スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏紫。


さて、群馬県東毛地区は日本屈指の熱帯地方でありますが、
鳴神山も例にもれず、激暑いです!
それでも駒形の森の中ではそこそこ涼しいです。。。じっとしていれば。
毎回身体から湯気を立て、コバエを従えながらの楽しい低山歩きを満喫中です!

さてそんな暑い中、今日も鳴神山は鳴神魂の熱い人々がやってきました。
自分もおかしいと思いますが、世の中にはこんなにおかしい(=熱い)人がいるのだなぁと毎回のことながら感嘆します。

今日はイワギボシの開花を確認することが出来ました。
場所はもちろん第2石門です。登りから行くと左側の岩になります。
ここにはイワギボシ、イワタバコ、レンゲショウマといった美しい紫色の花が咲きます。
お花好きの人は夏はここまでしか登ってこない人もいます。
私はそんな美しい岩を『夏紫』と呼んでいます。
私一人だけですが、絶賛自己満足中です(^0^)

イワギボシイワタバコ
ソバナもとっても綺麗です。
ソバナ2ソバナ1

山頂では、
左/なんとミヤマママコナが咲いていました。早いですね。
右/ノギランは本当に綺麗ですのでお見逃しのなきように^^
ミヤマママコナノギラン

登山口ではボタンヅルを見かけました。
ボタンヅル

毎回のことですが、暑くても登って良かったなぁと思います(^^♪












スポンサーサイト

ヤマユリ開花。

(7月26日、29日の記録です)
夏2
夏1

只今の鳴神山では、
ウエアが汗を吸い取れない位、大汗をかくことができます^^
いやはや、恐るべし夏の低山。
それでも常連さんが絶えることなく鳴神山に登ってきています。

ヤマユリ
このヤマユリは第1石門の岩のところに咲いているものです。
去年も咲いたので今年も心待ちにしていました。
開花を確認出来て一安心。
駒形ではあともう1カ所で咲くのですが、果たして今年はどうでしょうか。

29日は数株のソバナの開花を確認しました。
ソバナ1ソバナ2
個人的に紫の花が好きなので嬉しくなります。

26日に蕾だったジャコウソウも29日には開花していました。
29日にはジャコウソウも数株の開花を確認出来ました。
ジャコウソウ蕾ジャコウソウ

さて、イワタバコですが…
イワタバコ
29日時点で20株程度の開花でしょうか。
写真を撮りやすいところにはなかなか咲いてくれていません。
今年のイワタバコはちょっと少な目かもしれません。

29日にはカメラを首からぶら下げた人を何人か見かけましたが、
イワタバコ目的だったのでしょうか。

その他のお花。
左/ヒナノウスツボ。前回と別の場所で見かけました。やっぱり面白い形です。
右/モミジバハグマ。第2石門にて。
ヒナノウスツボモミジバハグマ

暑いですが、頑張って登ります!!

夏開花。

19日、24日に訪れた鳴神山の記録です。
平均週2回ペースで鳴神山を訪れていますが、ブログ更新がちょっと滞ってます^^;
夏の間は滞り気味になりますので、ご了承ください。

さて、待ちに待ったウバユリはとっくに開花しています。
ウバユリ1ウバユリ2

ウバユリ719

梅田側に行く機会は逸してしまいましたが、
川内側のウバユリもなかなか見事です。

イワタバコも開花しましたよ^^
7月19日→→→→7月24日
イワタバコイワタバコ724

レンゲショウマも順調です。
レンゲショウマ

その他今年お初のお花達。
左/ソバナ(7月19日)。蕾を沢山見かけたので、これからが楽しみです。
右/カリガネソウ。
ソバナカリガネソウ

左/タマアジサイ。登山口周辺で見かけるようになりました。
右/クズ。これも登山口付近にて。
タマアジサイクズ

左/タマガワホトトギス。イワタバコの咲く岩に咲いています。
右/コキンレイカ。山頂にて。ベンチの下にひっそりと。
玉川ホトトギスコキンレイカ

左/キンミズヒキ。駒形で2株見かけました。
右/ノギラン。山頂直下にて。地味ですが美しいお花。ネバリノギランよりこっちの方が好きです。
キンミズヒキノギラン

これはヤブレガサでしょうか。葉っぱの形から判断していますが…
地味ですが味わいあるお花です。
ヤブレガサヤブレガサ 葉

左/キヌタソウのお花畑。
右/イタドリ。登山口付近にて。
キヌタソウイタドリ

さて、今回は鳴神山でお初のお花に会えました。
花仙人T先生と相棒のYさんに教えてもらいました^^
トンボソウです。
トンボソウ

今日は沢山のお花に会えましたが、この出会いが一番でした。
今日も楽しい花歩きが出来ました^0^














アカヤシオの保護を始めました!


7月15日、有志数人がアカヤシオの保護活動を行ったということです。
以前のブログでも紹介したように、現在シカによる食害が深刻になっています。
それを見かねた鳴神山を愛する人達が、山頂付近のアカヤシオの保護を実施しました。

現在の山頂付近はちょっと異様な感じがするかもしれませんが、
鳴神山のアカヤシオを絶やさぬための活動です。
私利私欲のために行っているのではありません。
是非ご理解頂きたいと思います。
アカヤシオ保護1
アカヤシオ保護2

小さな夏の調べたち。

光落窪

夏風邪をひいてしまい、久しぶりの山歩きとなりました。
なかなか治らずちょっとあせりましたが、どうにか回復です。

季節の変化は予測不可能で、今年は突然灼熱の夏になった感さえあります。
緑深き林床に届く光も強く眩しく、
今日は森の中にくっきりと光の道筋が見えました。
光の道筋1
しぼり優先で撮ってみると…
光の道筋2
ウリノキに向かって光は射しているようにも見えます^^

今日も夏のお花巡りです。
夏の花の中で最も大きなお花の一つであるウバユリはもうすぐ開花のようです^^
ウバユリ

さて、今日は夏の小さなお花達に出会えました。
左/ミズタマソウ。梅田で沢山咲いていたお花が駒形でも咲いています。
右/クワガタソウを駒形でも見ることができました^^
ミズタマソウクワガタソウ

ウマノミツバ。
これはずっと何の花か分からなかったものです。
たまたま拝見したお花のブログで判明しました^^
ウマノミツバ
アップ。
ウマノミツバアップ

タニソバ。小さなお花ですが、開花しています。
タニソバ
アップ。
タニソバアップ

ミズヒキも咲いていましたよ。
ミズヒキ
とっても可愛い顔をしています。
ミズヒキアップ

ヌスビトハギも開花。
ヌスビトハギ
アップ。
ヌスビトハギアップ

今回の目玉はヒナノウスツボとの再会でした。
ヒナノウスツボ
見ることができても、なかなか撮ることができないお花です。
今日はねばって写真を撮ってきました。
アップ。
下膨れの子供みたいな顔をしています^^
ヒナノウスツボアップ

山頂まで行きませんでしたが、今日も楽しい花歩きでした





久しぶりの梅田周回。壮麗なるウバユリロード。

本日は久しぶりに梅田側を周回してきました。
若干雨に濡れたものの、梅雨としてはまずまずのお天気でした。

今日のお目当てはかねてより聞いていたウバユリロードです。
20株弱のウバユリが群生しているといいます。
一体どんな感じなのでしょうか。

下から見上げた図。
ウバユリ下から
かなり大ぶりなウバユリが並んでいます。
道の反対側の方が沢山並んでいるのですが、写真映えしないので今回はこちらだけです^^

上から眺めた図。
ウバユリ上から
ウバユリ上から2
これが皆開花したところを想像すると…壮観ですなぁ。
鳴神山全体でもここ以上に見応えのあるウバユリロードはないでしょう。
開花が待ち遠しいです。

