょっと配慮があっても良いと思うのですが。

長い林道を歩き赤柴登山道へ。
開花したオオヤマカタバミ数株に遭遇、活きのいいカタクリにも数株遭遇出来ました。
写真は撮りませんでしたがフイリフモトスミレも目立っていました。

そして椚田峠から山頂へ、アカヤシオロードを目指します。
アカヤシオ1
やっぱり今年は少ないみたいですね。

山頂にて。
袈裟丸方面。
ここはいつも見栄えがいいです。
アカヤシオ2
足利方面。こちらもまあまあ。
アカヤシオ4
仁田山岳。ピンクが疎らです…^^;
今年はピンクに染まった仁田山に出会えるのでしょうか。
アカヤシオ3

本日出会ったお花達。
左/ユキザサの蕾。駒形中腹より上で沢山見かけます。
右/ハシリドコロ。
ユキザサハシリドコロ
左/イワボタン。
右/コガネネコノメソウ。結構好きなのに名前を失念していました^^;
本日再確認。
ニッコウネコノメソウコガネネコノメソウ
左/チドリノキ。林道の至るところにありますが、この形状が個人的には大好きです。
右/シロバナエンレイソウ。先日と別の場所にて。
エンレイソウには思い入れがあるので、会うと嬉しくなります。
チドリノキエンレイソウ
左/ヤマエンゴサク。
ヤマエンゴグサと言っていた人がいますが違います。(怒)
右/アケボノスミレ。
鮮やかなスミレだなぁと思っていましたが、めんどくさくて調べていませんでした。
こつなぎさんのブログを見て名前が判明しました。
ヤマエンゴサクアケボノスミレ
本日一番うれしかった出会いはヒイラギソウの蕾です。
鳴神山の春を代表する花の一つであるヒイラギソウ。
開花が楽しみです。
ヒイラギソウ
登山口付近のニリンソウのお花畑。
ハクサンイチゲにもチングルマにも勝るとも劣らない…ように私には見えます^0^
ニリンソウ


心優しき人達。

これは駒形中腹にある水場です。
青の匠、Hさん、Kさんが昨年作ったそうです。
私はまだ飲んだことがありませんが、美味しいという評判です。
水場


今日駒形登山道を下山しているときに登山道整備をしているkさんに出会いました。
段差のあるところを歩きやすいように整備していました。
青の匠や紅の匠が整備をしている姿は何度も見かけていますが、
(昨年からあまり鳴神山を歩いていない私にとって)他の人が整備している姿は新鮮でした。
私達が通り過ぎた後も黙々と作業を続けている様子に感動さえ覚えました。
こういう心の優しい人達のおかげで、安全に歩くことが出来るのですから。
本当にありがたいことです。

そして、こちらは私の個人的な話です。
いろいろあって私は半年以上まともに鳴神山を歩いていません。
3月末よりどうにか山歩きを再開することが出来、ブログも再開することが出来ました。
先日、Fさんに久しぶりに出会いました。
Fさんは私の復帰をとても喜んでくれて「お祝いしなくちゃなぁ」と言って下さいました。
私はこの言葉に心底感動してしまいました。
私の山歩き復帰を「お祝い」と言ってくれる人がいる。
Fさんの優しい言葉で、私の心は今もほっこりしています。

山では自分の予想以上の優しさに出会うことがあります。
山の自然にも、山に集う人にも感謝感謝でいっぱいです。


カッコソウの息吹を聴きに。

現在ブログの更新でいっぱいいっぱいの状況です。
花の同定が疎かになっていますがご了承ください。


最近の山歩きで撮った写真から、鳴神山の様子を紹介していきます。
今回はなかなか行けない梅田側の様子などもご紹介していきます。

駒形登山口を新緑がきらきらと覆い始めました。
春を全身で感じることが出来ます。
415新緑

登山口周辺をヤマブキが美しく飾っていますが、
一番見応えのあるのが登山口のこの岩の花壇ではないでしょうか。
山吹2
ヤマブキ1

いつものように小さなお花達にご挨拶。
駒形ではニリンソウが満開です。
春になるとニリンソウとカタクリの咲き具合がいつも心配なのですが、
今年のニリンソウはアカヤシオの代わりに沢山咲いてくれています。
ニリンソウ

左/ヒゲネワチガイソウ。駒形中腹より上で沢山見かけました。梅田側にも咲いていました。
右/ミツバコンロンソウ。見落としがちですが、駒形、梅田に散在しています。
ワチガイソウミツバコンロンソウ

左/ムラサキケマンはちらほらと。まだ少ないです。
右/ミヤマキケマンは登山口周辺を中心に見かけます。
ムラサキケマンミヤマキケマン

左/エイザンスミレ。至るところで見かけます。その他沢山の種類のスミレを見かけていますが同定できていません。
右/シロバナエンレイソウ。駒形で瑞々しい花に出会えました。
コツナギでも1株。エンレイソウはコツナギでは沢山見かけますが、駒形ではほんのわずかです。
コツナギのエンレイソウの見頃はこれからです。
エイザンシロバナエンレイソウ

左/ヒトリシズカの群生は駒形で3か所で見かけました。
寒くて葉っぱで体を覆っているように見えますね^^
見頃はこれからだと思います。
右/キランソウ。大滝登山口に群生しています。駒形登山口でも見かけていましたが、今年はまだ会っていません。
ヒトリシズカキランソウ

駒形中腹より上で美しいカタクリに会うことが出来ました。
時期的にはもう見頃を終えているのでしょう、他所ではほとんど見かけませんでした。
あまりに美しくて、ちょっと足が止まりました^^
カタクリ2カタクリ1

左/フタバアオイはコツナギ以外ではほとんど見かけませんが、コツナギでは沢山見かけます。
今年も可愛らしい花を沢山披露してくれることでしょう。
コツナギではルイヨウボタンの葉っぱをたくさん見かけました。今年も楽しみです。
右/春の花の中で最も好きなものの一つ、オオヤマカタバミ。
花期は短く、見頃はあっという間に終わってしまいます。
駒形で例年チェックしている2カ所では見頃を見逃していましたが、駒形の他の場所で開花に出会えました。
コツナギには沢山ありました。大滝にもちょっとはあったかな?
今回はオオヤマカタバミの開花に出会えて大満足です。
フタバアオイオオヤマカタバミ

さて、カッコソウの現在の状況です。
コツナギ、大滝の両移植地で多くの葉っぱを見ることが出来ました。
今年も沢山のカッコソウに出会えるのでしょうか。
カッコソウの葉2
カッコソウの葉1

癒しと浄化(昇華)、鎮魂と安らぎ、
今の私は山にいるとこんな気分になれます。
ありがとう、鳴神山、山の神様。
そんなことを考えながら山を歩いています。

今年のアカヤシオは控えめのようです。

18、19日の週末は駒形に50台前後の駐車があったようです。
鳴神山も大人気の山になりましたねぇ^^

アカヤシオですが、十年に一度と言われた昨年と比べると、今年はちょっと勢いがないようです。
花芽もちょっと少なくて、これ以上花が咲くのかなぁ…?という感じです。

4月17日。
アカヤシオ1
アカヤシオ2
アカヤシオ3

4月19日。
アカヤシオ1・0419
アカヤシオ2・0419

ボランティアの根底にある思い。

鳴神山愛する会の青の匠、紅の匠を中心に、
より安全で親しみやすい鳴神山にしようと活動しているグループがあります。

たとえば、登山道の階段整備。
椚田峠からコツナギへ下りるところの階段。
椚田 階段

温度計。
椚田峠の温度計。
椚田 温度計

肩の広場の温度計。
肩の広場 温度計

コツナギ登山道の橋。
青の匠、紅の匠、Fさん、Hさん、Kさんが昨年の12月に架けたということです。
Fさんの命名で「日向(ひなた)橋」と名付けられています。
日向橋1
元の橋が腐りかけていたので、新しく作ったそうです。
日向橋2

ベンチの設置。
コツナギ口のカッコソウ保護区の周りに設置したベンチ。
カッコソウ・ベンチ

その他もろもろの作業を私財を投じてボランティアで行っています。
私利私欲のためではなく、自分の好きな鳴神山をもっと多くの人に親しんでもらいたいというのが第1の思いです。

十人十色、いろんな意見の人がいるのでしょう、
そんな思いを踏みにじるような悲しい出来事に気付くこともままあります。
たとえば設置した看板が放り投げられていたこと、
たとえば重い石で組み上げた階段が壊されてしまったこと、
たとえばチェーンが外されてしまったことなどです。

なにもそこまでしなくても、という形跡に出会うととても悲しい気持ちになってしまいます。
どんな思いでボランティアを続けているのか、
ボランティアの根底に流れる思いを汲んでいただけたらなぁと思います。


春の胎動。

さて、なかなか雨がやまない日々が続く中、
昼まで雨マークのなかった本日、山歩き強行です。
登山口の雪はほとんど消えていました。
駒形
中腹も雪がかなり消えています。
駒形2

光落窪(第1石門)の雪の変化。
4月9日。
光落窪雪
4月10日。
光落窪
光落窪近辺にはもうアカヤシオが咲いているのですよ^^
この写真でいうと右上です。
10日時点ではかなり散ってしまいましたが。

さて、久しぶりの山頂。
アカヤシオの蕾もすくすくと育っています。
今年も艶姿を魅せてくれるのでしょうか^^
アカヤシオ

下山は平成の忍者K氏と、もうすぐ住民票を鳴神山に移すのではと噂されている青の匠とご一緒しました。
忍者K氏、(体力が)もうすぐ一般人レベルになると今日も嘘ついていました^^
青の匠が懸命に作った階段を青の匠の前で派手に破壊したワタクシ^^;
青の匠の心中は…見て見ないフリをします^^;

肝心のお花達ですが、
ニリンソウは一部を除きあまり開花が見られません。
カタクリも昨日の雪でかなりやられてしまいました。
そんな中でも、春を謳歌しているお花達に遭遇してきましたよ。

左/ヒゲネワチガイソウ
右/カキドオシ
ワチガイソウカキドオシ
左/ヒトリシズカ。早いですね。
右/モミジイチゴ
ヒトリシズカモミジイチゴ
ヤマブキの蕾。
山吹

金色の山吹で華やぐ鳴神山まで、あと少し^^



プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム