スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大滝の新道を偵察にヾ(o´∀`o)ノ

鳴神山愛する会のメンバー等で大滝口で旧道を整えているという話を聞き、
久しぶりに大滝口から登りました。

どこが新道なのだろうと20分ほど歩いていくと…
登山道1

「登山道」の看板がありましたよ^^
登山道2

ここを右に折れていくと
写真では分かりづらいですが、ピンクテープの目印が沢山つけられています。
テープ1

急で歩きづらいところもありますが、
階段や橋も何カ所か設置されていました。
階段橋

なぜ旧道を復活させようとしているかというと、
元の道が沢の中のガレ場だからです。
元の道

沢というだけあって、ここは大雨等の影響ですぐに崩れます。
そのうえ岩がゴロゴロして歩きづらいということで、鳴神山を知り尽くしているFさんの指導の下、
有志が集まって旧道を整備し始めたということです。

約20年放置されていた旧道は倒木が多く、伐採処理も非常に難儀だったということですが、
元のガレ場の道とは異なり土の道ですからやはり歩きやすいです。

こんなふうに良い感じの登山道です。
登山道の雰囲気

旧道の終点には「下山道」の看板もあります^^
下山道1

上から見るとこんな感じです。
下山道2
看板の右手が元の登山道、左手が新しい旧道です。

まだまだ手直しが必要ということで、11月30日にも整備をするという話でした^^

さて、この日の展望ですが、前回よりはちょっと雲が多く、個人的には浅間山が一番綺麗に見えたと思います。
浅間山

久しぶりの大滝登山道でしたが、
大滝口は風がなくて暖かいですね。驚きました。
駒形口は第2石門からは風がビュービュー吹いてとても寒いですからね。
その分、肩の広場では風の洗礼を受けて非常に寒く感じました。
大袈裟にいうと、登山道と山頂では10度近く体感温度が違っていたような気がします。

同じ大滝口から帰りましたが、
結構登山者が多くて驚きました。
登山口に着くと9台の車が停まっていました。
駐車場

今日は歩きなれた鳴神山がちょっと新鮮に見えた一日でした^^
スポンサーサイト

初冬の鳴神山は絶景でした。

赤城山や榛名山等で初冠雪を記録している今日この頃、
ぐんと冷えて冬らしくなってきました。

鳴神山もすっかり冬模様となっています。
登山口で車から降りると寒い寒い!
それでも今日は絶景が望めると分かっていたから歩きます。

鳴神山へ来る途中、車窓から眺める赤城山や袈裟丸山の美しいこと。
山頂に行くのが楽しみでなりません。

山中はあっという間に枯れ山となってしまい、葉っぱの面影は序盤から中腹までとなっています。
第2石門を過ぎるとがらーんとした枯れ山。
枯れ山

しかし、振り返れば赤城山が大きく見えます。

駒形


雪化粧の赤城山を期待していった山頂でしたが、
赤城山より美しかったのは日光連山でした。
雪で白く輝く男体山に日光白根!
日光

そのうえ、富士山、筑波山も見え、本当に素晴らしい展望でした。

袈裟丸山、皇海山。
袈裟丸
筑波山。
筑波
富士山。
富士山
赤城山。(第1展望台より)
赤城

山頂の温度計は5度を差していました。
風は冷たく、立ち止まってしまえばひとところに体が冷えてしまう寒さです。

しかし、寒いから望める大展望です。
山中はちょっと寂しいですが、素晴らしい展望を眺めに訪れてはいかがでしょうか?^^

晩秋の鳴神山へ。

紅葉前線はすっかり山を下り、もはや平地が色づき始めています。
鳴神山も紅葉のピークは中腹から下で、標高の高いところでは枯れ山の様相でした。

葉が落ち始めてくると山は途端に淋しくなってきますが、
それでもいいことがあります。
駒形登山道の上部では、振り返ると赤城山が木の間から見えるようになりました。
葉が少なくなる、気温が下がってくる、空気が透き通ってくるとこのような状況となります^^

今日はまあまあの天気でした。
山頂では雨にぽつぽつと降られ、驚いて下りてきました。
快晴ならば、鳴神山では絶景が常態化する季節です。

(夏山メインの方なら)遠くの高い山は難しい季節になってきました。
鳴神山の山頂で遠くの高い山を眺めながら
これまで登ってきた山を指折り数え、
これから登りたい山を眺めるのもおつなものです。

是非晩秋から初冬の鳴神山にも足を運んでみてください^^

(注)駒形口は工事につきダンプの往来がありますので、
運転の際はご注意ください。

駒形登山口にトイレが設置されました^^

週に2回以上は鳴神山に通っていますが、
ちょっとばたばたしていてブログ更新がおろそかになっています。
写真添付は文章より時間がかかるので、当分文章のみのブログまたは後日写真添付となりますが
ご了承ください。

さて、先週日曜の雨でかなり葉を落としたと聞いていましたが、
なかなかの紅葉でした。
もう登山口まで紅葉前線は降りてきて、山全域で紅葉を楽しめました。
どちらかというとすでに晩秋の雰囲気です。
今年はやっぱり早いですね。

さて、駒形登山口では工事が始まります。
それに伴って、工事を請け負う建設会社が登山口にトイレを設置してくれました。
なんと二つ!
男性の小便用と和式のトイレの二つです。

特に女性は嬉しいですよね^^

紅葉は終盤に向かっていますが、寒くなってきた分山頂からの展望が素晴らしくなってきています。
秋から冬にかけて、素晴らしい展望に会いにきませんか^0^

紅葉真っ盛り^^

久しぶりに赤柴からの周回です。
赤柴林道はちょっと色づいてきたかな、という感じでした。
赤柴

ガタンドタンと工事の音を聞きながら、登山道へ。
悪天候で流されてしまった橋が新しく架け替えられていました^^
橋1

朝日を浴びた黄葉がとっても綺麗でした。
赤柴登山道

さて、赤柴のコアジサイはというと…
なかなかの見応えでした^^
まだまだ金色になりそうです。
コアジサイ1

コアジサイと紅葉

椚田峠から山頂へ向かいます。
この辺りがとても綺麗でしたよ。
椚田1
椚田2
椚田3

第2展望台から赤城山。
久しぶりの快晴でした。
第2赤城
仁田山直下辺りがキラキラしています。
仁田山

第1展望台から赤城山。
赤城山全容を見たのは久しぶりです。
第1赤城

さて桐生岳へ。
山頂

今日は大展望でした。
富士山。
富士山
久しぶりに筑波山。
筑波山
袈裟丸方面。低山が綺麗です。
袈裟丸
吾妻山への縦走路と富士山。
吾妻山と富士山

駒形へ降ります。
中腹辺りの紅葉が見事でした。
駒形2
駒形1

紅葉で満腹になりました。
今日も善き山歩きができましたよ^^





プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。