赤柴で密かに開花を待っていたクサアジサイが梅田では沢山見られました。
クサアジサイクサアジサイアップ

クワガタソウやタツナミソウがまだまだ頑張っていましたよ。
クワガタソウタツナミソウ

ルイヨウボタンは咲き終わっても見栄えが良いです^^
ルイヨウボタン

ミズタマソウ(左)やオオヤマハコベ(右)が良く目立っていました。
ミズタマソウオオヤマハコベ

車道沿いにはヒヨドリバナやオオバジャノヒゲを見ることが出来ました。
ヒヨドリバナオオバジャノヒゲ

さて、ここからはコツナギ登山道の青の匠の作品群をご覧ください。
比類なき技が冴えわたっている整備された登山道と花の保護。
もはや里山のアーティストと改名してもいいかもしれません^^

椚田峠下の階段。盤石です。
階段

登山道も以前より広くなり、歩きやすくなっています。
整備された道

序盤の迂回路。
この階段と柵の整然とした美しさをご覧ください。
もはや芸術です。
階段2

うわあ、すごいなぁと思われた方へ。
参考までに、かりんとうを与えると青の匠は大喜びです(^^)/

霧の中で声を拾う。

相も変わらず天気が不安定な中、鳴神山へ行ってきました。
雨のおかげで山中の水量も多く、
第一石門
そして山は霧の中。
霧
眺めるだけの雨なら綺麗かもしれませんが、
歩いている自分にとってはちょっとばかし恐怖であります。

只今ヤマアジサイ以外に目立った花のない鳴神山ですが、
今日も鳴神山の小さな声を拾ってきました。

シモツケとカラマツソウは相変わらず美しく、
シモツケカラマツソウ

登山口周辺ではタマアジサイの蕾が目立っています。
タマアジサイ

マサキ?マユミ?でしょうかね。ころんとして可愛いです。
マサキ?
ウマノミツバというそうです。中腹より下で結構目につきます。
ウシノミツバ
駒形で見られるウバユリは約10株。
青の匠による作品であります^^
保護

もうすぐ艶やかな夏がやってきますね(^^♪

鳴神山を守るために。

引き続き雨の日が続いています。
先日は赤柴林道を歩いている途中で雨に降られ途中撤退してしまいましたが、
今日は傘を持参しての山歩きです。

登山口へ向かう途中でも小雨は降っていましたが、
今日はくじけません。
登山口到着。

誰もいない!
びびって帰ろうとしたら、紅の匠カー参上。
ずっと後ろをついてきた車は紅の匠のものでした。
(物好きな人がいるもんだと思っていましたが…自分もだけど^^ゞ)

ということでちゃんと歩いてきました^^

肩の広場
歩いている間は雨には降られないものの、写真のような霧の中でした。

さて、鳴神山は鹿による食害が広がっています。
人間が好む花を鹿も好むようで、
レンゲショウマ、ウバユリがかなり食べられています。
レンゲショウマの保護は以前より進められていましたので、
今日は花芽を見ることが出来ました。
レンゲショウマ2
こちらは岩の上。鹿もさすがにここのは食べにくいようで、
元気に育っています^^
レンゲショウマ

ウバユリも青の匠によっていくつか保護されています。
下の写真など、特に芸術的だと思いませんか?
ウバユリ1
ウバユリ2

嘆かわしいのは、鳴神山の顔であるアカヤシオの食害も深刻なことです。
食害1
食害2
このように皮を食べられています。
皮が剥がれるとその樹は枯れてしまい、花を咲かせることが出来なくなってしまいます。
この問題についても、何か策を講じなければなりません。

今日は鳴神山の常駐管理人である青の匠の車がありませんでした。
多少の小雨ならやってくるというのに、一体どうしたことでしょう。
と紅の匠と話していたら、赤柴方面から参上です。
後半は紅の匠、青の匠と3人で赤柴へ下りました。

赤柴で今私が密かに開花を待ち望んでいるのはクサアジサイです。
クサアジサイ
2年前に見て以来の再会ですのでどうしても開花を見たいのですが、
なかなか咲いてくれません^^;
気長に待つとします。

そしてオカトラノオは今日も綺麗でした。
オカトラノオ
アップ。
オカトラノオアップ

その他本日会ったお花達。
左/イヌトウバナでしょうか。
右/テイカカズラ。登山口付近で。
トウバナテイカカヅラ
今日はコキンレイカの花芽に会えたのが嬉しかったです。
コキンレイカ

今日も楽しく山歩きしてきました。めでたしめでたし

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。