夏開花(^^♪

花追い人による夏の鳴神山の花の記録ですよ^^
7月23、24、26、27日の記録です。
まずはヤマユリから^^
7月24日赤柴にて
赤柴 ヤマユリ724

7月27日赤柴にて
赤柴 ヤマユリ1

赤柴 ヤマユリ2

7月23日 駒形にて
第一 ヤマユリ723
7月27日 駒形にて とうとう第一石門のヤマユリ開花^^
第一 ヤマユリ

次はウバユリ。
ウバユリは早いものは既に花を落としています。
7月27日赤柴にて。柵を越えて開花。
赤柴 ウバユリ
7月24日赤柴にて。おちびちゃんです^^
チビウバユリ724
7月24日駒形にて。
ウバユリ724

ソバナ、7月27日に開花しました^^
ソバナ

そしてカリガネソウのお花畑!圧巻です。
是非赤柴に周って確認してください^^
カリガネソウ724


その他のお花の状況です。
左/ホツツジは山頂周辺でかなり目立ってきました。
右/ノギランは7月24日時点では盛りを過ぎていました。
ホツツジノギラン724

左/第2石門にてタマガワホトトギス開花です。
右/クサアジサイは赤柴で2株が見頃です。
タマガワホトトギス724クサアジサイ

左/キヌタソウが標高の高いところで目立ってきています。
右/とても小さなオカトラノオ。
オカトラノオの群落を赤柴で3ヶ所ほど確認しました。良かった良かった。
キヌタソウ724オカトラノオ

左/オオヒナノウスツボは背丈が2メートル位あります。
確か駒形でヒナノウスツボも見たことがあります。
右/ミズタマソウもよく見ると沢山咲いていました。
花は3mm位しかありません。雫が光っているように見えるのがミズタマソウの花です。
オオヒナノウスツボ724ミズタマソウ


左/ヌスビトハギは赤柴で。
右/ミズヒキは駒形と赤柴の登山口周辺で。
ヌスビトハギミズヒキ723

左/トンボソウは見頃が続いています。
右/なんと駒形でクモキリソウを発見!7月27日時点ではかろうじて見られる状況でした。
トンボソウ724クモキリソウ723






おまけその1。ちっちゃなキノコの兄弟達。
茸





おまけその2。久しぶりに笑顔のアップ達^^
ノギランアップミズタマソウアップ
クサアジサイアップオカトラノオ アップ




スポンサーサイト

鳥居とキツネノカミソリ。

山頂になんと赤い鳥居が立っていました。
びっくり。
かなり立派です。
鳥居

鳴神山ではないのですが、鳴神山へ向かう途中の車道沿いに
キツネノカミソリが沢山咲いています。
キツネノカミソリ
あるところでは、キツネノカミソリに埋め尽くされている斜面がありました。

鳴神山の川内側にお越しの際には是非車道沿いも見てみてください。
以前から聞いてはいたのですが、今年やっと確認することが出来ました^^

夏本番へ(^^♪

(7月10、16、20日の写真です。)

20日時点で
ウバユリ、イワギボシ、イワタバコ、カリガネソウ、トンボソウ、ノギランが開花していました。
(ノギランは未確認ですが、ダンボさんのブログで確認しました)

10日に見つけたオカトラノオの群生。
オカトラノオは赤柴林道にかなりの数が咲いていたのですが、
鹿の食害の影響か、この2年で激減してしまいました。
以前は駒形にもあったのですが、現在は見かけません。

毎年オカトラノオは大丈夫かと心配しているのですが、
しぶとく生きていてくれました^^

7月10日。
オカトラノオ-0710

7月16日。
オカトラノオ716

ご覧のように、岩に根をはっております。
丁度鹿の頭が届きにくいところです^^
素晴らしい生命力です。

ずっと開花を待っていたクサアジサイも16日に開花しました^^
クサアジサイ目的で赤柴を回っていたので、回った甲斐があったなと思いました。
クサアジサイは鳴神山の北側でしか私は見たことがありません。
DSCF7872.jpg

そして夏の大輪、ウバユリも開花しました^^
青の匠を中心にウバユリの保護を行ってきましたが、
こうして開花を確認できると本当に嬉しく思います^^
ウバユリ-720


3大岩の夏姫といえば、イワタバコ、イワギボシ、タマガワホトトギスですが、
イワタバコ、イワギボシが開花しました^^

7月16日のイワタバコ。まだ2株ほど。
イワタバコ0716
7月20日。開花した株がかなり増えていました。
イワタバコ720

7月16日のイワギボシ。まだ蕾。
イワギボシ0716
7月20日。開花。1株しか確認できていません。
イワギボシ720

カリガネソウも開花です。
カリガネソウは9月頃まで咲きます。
カリガネソウ

そして花仙人T師に教えてもらったトンボソウも開花(^^♪
トンボソウ

登山口ではタマアジサイも開花していましたよ。
タマアジサイ

鳴神山もかなり夏らしくなってきました




五里霧中の鳴神山を歩く。

梅雨空に泣かされて桐生市内に留まりながら毎日を過ごしています。
お休みの日が晴れに当たった人、おめでとうございます
(私のように)そうでない人、腐らずにやっていきましょう

さて、曇り予報の7月8日、鳴神山に出かけました。
山中は霧の中、まさに五里霧中です。
先行者は青の匠1名、びびりながら歩きます。
あまりにびびっていたので、ほとんど写真も撮っていません。

途中で青の匠に会いほっとします。
下山時にはダンボさんとOさんに会いました。

写真LOVEのお二方にはこの霧が絶景らしく、写真を沢山撮りながら歩いてきたといいます。
いやはや、私はびびりまくりでしたよ
自然を心置きなく堪能するには、まだまだ修行が足りないのでしょう。

8日の霧の鳴神山の様子はダンボさんのブログをご覧下さい^^


では、7月3日、6日、8日に撮った写真をご紹介します。

左/ムラサキシキブがところどころで咲いています。
右/鳴神山ではあまり見かけないオオバジャノヒゲ。
ムラサキシキブジャノヒゲ

盛りは過ぎていますが、山頂のコメツツジが沢山咲いています。
コメツツジ0706

待望のオカトラノオとご対面(^^♪
オカトラノオ

クサアジサイの花芽。
クサアジサイ703
アップ。
(咲いているものも見かけましたが、写真に撮りにくかったので撮っていません)
クサアジサイアップ703

花を保護するのは人間だけではない。
蜘蛛の巣に保護されたイワギボシの花芽。
イワギボシ







プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム