FC2ブログ

今年最高の感動。

ジャコウソウが咲いている網の中を丹念に見た。
蕾をつけているのが二つある。
網の外にも蕾をつけているのが一つ。
昨日簡易的に保護したが、もう少し枝を重ねて鹿に食べられないようにする。
よく見るとジャコウソウはこの近辺に沢山あった。

春からジャコウソウを観察し続けてきた。
ジャコウソウはまず葉が分かりにくい。
ヤマアジサイとよく似ているのだ。
最初はどれがジャコウソウか戸惑ったが、だんだん違いが分かってきた。
ヤマアジサイより光沢がなく、緑が濃い。
そして葉の形が少しだけ独特だ。

試しにジャコウソウの株をいくつか保護してみた。
しかし、蕾がどういう形でつくのか分からない。
ジャコウソウはマイナーなのか、ネットで調べても蕾の付き方がよく分からなかった。
鳴神山に来たら必ずジャコウソウをチェックしていたが、
ずっと分からないままだった。

約1週間ぶりとなった8月26日、ジャコウソウの蕾に気付いた。
飛び上がるほど嬉しかった。
黄緑色の小さなイモムシみたいな蕾。
それは誰が見ても蕾だった。
他の株はどうか。
黄緑色のとげみたいなものがあるけど、あれは蕾なのか。
よく分からない。

8月30日、
黄緑色のとげが蕾っぽく見えてきた。
これは蕾なんだ。
やっと分かる。
周囲を見回すと全部で3つとげがある株があった。


蕾をつける、つけないの差はどこで出るのだろう。
保護されていない場所にもかなり大きな株があったが、
今のところ蕾らしきものは見えない。
でも分からないな、蕾は突然出てくるからな。
そんなことを考えながら歩いていた。

ジャコウソウの株は上部でもあった。
昔は、もっと沢山咲いていたのだ。
半分ほど葉っぱが鹿に食べられている。
これから保護しても無駄なのだろうか。
試しに保護してみる。

今年はジャコウソウの開花にも出会えたし、
コキンレイカの開花にも出会えた。

絶滅寸前だと思われた花が、こうやって残っている。
私が初めて訪れたときの、花が沢山あった頃のラインナップがまだ残っている。
やはり保護が肝心なのだ。
そう思わずにいられない。

鹿の食害が全国的に深刻になっていった頃、
例えば尾瀬のニッコウキスゲ対策、例えばアルプス各地での山小屋単位での花の保護。
こんな話を聞いても、見ても、自分の近くの里山とは無関係だと思っていた。
だから、ある花が食べられてしまっても、来年は咲くだろうとしか考えていなかった。
どうして、こんなに無知だったのだろう。
花が好きな割には保護等には無頓着、というより全く知識がなかったのだ。
今でもそれが悔やまれる。
高をくくって、放置してしまった結果、絶えていったお花達。
私の目の前で消えていったお花達。
ずっとずっと悔やんでいる。

ヤマジノホトトギスを見ながら、今日もコキンレイカを確認しようと山頂へ向かって歩いていた。
そのとき、私の目に、絶えたと思われた花が飛び込んできたのだ。
アオヤギソウだ。
0831アオヤギソウ
どうしてこの花を早く保護しなかったのか、何度も何度も後悔したあの花が、ひっそりと咲いていた。
私はカメラを取り出して花の前に座った。
アブかハチが私の周りをぶんぶん飛んでいる。
カメラを構えながら私は泣き出した。
鳴神山の至宝の一つがまだ残っていたのだ。
嬉しくて仕方なかった。
何枚か写真を撮り終えた後、枝でどうにか柵を作った。
今度網を買ってこよう。
そして保護しよう。


今年はシデシャジン、コキンレイカ、ジャコウソウと絶滅寸前の花たちに出会え、とても幸せなのだが、
今日の再会はこれら以上に嬉しくて幸せだった。

私の願いは一つでも多く、鳴神山の至宝が生き続けることだ。

一つでも多く、至宝が現存するために、私は保護していこう。
こう誓ったのだった。








スポンサーサイト

ジャコウソウ開花、イワギボシ、ヤマジノホトトギス、コキンレイカ見頃続く

大事に大事に守ってきたジャコウソウが開花しました。
0830ジャコウソウ
0830ジャコウソウ2

たたがジャコウソウ?と思う方も多いと思いますが、
ジャコウソウは数年前までは20株以上、普通にあった花です。
その花が鹿の食害で激減、ここ1、2年では1つ花をつけるかどうかまで減ってしまいました。
今年は早めから保護をし、葉っぱも順調に育ってきました。
そのジャコウソウが開花してくれたのです。
感激です。
しかも見たところ、いくつか蕾をつけた株がありました。
保護以外の場所にも蕾をつけたものがあったので急遽保護。
嬉しくて仕方ありません。
「花の鳴神山」の復活を願ってやみません。
尚、私の言う花は春以外も指します。
春から秋までずっとずっと、沢山の花を咲かせてほしいと願っています。

イワギボシが見事です。美しすぎます。
目がくらくらするほど素晴らしい株に出会いました。
0830イワギボシ1
0830イワギボシ2

知りたい方は私に訊いて下さい。
機嫌と気分によって教えます^^

光を浴びたモミジバハグマと
0830モミジバハグマ
双子のヤマジノホトトギス。
ヤマジノホトトギスは沢山あってほっとしています。
0830ヤマジノホトトギス

山頂のコキンレイカも可愛く咲いています。
0830コキンレイカ1
0830コキンレイカ2

標高1000m足らずでコキンレイカが咲くんですよ。
鳴神山の至宝の一つです。

キバナアキギリの蕾をやっと発見。
なかなか見当たらなくて心配していましたが、見つけて安心です。
駒形のカリガネソウも咲き始めました。
保護をすれば咲くんだなーと改めて思いました。
0830キバナアキギリ0830カリガネソウ

写真は撮っていませんが、レンゲショウマもまだまだ咲いてます。
全体的にピークは過ぎていますが、まだ蕾があるんですよ^^
駒形だけでも全部で20個ほど蕾があったので、あと1週間は見られると思います。


鳴神山は標高1000mに満たない低い山ですが、
低山の花を知ると、高い山の序盤の花に詳しくなります。
こんな標高でも咲くんだとか、鳴神山とは時期が違うなとか、
いろんなことに気付きます。
高い山の、高いところに咲く花だけでなく、序盤から是非花を見て歩いてほしいと思います。
山は繋がっているんですから^^





イワギボシ見頃、ホトトギス2種、ジャコウソウ蕾とおチビちゃん

______________匂い立つ紫________________
0826イワギボシ

第2石門のイワギボシ、やっと見頃へ。
約20株咲いていました。
良かった良かった。

ジャコウソウが蕾をつけてくれました^^
0826ジャコウソウ
ビニルテープの拙い保護柵を常連さんの誰かが補強してくれました^^
0826ジャコウソウ保護

待っていたヤマジノホトトギスは10株ほど開花。
良かった良かった。
0826ヤマジノホトトギス
そしてタマガワホトトギス。
今日はタマガワホトトギスが10株程あった場所に気付きました。
うち2株は咲いていて、他はもう咲き終わりでした。
タマガワホトトギスは鹿に食べられ激減していたので心配していましたが、
これで安心です。
0826タマガワホトトギス

そしてかわいいかわいいおチビちゃんたち。
ちっちゃなコキンレイカが2株咲いています。
0826コキンレイカ1
0826コキンレイカ2

レンゲショウマはまだ見応え充分でした。
0826レンゲショウマ1
0826レンゲショウマ2


その他久しぶりに別の場所でコバノギボシに気付きました。
カリガネソウ、マツカゼソウはいまだに権勢を誇っています。

私は自然の豊かさとは植生の多種多様なことを指していると思います。
だから、特定の花だけが多いことは自然の豊かさとは言えないと思います。
私の目の前でいくつかの花が姿を消していきました。
嘆き悲しんでいるだけでは、自然がどんどん貧しくなっていくだけです。
だから、もっと守っていこうと思います。

そういう意味でも、
今日は嬉しい出会いがいっぱいでした^^

山に咲く

花を見るには速くてもコースタイムだと思っている。
コースタイムより速いと花は目に入ってこない。
車と同じで速ければ速いほど視界は狭まるのだ。
鳴神山駒形登山道では速くて1時間半で歩く。
私を知っている人は、私をさぞ鈍足だと思うだろう。


鳴神山を歩いて約6年。
ほとんどの花を知り尽くした私が今でも鳴神山を歩いているのは
花の生存確認のためだ。
あの花は今年も咲いただろうか、その確認のために歩いているといっても過言ではない。
近年は花が減る、花が滅することばかりに目がいってしまい、どちらかというと悲しい思いをする方が多い。
それでも、花を見つければ私は嬉しい。
花は山の笑顔だ。
山の微笑みに気付かずして、山を知ったとは言えまい。
今年もおまえに会えて良かった。
咲いてくれてありがとう。生きてくれてありがとう。
おまえがそこにいてくれるだけで嬉しいんだよ。
そう語りかけながら歩く。
昆虫に向かって必死にアピールしている花にとっては、
生産活動に何の関与もしない人間が自分の存在に一喜一憂していることをさぞ不思議に思うことだろう。
でもいいのだ。
私は蜜を吸わない昆虫なのだから。


8月22日3時45分。
平ヶ岳登山口を出発する。
数台の車が準備を始めていた中、私は一番に出発した。
頭にはヘッドライト、手にはハンドライト。
満天の星空の中、暗い登山道を私は歩き出した。
11時間とも12時間ともいわれるコースタイム。
さて、何時に帰ってこれるか。
始めは緩やかだったがあっという間に急登となった。
下調べで序盤から急登だと分かっていたが、多少高をくくっていた。
その上長い。
約2時間急登は続いた。
下台倉山辺りから左手に燧ケ岳がよく見えるようになった。
0822燧ケ岳

もちろん平ヶ岳の山容は全く見えてこない。
アップダウンの続くゆるやかな道をしばらく歩く。
ミヤマママコナ、リョウブ、ホツツジ、アキノキリンソウ、ツルリンドウ、アオヤギソウ、カニコウモリなどがあったが、
もう夏の花のピークは過ぎて種類が少なかった。
ほとんど今年見たことのある花ばかりだったが、
ミヤマママコナの白花を見つけた。
これは珍しいと思う。少なくとも私は初めて見た。
0822ミヤマママコナ

出来るだけ花に寄り道せず、先を急ぐ。
白沢清水を過ぎ、しばらくすると平ヶ岳が見えてきた。
0822平ヶ岳全容
歩き出して約4時間半にして、やっと自分の目指す山容が見えてきたのだ。
平ヶ岳はその名の通りなだらかな山容だった。
私は感動で身が震えた。
来て良かったとしみじみ思った。
百名山日帰り最難関と言われる平ヶ岳登頂に不安がないはずがない。
どうしてこんな恐ろしい挑戦をするのだと不安と後悔を抱えながら歩き出したが、
山頂が見えたときそれまでの負の感情は一掃された。
神のまします座を見て、私の足取りに力がみなぎった。
0822平ヶ岳全容2
池ノ岳への急登が始まる頃、平ヶ岳の全貌が見えてきた。
美しい。
池ノ岳への急登は序盤同様に厳しかったが、私は知っている。
歩き続けれけば、ゴールは近づくことを。
私の出来ることは歩くことしかない。
ゆっくりでも確実に歩を重ねてゆく。
オヤマリンドウ、ミヤマアキノキリンソウ、イワショウブ、ミヤマコゴメグサなどが登山道脇に咲いている。
手早く写真を撮りながら歩き続ける。
歩き出して約5時間で池ノ岳に到着。
0822池
仰天するほどの楽園が待ち構えていた。
牧歌的な、まさに神が戯れているような様相だった。

姫ノ池と湿原の美しさに感動しながら平ヶ岳へ向かった。

0822平ヶ岳への道2
0822平ヶ岳への道

枯れたキンコウカが湿原を乾いた金色に染めている。
今でも十分美しいが、花のピークの頃ならさぞ美しいことだろう。


9時20分登頂。
0822山頂

周辺を少し散策した後、どっかり腰を下ろして休憩した。
仰向けに寝転び、ストレッチをする。

0822山頂からの空

空が近い。
天国が近い。

私は初めて平ヶ岳の山容が見えたときの感動、全貌が見えたときの感動、
姫ノ池を目の当たりにしたときの感動をしみじみと思い出していた。
山でしか味わえないこの感動を知ってしまったら、また来たいと思わずにいられない。

それにしても、山ではなぜ神を感じるのだろう。
無神論者の私が山では思わず「神」という言葉を使ってしまうのだ。
天国に近いからだろうか。
私にとって、神とは逝ってしまった、私を愛してくれた人達を指すのかもしれない。
それなら合点がいく。
私の山歩きの目的の一つは天国にいる人達に会いに行くことでもあるのだから。


誰もいない山頂で私は空を見上げた。
きっと、あの人達は私の生存を確認してくれるだろう。
おまえが元気に生きてくれるだけで嬉しいんだよ、
そこにいてくれるだけでいいんだよと
そう思ってくれた人達はきっと。


空を眺めながら、誰かにとって私も山に咲く花なのだと思った。
やっぱり山に来なくては。
来続けなくては。
山に咲く花に向ける温かさと優しさを湛えた眼差しと同様の、
懐かしい眼差しに再会するために。






0345  駐車場発
0920  山頂着
0945  山頂発
1410  駐車場着





ちっちゃなコキンレイカ開花

ちっちゃなコキンレイカが開花しました。
0820コキンレイカ

良かった~♡
この小ささでよく花が咲いたものだと感心してしまいます。
もう一つ蕾をつけた株があるので、こちらも開花に辿り着ければいいなと思います。

レンゲショウマは8月中はずっと見られると思います。
(台風の影響は未知数ですが)
0820レンゲショウマ
ボタンヅルの方が目立ちますが、センニンソウも目立っていました。
0820センニンソウ
今年はマツカゼソウが凄いです。
0820マツカゼソウ

イワギボシは少ないですね。
今日はタマガワホトトギスの4つ目の咲く場所に気付きました^^
ヤマジノホトトギスの蕾にやっと出会えてほっとしています。
引き続き、秋の花も咲き誇ってほしいと思います。




レンゲショウマ見頃続く~夏紫

レンゲショウマは当分見頃が続くでしょう。
この蕾の数を見て下さい^^
0818レンゲショウマ4
0818レンゲショウマ3
0818レンゲショウマ2
0818レンゲショウマ1
イワギボシは今年は少ないのかな。
今日で蕾の状態は5株程確認しました。
尚、一番早く咲くのが第2石門のところです。第1石門のものは遅いです。
駒形では4ヶ所イワギボシが咲くポイントがあります。
0818イワギボシ
カリガネソウ、シデシャジンも健在。
0816カリガネソウ
0818シデシャジン

その他ソバナ、コバノギボシが咲いています。
まさに夏紫です。

マツカゼソウ、ボタンヅル全盛です。
センニンソウよりボタンヅルが多いですね。
0818マツカゼソウ
0818ボタンヅル

コバノギボシはまさに藪の中。今季3株目です。
オオヤマハコベも咲き出しました。
0818コバノギボシ0818オオヤマハコベ

その他、今日はタマガワホトトギスが咲く場所に新たに気づきました。
全部で3ヶ所。
良かった。
多ければ多いほど、分散していれば分散しているほど安心します。

17日より突然寒くなってきましたね。
鳴神山も今日は涼しく、アブは少なかったです。
そのせいか、久しぶりの展望が拝めました。

0818赤城山

猛暑より涼しい方が断然いいのですが、
花にとってはどうなのかなと考えてしまいます。
もう見られるはずの花に未だ会っていません。
ちょっと気がかりです。

最近読んだ本で、
花好きな人間は一生花に片思いだという言葉を見つけました。
言い得て妙です。
私も叶わぬ恋を、見果てぬ夢を出来るだけ長く見ていきたいと思います^^

レンゲショウマ見頃、イワギボシ開花。

鳴神山を愛する人が守ったレンゲショウマが順調に見頃を迎えています。
0816レンゲショウマ3
0816レンゲショウマ2
0816レンゲショウマ1

イワギボシ開花。
葉っぱの数から察するに、今年は少ないかもしれません。
0816イワギボシ1
0816イワギボシ2

マツカゼソウ全盛です。
0816マツカゼソウ

その他のお花たち。
ボタンヅル、センニンソウも見頃
0816ボタンヅル0816センニンソウ
このタマガワホトトギスの小ささを見て下さい。
咲いてくれてありがとう。
キンミズヒキもよく見られるようになりました。
0816タマガワホトトギス0816キンミズヒキ
最近は遅咲きのクワガタソウによく会います。
キヌタソウもまだまだ綺麗。
0816クワガタソウ0816キヌタソウ
トウバナ?もよく見かけます。
ヌスビトハギ、今年も見られて良かったです。
0816イヌトウバナ0816ヌスビトハギ
山頂近辺ではホツツジがまだまだ綺麗です。
ミヤマママコナはかなり増えました。
0816ホツツジ0816ママコナ
キツネノマゴは可愛いですね。
コバノギボシ激減しましたが、今年もどうにか会えました。(8月10日)
0816キツネノマゴ0816コバノギボシ
ゲンノショウコもよく見られるようになりました。
私の大好きなフウロソウ科のお花です。
とても小さなお花ですが、ミヤマタニソバも沢山咲いています。
0816ゲンノショウコ0816タニソバ


今日もソバナに会えました。嬉しいなぁ♡
0816ソバナ20816ソバナ1

今日は涙が出るような出会いがありました。
このまま、開花に至ってくれればと心から願っています。
私の大好きな鳴神山のお花が、出来るだけ減りませんように。

榛名山~百花繚乱

ある方に教えていただいて、榛名山に行ってきました。
榛名山、凄いです。
なんで今まで興味さえ持たなかったか、悔やまれます。

榛名山で出会ったお花をご紹介します。
(よく見る花、セリ科、菊は省略。力尽きてこれ以上編集できませんーー;)

フシグロセンノウ。大好きなお花です。
車道で見つけたら、車を停めて写真を撮ります。
0810フジグロセンノウ
レンゲショウマはかなり咲いていました。3分咲き位かな。
0810レンゲショウマ
イワタバコ。
台風で激減した鳴神山より多いかな。
0810イワタバコ
クサレダマ。お初です。教えていただきありがとうございます。
0810クサレダマ

ママコナ/マツムシソウ。
0810ママコナ0810マツムシソウ
コオニユリ/ツリガネニンジン
0810コオニユリ0810ツリガネニンジン
チダケサシ。美しい/ワレモコウ
0810チダケサシ0810ワレモコウ
名高いユウスゲはお初です。/ヒメヤブランはこちら側を向いているものが少なかったです。
0810ユウスゲ0810ヒメヤブラン
超絶可愛いタカトウダイ。惚れました。
0810タカトウダイ0810タカトウダイアップ
コウゾリナ/クルマバナ
0810コウゾリナ0810クルマバナ

エゾカワラナデシコ。ナデシコは山で会うと感動する花の一つです。美しい。
オトギリソウ。
0810カワラナデシコ0810オトギリソウ
オカトラノオはほぼ終盤でしたが見頃もいくつかありました。
キキョウが沢山!
0810オカトラノオ0810キキョウ
ノギランはどこで見ても美しい。/オオバギボシ
0810ノギラン0810オオバギボシ
ウツボグサはほぼ終盤でした。
ヒメシロネは久しぶりです。
0810ウツボグサ0810ヒメシロネ
シシウド/カワラマツバ
0810シシウド0810カワラマツバ
ハンゴンソウとキオン。
0810ハンゴンソウ0810キオン
ヤマホタルブクロとトモエソウ。
トモエソウは久しぶりです。
0810ヤマホタルブクロ0810トモエソウ
オトコエシとオミナエシ。
オミナエシは初めてかもしれません。
ハクサンオミナエシは沢山見ているのですが。
0810オトコエシ0810オミナエシ
カセンソウとコウリンカ。
カセンソウはお初、コウリンカは久しぶりだと思います。
0810カセンソウ0810コウリンカ
タマガワホトトギスはイワタバコの近くで。鳴神山と雰囲気が似た場所です^^
エゾミソハギも超絶美しかったです。
0810タマガワホトトギス0810エゾミゾハギ
ソバナも鳴神山と似た雰囲気のところで^^
ケナツノタムラソウは終盤なんでしょうかね。
0810ソバナ0810ケナツノタムラソウ
コバノギボシとシュロソウ。
どちらも数は多くなかったです。コバノギボシは咲き始めでしょうか。
0810コバノギボシ0810シュロソウ



比較的少なかったお花たち。
ネジバナとヌスビトハギ。
ネジバナは見つけると嬉しくなります。
0810ネジバナ0810ヌスビトハギ
ミズタマソウとオオヒナノウスツボ。
これを見て、鳴神山でミズタマソウだと思っていた花はタニタデだと思いました。
(早速修正しました)
ミズタマソウ、タニタデの類を他の山で見たのはお初でした。
オオヒナノウスツボは見つけると楽しくなります。
なんというか、ぶさかわいいと言うんでしょうかね。(失礼)
0810ミズタマソウ0810オオヒナノウスツボ
シロバナサクラタデかな?
アキノウナギツカミは咲き始め。
0810シロバナサクラタデ0810アキノウナギツカミ
ホソバノヨツバムグラだと思います。とっても小さいお花です。2,3ミリです。これ以上ピントが合いませんでした。
イワアカバナ。とっても可愛い。
0810ホソバノヨツバムグラ0810イワアカバナ

稀少だと思われるお花です。
コケオトギリかもしれません。花は1センチにも満たない。コナスビより小さいです。
ヒメナミキかもしれません。
タツナミソウみたいな白い花が二つ並んでいます。
0810コケオトギリ0810ヒメナミキ


今回も素晴らしい花旅でした。
Nさんありがとうございました。

尚、この後鳴神山に行ったのですが、バテて30分で帰ってきました^^;
花狂い末期患者故の症状ですな。

気が向いたら北陸、東北、北アルプスその他の山の花の紹介を期間限定でするかもしれません。

レンゲショウマ開花

待望のレンゲショウマ、開花です。
0806レンゲショウマ

今年は蕾がとても多いのでこれからしばらく楽しめそうです^^
鳴神山は全体的に開花が遅いですね。
ソバナもレンゲショウマも鳴神山よりもっと標高が高いところで既に咲いているのに、
鳴神山では咲いていないということが多々あります。
何故なんでしょうね。


先日、スズメバチに続き、アブに刺された管理人。
もう虫が怖くて花どころではありません。
暑いのにエマージェンシーシート(保温性あり)を被りながら歩いてました。
やばいです。
歩くサウナ状態です><

それでもいくつか写真を撮ることが出来ましたが、
本格的な虫対策を講じなければと考えています。
尚、ハッカスプレーはあまりアブに効くとは思いませんでした。


※イワタバコは台風の影響で数が少なく、ピークを過ぎています。
イワタバコ目的の方は群生を期待しないようにお願いします※


ソバナ2株目です♡
咲いてくれてありがとう♡
0806ソバナ

オニドコロといいます。
今日行き合った方に教えてもらいました。
アップにするととても可愛いです。
0806オニドコロ1
0806オニドコロ2

シデシャジン健在。
あと1週間はもつかな?
0806シデシャジン2
0806シデシャジン

今夏最高の再会・シデシャジンと

今夏最高の出会い、再会といっても過言ではないでしょう。
0804シデシャジン

シデシャジン、久しぶり♡と思っていたのですが、過去ログを見ると一昨年見ていました。
シデシャジンは数カ所で見ることが出来ましたが、どんどん減っています。
今年も、いつも見られた場所になくてがっかりしていましたが、どうにか再会することができました^^
個人的にはイワタバコやレンゲショウマよりも希少かつ貴重だと思っています。

その他のお花達
モミジバハグマ、ミズヒキ開花。
0804モミジバハグマ0804ミズヒキ
タマガワホトトギスは前回と違う株が開花していました。
イワタバコは群生していませんが、ぽつぽつと咲いています。
(台風の影響でかなり落花したと思われます。残念)
0804タマガワホトトギス0804イワタバコ
クサギは至るところで。
タマアジサイはちらほらと咲いています。
0804クサギ0804タマアジサイ



車道脇のキツネノカミソリも見頃でした。
0804キツネノカミソリ

キツネノカミソリは何故か毎年確認を忘れてしまいますが、
今年は見頃を見ることが出来ました。


プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム