スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご来光登山のご案内。

2015年も今日で終わり、明日から新年を迎えます。
元旦には鳴神山にご来光目的の方が多く訪れます。
例年30~40名ほどが狭い山頂にてじっとご来光を待つのです。

日の出時刻は6時40~50分ですので、
ご来光目的の方は余裕を持って出かけましょう。
現在積雪はないのでアイゼンは不要です。
暗い中を歩くのでヘッドランプ、懐中電灯等は必携です。
寒さに関しては、歩いている間は普段の冬仕様の装備で問題ないと思いますが、
ご来光を待っている間がとても寒いので、防寒具は多めに持っていくと安心です。

尚、里山といえども、標高約1000mありますので、近隣の200~500mの山と同じ感覚で来ると失敗します。
(ちなみに、鳴神山があまりにも寒いので防寒対策ばっちりで先日吾妻山に行ったのですが、大失敗でした)

同じような内容の記事を2年前に書いているのでそちらも参考になさってください。→こちら

個人的には、健康の有難みを痛感した1年でした。
生きているだけで丸儲け、死ぬこと以外はかすり傷、の心境です。
健康だからこそ山に足を向けることができるのです。
年経る毎に健康維持が難しくなりますが、細心の注意を払っていこうと思います。
ではよいお年を(^-^)/
スポンサーサイト

連日の絶景と、冬真っ盛り。

寒いですね。
鳴神山ももちろん寒いです。
現在、椚田峠、肩の広場、山頂に温度計が設置されていますが、
山頂よりも椚田峠と肩の広場の方が寒いのです。
山頂は2度でしたが、
椚田峠はマイナス5度。
椚田

肩の広場はマイナス4度でした。
肩の広場

今日はまだ風が弱かった方で、昨日は激寒だったそうです。
鳴神山にお越しの際は防寒対策をしっかりなさってくださいね。

今日は赤柴から山頂経由、駒形コースでした。
赤柴林道はところどころ凍結していますので、凍結箇所は避けて歩いた方が無難です。
先日私も派手に転びました^^;
赤柴氷



寒さのおかげで、氷の華に会うことも出来ました。
氷の華1氷の華2

氷の華のお花畑にはすでに先客が2名いらっしゃいました。
どこまでも美を追い求める、美のハンター衆でございました^^


冬の赤柴はご覧の通りの枯れ山ですが、日が充満していて、なかなか趣がありました。
冬の赤柴

コアジサイロードではコアジサイの末裔が渋い光を放っていました。
冬のコアジサイ

標高を上げれば、周囲の山脈が見えてきます。
今日もなかなかの絶景でした。

第2展望台より。
赤城山。
赤城
四阿山。
四阿山

山頂より。
八ヶ岳。
八ヶ岳
富士山。
富士山

絶景に出会えると、寒い中登ってきた甲斐があるなと思います^^

さて、鳴神山を愛する男衆の活動報告でございます。
赤柴登山道の橋を昨日架け替えたそうです。
しっかりしたものになっていました。
橋

駒形登山道の水場に丸太の椅子を設置。
倒木を利用して作ったそうです。
個人的にはアイゼン装着に便利そうだなと思います^^
椅子

今日も楽しい山歩きが出来ました^^





雨上がりの鳴神山は

夜半の雨に濡れた山肌からは清澄な空気が立ち上っていた。
湿った落ち葉を踏みしめながら、きらきらと輝く梢に気付く。
梢に雨の雫が珠のように垂れていた。

雫1
雫2

物言わぬ木々の涙と擬すれば切なく、
木々が纏うた装飾品と擬すれば美しく、
夜半の雨が必死に枝にしがみついていると擬すればなんとなく可笑しく、
見る者によって幾通りもの解釈が可能な光景だった。

ひたひたと冬は進行している。
小さな雫が目立つほど、木々は葉を落とし、山は色を失せているのだ。
背筋がぞくっとした。
撮影に気をとられて身体が冷え切ってしまったようだ。
私は慌ててカメラをしまい、山頂を目指した。




この日は暖かいという予報に反して、山の中は風が強く非常に寒い一日でした。
山頂の温度計は4度を指していましたが、体感温度はもっと低かったように感じました。




氷の饗応。

赤柴で氷の華が開花したと聞いて、赤柴を歩きました。
久しぶりのお花です^^

シモバシラのお花畑に到着。
さて。。。
氷2氷1

例年よりちょっと少なめでした。
今日が少なかったのか、ちょっと分かりかねますが。

シモバシラの華は控えめでしたが、土のシモバシラがちょっと見事でした。
氷3

マーブル模様の氷もなかなか綺麗でした。
氷4

次回は素晴らしい状態の氷の芸術に出会えるでしょうか。

冬へ。

コンスタントに通ってはいましたが、久しぶりのブログの更新となりました。
12月17日より本格的な真冬の寒さに突入しましたが、鳴神山ももちろん寒いです。
とはいっても山頂の温度計は4度、最近の鳴神山はこんな気温が続いているそうです。

久しぶりの光落窪(第1石門)
すっかり冬枯れの様相です。
光落窪

山頂からは富士山も見えましたが、写真映りがいまいちでした^^;
白く輝く日光白根。
日光白根
冬に入るとくっきりと見えてくる筑波山。
筑波
堂々たる浅間山。
浅間

山中がめっきり寂しくなり、撮りたいと思うものがないというのもあって、
ブログの更新が滞っていました^^;
視界に訴えるものはめっきり減りましたが
木を揺らす風の音、
頬を刺す風の冷たさなど、
冬を体感するにはもってこいの鳴神山です。(と強引にアピール…)

冬の山歩きは想像以上に身体が冷えますので、
皆様も下山後は身体を温めることを最優先してくださいね^^

大滝の新道の偵察その2。

前回より1週間経った本日、大滝口から登りました。
11月30日にも旧道を整備したということですが、どう変わったのでしょうか。

まず登山口よりすぐの大きな橋に滑り止めがつけられていました。
橋1
大滝口から登ったことのある人ならご存じかと思いますが、
この橋はものすごく滑ります。
下山時は本当に恐怖です。
滑り止めが出来たおかげで安心感がアップしました^^

さて、旧道に入っていきますと…
橋がバージョンアップしていました。
さらに階段もつけられています。
序盤の橋と階段

階段や橋が各所に設置され、かなり歩きやすくなっていました。
登りながら撮った写真をずらっと列挙していきます。
階段1
階段2
階段3
階段4
階段5
階段6
階段7
階段8

大仕事ですね。
いつもながらあっぱれですヾ(o´∀`o)ノ

登頂。
今日の景色はまあまあでした^^ゞ
日光白根が光り輝いていました。
日光白根

今日は団体が多かったようで、物凄く賑わっていました。
土日は最近かなり賑やかなようです。
もしかしたら、花の時期に次いで賑やかかもしれません。

山頂の温度計は最近は5度を下回ることが増えていますので、
防寒対策は万全にすることをお勧めします^^

狛犬も冬仕様に(^^♪

毎日寒さが更新されていく昨今、山の中ももちろん寒いです。
この日も風が強く、中腹より上では冷たい風の中を歩くことを強いられました。

人間も寒いですが、狛犬も寒いようで、
この日に模様替えをしたようです。
狛犬1狛犬2

今年のマフラーはツートンカラーですね^^
毎年バージョンアップしています。

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。