鳴神山の雪の状況。

鳴神山もすっかり雪山となってしまいましたね。
雪嫌いの私はどんどん足が遠のきますが^^;
鳴神山の常駐管理人さまからの情報をアップしていこうと思います。

1月20日現在の駒形登山道の状況。

車道凍結なし。
駐車場には雪あり。

中盤まで:積雪1、2センチ。凍結。
中盤から肩の広場:積雪10~15センチ。パウダースノウ。
山頂付近:積雪10センチ。踏み跡は凍結。

アイゼン:必要。

※梅田側も積雪があるとのことです。

20日から21日にかけて再び降雪があったので、
鳴神山にお出かけの際にはお気をつけて。
スポンサーサイト

鳴神山も最強寒波の影響を受けています

日本海側だけかと思った最強寒波襲来、
桐生市にも余波が及びましたね^^;

市内では14日は時折風花が舞い、15日は終日雪が降ったりやんだりでした。
それでも積雪は2cm足らず、凍結は怖いものの雪かきの必要もなく、
通学通勤には支障をきたすことはなさそうです。

15日、晴れていたので散歩がてらスーパーに30分かけて歩いていったら帰りは吹雪でした(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
幸いにも山仕様の格好だったので無事帰ってこれました^^
15日は天気予報がずっと外れていて、遠出は怖くてできませんでしたね。

鳴神山はというと、
14日はうっすらと雪が積もったようで、
15日は午前の時点で山頂5cm程度の積雪、
その後終日雪が降っていましたので10cm程度の降雪があったのでは推測します。

車道も凍結しているおそれがあるのでお出かけの際はお気をつけて。

久しぶりの登頂でした。

雪が苦手なので乗り気ではなかったのですが、鳴神山に行ってきました。
最初から途中で帰る気満々でしたが、どうにか登頂できました^^

第2石門を過ぎた辺りからうっすらと雪化粧。
第2
1、2センチの積雪、というより氷という感じでしょうか。
私は登りからアイゼンを装着しました。

肩の広場から山頂には雪はほとんどなく、雪深いと感じるのは肩の広場直下辺りでした。
肩
(それでも3センチにも満たない程度です)
展望はまあまあでした。
北は吹雪いている感じ、富士山も今日は見えませんでした。
吹雪いていた北方面。
北
東の筑波山はよく見えました。
東

常連さんに聞いた話ですが、
梅田側は全く積雪がなく、赤柴もないとのことです。
雪があるのは駒形と山頂から椚田峠の中盤までということでした。
雪が苦手な方は梅田側を歩いた方が良いようです。

明日明後日、最強寒波襲来ということですが、桐生方面にも影響が及ぶのでしょうか。
個人的には雪は降ってほしくないですね(^-^)

今週末鳴神山にお出での際には、しっかりとした防寒対策とアイゼンの携帯を忘れずに( ̄^ ̄)ゞ


おまけ:
登山口近くの駐車スペースにロープがひいてありました。
駐車の目安になりますね^^
ロープ

今年初の雪!

大雪だーとメディアは騒いでいましたが、
桐生市内は雨で済みました。

鳴神山は中盤から約3cmの積雪、山頂は約5cmの積雪があったということです。
明日以降は下山時にはアイゼンが必要かもしれません。
車道には積雪がなかったので、凍結の心配はなさそうです。

とまあ、伝聞なのですが記録に残しておきます。

川内側のトイレならば。。。

駒形登山口のトイレが撤去されて早3週間。

特に女性の方はお困りではないでしょうか。
かくいう私も困っています^^;

登山口まで車で約30分かかるのですが、
(人によって近いとも遠いとも思う方がいると思いますが)
出発直前に用を足しても「うーん困った」ということが多々あります。

今更ながら、登山口近くにトイレがあったことを思い出しました。
駒形バス停のトイレです^^
車なら登山口まで約5分。
今日久しぶりに寄ってみたのですが、
ぼっとん便所ではありますが、清潔でした。

川内側から登る際には是非利用してみてください^^
(梅田側の場合は残念ながら最寄りのコンビニを利用するしかありません。)

賀正。2017

あけましておめでとうございます。
山始めは鳴神山!と目論んでいましたが、
昨日はまさかの途中撤退となり鳴神山に辿り着きませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

というわけで1月2日が私の鳴神山始めとなりました。
今朝は雲が多く山の中も暗い感じでしたが、驚くほど風が弱かったです。
冬でこんなに風が凪いでいるのは珍しいですね。

山頂3度。
こんな感じで雲が重くたちこめていました。
昨日の方が見晴らしが良かっただろうと思います。
展望

第1展望台から赤城山。
赤城山

椚田峠へ下りていきます。
せっかくだから座間峠の方に足を伸ばしてみようと思いつきました。
ビビり屋なので、10分歩いたら引き返すつもりで歩き始めました^^ゞ

座間峠への道は思いの外急です。
そのうえ踏み跡不明瞭なため、落ち葉が厚く積もっていて歩きにくいのです。

ちょっと歩くとこんなモノレールが。
座間

林道工事に関わるものだと思いますが初めて間近で見てちょっと驚きました。

急坂だし落ち葉で歩きにくいし、もういいかなと時計を見るとちょうど10分経過。
元来た道へ戻ろうとすると、鳴神山の美しい山容とご対面。
鳴神山

この姿を見られて、来た甲斐があったなと思いました。
椚田峠に戻り赤柴登山道、林道へ。

赤柴林道から眺めた空。
空

登りから登頂までの間よりだいぶ雲が薄くなってきたようです。
秋の空みたいでしばし見惚れていました。

昨日は幸先悪い顛末となりましたが、
今日は佳い山歩きが出来ました。
今年も佳い年でありますように。









プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム