最も効果的な熊撃退法~尾瀬便り

5月30日に尾瀬に行ってきました。
0530尾瀬
0530リュウキンカ
水芭蕉はなんともう見頃を過ぎているという話でした。
今年は雪解けが早く、花も例年より2週間も早いそうです。
でも、今回の目的は水芭蕉ではないのです。





トガクシショウマです。
0530トガクシショウマ
今回は鳩待峠からトガクシショウマのある三条の滝方面への往復です。

私の休みは火曜水曜なのですが、
当初天気予報では火曜まあまあ、水曜×でしたが、直前に水曜の予報がまあまあになり、
急遽30日水曜に変更しました。
火曜だと早くても8時出発だったので、ちょっと不安でしたが、
水曜ならば始発バスに乗れます^^
と喜んだ30日深夜、予報は悪い方へ変わりました。
12時頃から雨マークがついています。
今日は雨覚悟で行こうと、午前2時40分頃家を発ちます。

4時10分頃、戸倉の駐車場着。
バスの始発は4時40分です。
ざっと見たところ20台程度の車がありました。
(とても少ないそうです)

バスでは助手席に座ることになりました。
そこで運転手さんから貴重なお話を聞いたので、
その内容をご紹介していきたいと思います。

バスに乗るなり、今年は水芭蕉がピークを越えていることを聞かされます。
先週は雪が降り、水芭蕉の状態も良くないということです。
水芭蕉はどうでもいいなと思っていましたが、黙って聞いていました。
今年は雪が少なく、雪解けもかなり早く、花も例年より2週間早いとのこと。
これって里山と同じですね。
今年の冬は北陸で大雪のニュースが多かったので、尾瀬もさぞ雪が多いだろうと思っていましたが、
違うとのことでした。

私が今日は雨覚悟で来たと伝えると「ありがたい」とおっしゃいます。
最近は天気予報が当たるので、予報が悪いとがくんと客足が減るそうです。
それでも今週末(6月2、3日)は激混み予測だそうです。
道路が渋滞すると鳩待峠までもかなり時間がかかるそうです。
運転が下手な車があるとのろくて大変だそうです。

話題は私の住む場所に及び、私が根利の道を運転してきたことを知ると鹿の話になりました。
この日、私は20頭程の鹿に出くわしました。
それが逃げないのです。
クラクションを鳴らしても逃げない。
どうも鹿は眩しくて車を認識できていないそうです。
なんでも根利の道は鹿のメッカらしく、鹿の死体もよく見かけるそうです。
鹿に当たると、車の損傷もかなり大きいそうです。
つまり、修理費がかさむということです。
皆様も鹿を見かけたら、よけるようにしましょう。

やはり尾瀬も鹿の食害が深刻なようです。
大江湿原のニッコウキスゲもかなり打撃を受けましたが、
山小屋スタッフ等が夜中に鹿を追い払ってくれているおかげで最近復活してきているそうです。
尾瀬ヶ原もネット等一部ありましたが、いかんせん広いので対処しきれないそうです。
今の季節はリュウキンカが餌食だそうです。
これも里山とあまり変わらない状況ですね。

そして鳩の話へ。
戸倉から鳩待峠の間の道路には、早朝鳩がたむろしているそうです。
しかし夕方になると鳩は鳩待峠に移動するそうです。
人間の食べ物のカス目当てだそうです。
それを聞いて「だから鳩待峠というのですか?」と聞いた私。
鳩待峠の由来は別にあるそうですね^^;

運転手さんは山菜採りが趣味だそうで、今度は熊の話になりました。
尾瀬は熊がかなり出るそうですが、尾瀬の熊さんは怖くないそうです。
人間慣れしているので、人間を襲ったりはしないそうです。
しかし、運転手さんの趣味の山菜採りのような場合は熊対策を万全にしなければなりません。
残念ながら熊鈴はそんなに有効ではないそうです。
沢等ではほとんど鈴の音は熊に聞こえないそうです。

では何が有効かというと、



煙です。
運転手さん一押しは音の出ない花火だそうです。
蚊取線香もかなりいいそうです。
熊が出没する可能性の高い山域に出かける方は是非参考にしてみて下さい。
この話には後部座席の方々からも質問が飛んできました。

今回書きたかったのは上記のことですが、
今回の山行記録も記しておきます。








続きを読む

スポンサーサイト

コアジサイの見頃は週末でしょうか。

コアジサイは標高の低いところでは見頃を迎えています。
赤柴登山道では一部開花していますが、蕾の状態のものが大半です。
0529コアジサイ2
0529コアジサイ1
今年は花付きが良いので、かなり見応えがあるのではないでしょうか^^
個人的には今週末から見頃を迎えるのではないかなと思っています。

コアジサイはアップも可愛いですよ。
真っ白のものから薄紫のものまでバリエーションがあります。
しかも香りがいいのです。
赤柴林道でなんかいい香りがするなと思ったら、それはコアジサイです^^
0529コアジサイ白0529コアジサイ紫

ユキノシタはまだ1、2分咲きでしょうか。
0529ユキノシタ

赤柴林道ではオオバアサガラが見頃へ。
林道ではオオバアサガラの写真が撮りやすいんですよ^^
0529オオバアサガラ

バイカウツギ開花。これも香りがいいです。
エゴノキを見つけました。だんだん木の知識も増えてきました^^
0529バイカウツギ0529エゴノキ

クモキリソウも順調に育っています。
0529クモキリソウ

今週末の花の見どころは、
コアジサイ、オオバアサガラ、ユキノシタ、オカタツナミソウでしょうか。
オカタツナミソウは今日も先日の1株しか開花を見ていませんが、
蕾がかなり目立ってきましたので週末には開花したものに沢山会えると思います。
ユキノシタも開花が進むと思います。
その他サワギク、コナスビ、ミゾホオズキなどにもお目にかかれるでしょう^^


花仙人のお庭から~艶やか饗宴

我々花追い隊はまず某所に向かい…
0523ヤマボウシ
ヤマボウシを堪能してきました^^
見事でしたよ。

ヤマボウシは花が浮いているように咲くんですね。
0528ヤマボウシ

しかし今日の目的はこちらです。
イチヤクソウです。
0528イチヤクソウ0528イチヤクソウ拡大

数日前に偵察に出かけ、今日は二人で向かったのでした。
おかげで見頃のイチヤクソウに沢山出会えました。
多分、15株はあったと思います。

そして、ミヤマナルコユリの株も沢山見かけました。
花は咲き終わりでしたが、実をつけているものに出会えました。
全くピントがあいませんでしたが、一応載せておきます。
あとで鳴神山でも確かめてみようと思います。
0528ミヤマナルコユリ

そして花仙人宅へ戻ります。
花仙人のお庭には私の好きなお花が沢山咲いていました。
数日前には花が途絶えたというのですから、やはり自然は読めませんね^^

シモツケソウが咲き始め。とっても綺麗です。
0528シモツケソウ
ウスベニアカショウマも綺麗です。
私はピンクが好きみたいですね。
0528ウスベニアカショウマ
カラマツソウも見頃。
0528カラマツソウ
ここのユキノシタは茎が緑です。鳴神山のは赤いですよね。
0528ユキノシタ
ミヤマキンポウゲも見頃。
0528ミヤマキンポウゲ

ウツボグサ咲き始めです。
0528ウツボグサ紫0528ウツボグサ白
アップも綺麗です。
拡大してみると、シソ科らしさがよく分かりますね。
0528ウツボグサ紫アップ0528ウツボグサ白アップ

カワラナデシコ見頃でした。
ホタルブクロは咲き始めです。
0528カワラナデシコ0528ホタルブクロ
ムラサキツユクサも綺麗でした。
0528ムラサキツユクサ白0528ムラサキツユクサ
ヤマタツナミソウは鳴神山のものよりずっと綺麗でした。
鳴神山のは葉っぱがぼろぼろですよね^^;
0528ヤマタツナミソウ0528ヤマタツナミソウ2


先日まで見頃だったハンショウヅルはこんな形になっていましたよ。
0528ハンショウヅル
レンゲショウマは蕾が目視できます。
あの小さなわらびみたいのが、こうなるのかーと思いました^^
30本程花芽が立っていたと思います。
0528レンゲショウマの花芽

今日の花仙人のお庭のメンツは私好みが多かったです^^

このご時世、いろんな趣味がありますが、花巡りはかなりいい趣味だと自負しています^^
私にとっては、生きる糧といっても過言ではありません。
花仙人もおそらくそうだと思います。
生きるのが辛いなーと思っている方、是非自然へ足を運んでみてください。
絶対に、生きる喜びを得られると思います。
生命って凄いなと思えるはずです。
そして、自分の生にも思いが馳せていくと思います。
仮にぴんとこないとしても、通っていくうちに感受性が育っていくと思います。
掛け値なしでお勧めの趣味です^^

コアジサイの状況とミヤマナルコユリ。

登山口周辺ではコアジサイが見頃を迎えています。
0526コアジサイ登山口

鳴神山が誇る赤柴登山道の大群落はまだ蕾の状態のものが大半ですが、
少し咲き始めています。
赤柴登山道のコアジサイ。
0526コアジサイ

今年は花付きがいい気がします。
今年の見頃は1週間後でしょうかね。
例年よりちょっと早いのではないかと予測しています。

5月下旬から6月初めは木の花がとても綺麗です。
白い花が次から次へと咲きますよ^^

ハクウンボクは山中でも林道でもよく見かけます。
高い木ですが、時折目の前に花があることもあります。
良い香りがしますよ^^
0526ハクウンボク
オオバアサガラは登山口付近で見頃に。
0526オオバアサガラ
ガマズミとノイバラ。
ノイバラは先日よりも花が沢山咲いていて綺麗でした。
0526ガマズミ0526バラ
イボタノキにも遭遇。
0526イボタノキ

その他、ヤブデマリもまだ見応えがあります。
ウリノキはまだ開花は少ないです。
山頂ではアブラツツジ全盛、コメツツジも咲いています。




足元の小さなお花たち。
ミゾホオズキはよく見かけるようになりました。
ヤマハタザオはとっても繊細です。
0526ミゾホオズキ0526ハタザオ
クサノオウは今年初めて気づきました。
そんなに好きではないのですが、あるとやはり嬉しいです。
オカタツナミソウも1株だけ開花に出会えました。相変わらず可愛いですね。
ヤマタツナミソウはまだ見ていません。
0526クサノオウ0526オカタツナミソウ

ユキノシタは駐車スペース付近でかなり咲いていますが、
山中ではまだまだでした。
サワギクは順調に開花しています。

レンゲショウマの花芽は駒形の網の中で7つ確認できました^^
こちらも楽しみです。

さて、今日のハイライトはミヤマナルコユリです^^
ずっとホウチャクソウ???と思っていたお花でしたが、花仙人の助言で先日やっと判明。
嬉しくて仕方ありません。
今日もまだ咲いていましたので、ミヤマナルコユリとホウチャクソウの比較をしてみます。

左がミヤマナルコユリ、右がホウチャクソウです。
似てますよね。ずっとホウチャクソウの繊細型だと思っていました。
0526ミヤマナルコユリ10526ホウチャクソウ

左がミヤマナルコユリの花、右がホウチャクソウの花です。(ホウチャクソウの写真は2015年のものです)
ミヤマナルコユリはこれ以上花が開きませんが、ホウチャクソウは下部が少し開きます。
ホウチャクソウの方が緑が強いことも分かると思います。
0526ミヤマナルコユリ2ホウチャクソウ

いやはや。
長年の謎が解けてすごく嬉しいです^^
こんな花メインのブログをやっていると、昔から花好きに思われるかもしれませんが、
山歩きするまでほとんど花に興味ありませんでした^^ゞ
バラ、キク、チューリップ位しか分かりませんでしたよ^^ゞ
それが、いつの間にか頭の中がお花畑の狂人になってしまいました。
花で狂う人生もいいなと最近は思っています^^


静かな晩春を歩く。

(5月21、23日の記録です)

例年は5月いっぱいは鳴神山ばかりなのですが、
今年は5月半ばにして春の花が途絶え、我ながら途方に暮れたものです^^;

山中で白い花の木が目立ってくると、それは春の終わりであり初夏の訪れを意味します。
白い花は綺麗ですが、春の終わりという意味ではちょっと切ないですね。

ハクウンボクです。
駒形で初めて花が咲いているところを見ました。
高い木なのでなかなか気づかれません。
0521エゴノキ

コゴメウツギ、ヤブデマリが見頃。
0523コゴメウツギ
0521ヤブデマリ

オオバアサガラも咲き始め。
この花は初夏の象徴のような花です。
0523オオバアサガラ
ウリノキ、コアジサイも咲き始めました。
0523ウリノキ
0523コアジサイ


足元の小さなお花たち。
サワギク、コナスビが咲き始めました。
コナスビ探しは初夏の楽しみの一つであります^^
0523サワギク0523コナスビ

今年初めてホウチャクソウの開花に遭遇!
と思ったら、なんとミヤマナルコユリでした。
花仙人から御指摘がありました^^
実はずーっと、なんでこんなに繊細なホウチャクソウがあるのか、
他のものと時期が違うのかずーっと不思議に思っていました。
これは繊細なホウチャクソウだろうというのが私の結論でしたが、
今回やっと謎が解けました^^
0521ホウチャクソウ

ユキノシタが咲き始めました。
ユキノシタはやはり群落が見応えありますね。
今年も素晴らしい群落が見られることを期待しています^^
0523ユキノシタ

久しぶりの4登山道周遊。

今日は久しぶりに4登山道を周遊してきました。
もちろん、花が少ないのは分かっていましたが、
この目で確かめたかったのです。

駒形はいつもの通り、終わりかけのヤマブキソウとクワガタソウがちらほら。
肩の広場直下ではヤマツツジがかろうじて残っています。

久しぶりの山頂へ。
ヒメイワカガミもほぼ終わりでした。
桐生岳ではアブラツツジが咲き始め、その他ツクバネウツギ、コメツツジも一つだけ咲いていました。
コメツツジは早咲きでしょう。
さすがに早すぎます。
0516アブラツツジ大
0516コメツツジ0516ツクバネウツギ

その後大滝を下りてコツナギへ。
コツナギの登山口でFさんの車を確認します。
ラショウモンカズラは今年は咲かなそうですね…
川内側も今年はだめそうですから、仕方ありません。
登山道脇にはヒイラギソウがぽつぽつと咲いています。
以前は駒形登山道にもあったんですが、馬鹿に盗まれました( ノД`)
0516ヒイラギソウ

この日可愛かったのがクワガタソウです。
クワガタソウが好きな私は大喜び。
0516クワガタソウ1
0516クワガタソウ2

ユキザサもかっこいいのが撮れました^^
0516ユキザサ2
0516ユキザサ

カッコソウの場所でFさんとお会いします。
そして大滝で出会ったTさんにも。
カッコソウはかろうじて3株ほど残っていました……悲しいですね(;_;)
今日はらぶちゃんのベストショットも撮れました。

パンを食べ始めると近づいてくる食いしん坊の図。
0516らぶ1

餌を食べてお腹いっぱいで昼寝。
0516らぶ2

Fさんは本当にらぶちゃんを溺愛しているようですね^^
その後珍しく1時間程休憩していました。
この日は安い登山靴だったので、足が痛くて仕方ありませんでした。
4時間を超える山歩きには向いていないなぁと改めて実感します。

さて、赤柴へ下ります。
赤柴では特に目立ったお花はありませんでしたが、
ミゾホオズキに会いました。
0516ミゾホオズキ

今日は花は期待していませんでしたが、
コツナギでFさんとTさんとのんびりできて良かったです^^

レンゲショウマの花芽。

5月中旬といったら、
鳴神山が一番輝く時期なのですが。
……(´・_・`)
…………(;д;)
………………(つД`)ノ

今日は駒形往復だったのですが、
花のピークが過ぎてしまった鳴神山に今日もかなりの人が登ってきました。
「カッコソウはもう終わってしまったのですよ」
と話すのが辛くてね…
逃げ出したくなりました。
ある方と少し話をしたのですが、
花の現況を伝えるとその方の顔色が変わっていくのが分かりました。
私はもちろん悪くないのですが、なんだかいたたまれない気持ちでした。

春のお花がほぼ終わりかけの鳴神山ですが、
珍しくこんなお花にも出会えました。

ササバギンランです。
0515ササバギンラン
駒形で見るのは極めて珍しいです。
ササバギンランは1年に1回会えればいい方です。
今日はこれを見ただけでもラッキーだったのかもしれません。

さて、今日は花仙人に教えてもらった「レンゲショウマの花芽」を確認してきました。
(詳細はこの記事参照)
中腹より上の網の中のものです。

上から見下ろしたレンゲショウマの葉っぱをかきわけて花芽を確認してみます。
0515レンゲショウマ1
ありました。茎の付け根に黄緑色のイモムシみたいのがついていますがこれです。
まだ花芽が出始めたところですね^^
0515レンゲショウマ1-芽

網の外から写真を撮り、拡大してみると…
0515レンゲショウマ2
黄緑色のぜんまいみたいなものが二つありますね。
これが花芽です。
0515レンゲショウマ2-芽

という感じで花芽を確認したところ、全部で6つ確認できました。
夏が楽しみですね^^

4月下旬から咲く花が今年は壊滅的だったので、
今後はどうか、例年通りに咲いてくれればいいなと思っています。



花仙人のお庭から~ 初夏へ

5月のお花が清々しく咲いていました。
チョウジソウとクサタチバナ
0514チョウジソウ、クサタチバナ
チョウジソウ、シラン、アカショウマ
0514チョウジソウシランアカショウマ
アカショウマ
0514アカショウマ
アヤメ
0514アヤメ

花のアップの写真もいいですが、こうやって全体の様子が分かる写真もいいかなと^^
アヤメは見頃、チョウジソウ、アカショウマは咲き始め、クサタチバナはピークを過ぎています。

ハンショウヅルは光の当たり加減が違うものを2枚。
光の加減次第で、全く色や雰囲気が違いますね。
茶色っぽい印象でしたが、もっと明るい紅色でした。
0514ハンショウヅル1
0514ハンショウヅル
コアジサイも咲いていましたよ。早いですね。
0514コアジサイ

前回掲載したレンゲショウマの花芽がここまで伸びました。
前記事と比較してみてください。
0514レンゲショウマ
ミヤマキンポウゲが雑草のように咲き始めましたよ。
0514ミヤマキンポウゲ

チョウジソウは山野草としてはかなり大きなお花です。
山の中で見てみたいなぁ。
ニワゼキショウは人生初です。
珍しくないみたいですが、私は初めて見ました。お花らしくて可愛い♡
0514チョウジソウ0514ニワゼキショウ
クリンソウは今年は少ないようです。
カラマツソウ咲き始めです。鳴神山ではもちろんまだです。
0514クリンソウ0514カラマツソウ
エビネがまだまだ見頃でした。
雑草のように咲くウツボグサも花芽が目立っていました。
0514エビネ0514ウツボグサ

この日は花仙人の知り合いの方の病気が話題の中心でした。
難病で、かなり深刻だったので、私も聞いていて胸がつまる思いでした。
いやはや。
今ある健康を有り難く思う。
今日は改めてそんなことを感じた1日でした。


カッコソウプレートと一覧販売のお知らせ。※完売しました。ありがとうございました※

今が春真っ盛りのはずなんですが…


今日はコツナギから歩きました。
序盤でFさんとらぶちゃんに追いつきます。
群馬で一番有名な犬、らぶちゃんです。
順調に肥えています。
0512らぶ

Fさんに花の現況を伺います。
花の現況は10日と変わらないようです。
ヤマブキソウも、8,9日の雨で花芽が落ちてしまい、多くは咲いていませんでした( ノД`)
ヒイラギソウは咲き始め、ラショウモンカズラはまだ、
クワガタソウがいくつか、車道脇ではユキノシタが出番を控えていました。

フタバアオイの中のヤマブキソウ。
フタバアオイは標高の高いところでは活きがいいのに出合えました。
0512ヤマブキソウとフタバアオイ
0512クワガタソウ0512ユキノシタ
ヒイラギソウの群落近くのヒメウツギ。
ここのヒメウツギはコツナギ登山道で一番見応えがあります。
例年は見上げれば白、足元には青なのですが、
ここのヒイラギソウは去年鹿の食害に遭い、激減していました。
しかし、登山道脇にいくつか群落ができつつあります。
Fさんも映ってますね(^-^)
0512ウツギ

駒形登山道は鳴神山の中で一番盗掘されている登山道だと思いますが、
残念なことにコツナギ登山道でも盗掘があるようです。
Fさん曰く、セリバのヤマブキソウが盗られてしまったそうです。
憤懣やるかたなし。
しかし、面白いものを見せてくれました。
これはヤマブキソウの茎ですが、大元はよくある丸い葉っぱなのですが、
同じ株からこんなふうにセリバが生えているそうです。
こんな風に変化するんですかね。
0512セリバ



さて、今日はFさんからかわいいプレートをもらいました。
0512カッコソウプレート
奥様のお友達作のトールペイントのプレートです。
全て手書き、世界に一つです。
2015年にFさんが着ていたカッコソウTシャツの作者と同じ方だそうです。
Fさんも帽子につけていますが、私も帽子につける予定です^^

最後に、「鳴神山に咲く春のお花の一覧」をご紹介します。
0512一覧

去年も作ったのですが、売る側も積極的でなくうやむやになってしまいました。
今年はFさんに託してきました。
32種類の花を両面1枚にまとめました。
ラミネート加工していますので、丈夫です。

コツナギのカッコソウで販売しますので、
ご興味のある方はボランティアの方にお声かけ下さい。
登山道整備等、鳴神山保全活動に使わせて頂きます。

ちょっと時期が遅すぎたのですが(例年は今がピークですが)、
ご理解ご協力をお願いします。

※追記※
土日で完売したと聞きました。
今回は花の時期が終わってしまったことと、実験的な試みということで29部用意しました。
(30部でないのは、1部失敗したからです^^;)
売上金は募金箱に入れてもらいました。
こちらのお金は登山整備、植生保護活動に活用させてもらいます。
ありがとうございました。


今年の気象は花には過酷なようです。&白いお花たち。

8、9日と雨が降り、今日久しぶりに行ってきました。
天気予報は晴れでしたが、9時まではしとしと雨(もしくは霧雨)が降っていました。
その上、寒い。
あまりの寒さに、下山時は4枚重ね着をすることになりました。
おそらく10時頃まで山中は10度を上回らなかったのではないでしょうか。

さて、お花ですが、
残念なことにカッコソウはほぼ終わりです。
今年は数も少なかったですのですが、この3日間の雨と寒さでかなりダメージを受けているように見えました。
カッコソウだけではありません。
ルイヨウボタンもほぼありません。
下の方まで行きませんでしたが、株自体がすごく少ないし、あってもかなり小さいのです。
コンロンソウも数を増やす気配はなく、
ラショウモンカズラも葉っぱはありますが、まだ咲いていません。

今年は4月下旬から咲く花にとっては極めて厳しい気象条件だったかもしれません。
今日は心底がっかりしてしまいました。

今見頃なのは山頂近辺のヒメイワカガミと川内側のヒイラギソウでしょうか。
ヒイラギソウは開花からかなり経っていますが、
まだまだ見応えがあります。
コツナギ側のヒイラギソウはちょっと分かりません。

鳴神山山行をお考えの方は、当記事を参考にしていただけたらと思います。

この日の鳴神山のお花たちです。
山中は白いお花でいっぱいです。
ヒメウツギ、ミツバウツギ、ミズキ、オオカメノキ見頃。
ヤブデマリ、コゴメウツギ咲き始め。
山頂付近でツクバネウツギも見ました。
0510ウツギ
0510ミツバウツギ
0510ミズキ
0510オオカメノキ
0510ヤブデマリ0510コゴメウツギ
0510ツクバネウツギ

ユキザサを見られてとりあえず一安心。
0510ユキザサ
これはジュウニキランソウだと思います。
キランソウにしては色が白く、ちょっと立ち上がっているのが分かりますか?
私は初めて見ましたが、そんなに珍しくはないようです。
でも、鳴神山でお初の花です^^
0510ジュウニキランソウ




プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム