FC2ブログ

教え合う喜び

過日、山A、Bに行ってきた。
Aは花1の群生がみたいから、Bは花1もあるが、山頂の花2の群生がみたいからだ。
どちらも秋に登頂した山だが、
夏は初めてだった。

まずは山A。
群生はまだかまだかというように歩いていく。
登山道沿いには割と花が少ないので、群生までは早めに歩いた。
群生地に到着し、足が止まる。
なるほど、これが「見事な群生」か。
5分咲き程度だが、凄さは分かった。

足が止まった私に追いついてきた人がいた。
会話を交わすとこの人は以前会った人だと思いだした。
居住地を尋ねると東海地方だという。
もしかして300名山の人ですか?と尋ねるとそうだと言う。
相手は私が覚えていたことに心底驚いていた。
その人とは2年前、袈裟丸で会ったのだ。
山頂より向こうでユキワリソウが見頃だと教えたのにそんなはずはないとその人は下山してしまった。
その後追いつき、ユキワリソウが見事だったこととその他の会話をした。
その人は300名山、花の百名山、地方百名山もほぼ制覇という凄い方だった。
あまりに強烈でびっくりした。
なにせ、見た目があまり凄そうではないから(失礼だが、ザックや服装が山ブランドではなかったので)
そのギャップに超驚いた。

私はその人に会えたのが嬉しくて、
登頂の予定はなかったが、山頂まで行って少し話をした。
もう1500座登頂していると言う。
その人はもう帰るというので、
私にしてはとっておきの情報を教えてあげた。
その人も九州の某花の素晴らしい山を教えてくれた。
(いつ行けるか分からんが)
結局その人の名前等訊かなかった。というより聞くのを忘れた。


その後山Bに行く。
山Bにも花1はあり、序盤でちょこちょこ咲いていた。
歩いて20分経った頃だろうか、
ちょうど花1に見惚れて転んだ私はある男性と行き合った。
その男性は花1の秘密の花園を私に教えてくれた。
でもまだ見頃ではないという。
あとで見てみなよと言って、その人は降りて行った。
なんとなく秘密の群生地はあるのは知っていたが、まさか誰かに教えてもらえるとは思わなかった。
私は花1は山Aで飽きるほど見たのでもう関心は薄らいでいたが、
その方の親切心に非常に感激した。
なんで、教えてくれたんだろう。
私は一言も花1のことなど言っていないのに。
私が花を見ながら転んだところを見たのだろうか。
それともいつもの変態歩きぶりから何かを感じ取ったのだろうか。
その後山頂を目指す。
花が少ないのでさっさと歩く。
途中からかなりの急登になる。

山頂付近のお花畑に着いたら帰ろうと思ったら、
山頂がお花畑だったので、結局登頂した。
なるほど花2が凄い。
1週間前ならば見事だったはずだ。
植生を確認してすぐ下山する。
先程行き合った夫婦に追いつく。
その夫婦は花1が見たくて山Bに来たという。
花1なら山Aだろうにと思いながら、よく見れば登山道脇に咲いていることを教える。
そしてさっさと下山した。
秘密の花園に到着し花1を見て来た。
10株程咲いている。
ほとんどは蕾だ。
登山道に戻り、少し迷った挙句、その夫婦を待つことにした。
東京からわざわざ来たというのだから、教えてあげたくなったのだ。
夫婦が来たので、内緒にしてほしいと念を押してから案内をした。
すごく感激してくれた。
私はその後さっと下山した。

花については、いろんな意見があると思う。
本当に花が好きで守りたいならばネット等に一切情報を載せないのがいいのかもしれない。
植生を守りたいならば、誰にも教えないで一人ほくそ笑むのがいいのかもしれない。
だけど、
正論では割り切れない感情というものがある。
花が好きな人なら分かる、花に出会えた喜びを誰かと分かち合いたいという感情だ。
この花を教えたら、自分と同じくらいに喜ぶんだろうなーという心優しい推測だ。

内緒にするのが一番かもしれないが、
思わぬ親切を受けたことのある人なら、誰かに親切をしたいと思うのが人間的な感情ではないだろうか。

私は何故か、山でとても親切に花を教えてもらえる機会に巡り合っている。
この嬉しさを誰かにも差し上げたい。

教え合う喜びというものが、山の花にはあるのではないかと私は思っている。
スポンサーサイト



山遊びとリスク

好天が続く8月となり、
一気に山に出かける人が増えたと思います。
そして登山者の数に比例して遭難事故も増えています。

私は通年遭難のニュースをチェックしていますが、
興味本位というよりも、どうしてこの人は遭難したのか、どうすれば防げるのか、
そういうことを考える為です。

ネットである敗退記事を読みましたが、
私はその人の甘さにいろんな意味で憤りを感じました。
3000m級、難易度の高い山なのに、
訓練不足、基本の不徹底、自覚の甘さが目立ちました。

長丁場の山を憧れるならば、
最低8時間は歩ける脚力が必要です。
そして、基本的な歩き方を身につけること、
自分に最適なペースの死守、最適な休憩の入れ方、
徹底した体調管理、高山病対策です。

まずは自立した登山者になって下さい。
誰かと一緒でないと歩けないならば、行かないで下さい。
自立した者同志が行くのが鉄則ではないでしょうか。

基本的な歩き方とは、
同じペースで歩くことです。
序盤突っ込む歩き方は初心者です。
最初は山に馴れるよう少しゆっくり30分以上歩きます。
馴れてきたら少しペースを上げます。
このペースで最後まで歩き通します。
つまり自分にとって、最適なペースで、ということです。

8時間は最低歩けるようになってください。
8時間歩ければ、10時間は歩けます。
8時間歩くにはどういうペースが最適なのか、把握して下さい。
その為には体型維持も重要です。

怪我や遭難の第1の原因は注意力、集中力が散漫になるからです。
これに尽きます。
では注意力、集中力(=気力)を維持するにはどうすればいいか。
気力は体力が落ちたときに落ちるのです。
ですから体力をつけるのが一番肝要なのです。

私は花が好きですが、花に集中しながら山を歩くのは本当にきついですよ。
先日の白馬岳では頂上宿舎まででしたが、約10時間で90種程度を見ています。
個人的には険しい岩稜歩きと花歩きは同程度の気力=体力が要ると思っています。
花が好きならば、歩く力も培って下さい。
体力があれば、集中力は持続し、素晴らしいお花と出会える可能性が高まります。

厳しい山行の場合は体調を万全にしてください。
寝不足で3000m級に行けば高山病になる可能性が高まります。
先日の白馬岳で登頂しなかったのは睡眠不足だったからです。
体調が整っていないならば、無理をしないでください。

山の遭難記事は、いつも批判めいた論調です。
遊びで死に行くのか、その救助費用は国が出すのか、
厳しい意見が多いです。

山遊びは死のリスクが極めて高い遊びです。
それを自覚して下さい。

そして、山を愛する者が忘れてはならないのは、
死が身近であるということは、生が輝く遊びでもあるということです。
死が隠された日常で生活する我々にとって、
これほど生(=死)を実感できる遊びは他にないのではないでしょうか。
リスクの大きい遊びではありますが、
生きていることを実感できる素晴らしい遊びでもあるのです。
これは山を愛する者ならば、胸を張って断言してもいいのではないでしょうか。

レンゲショウマ開花

レンゲショウマ、2つだけ開花しました。
見頃はまだまだ先のようです。

イワタバコ終盤、
タマガワホトトギス見頃、
ヤマジノホトトギス開花、
イワギボシ開花、
ジャコウソウ開花、
アオヤギソウ開花
しています。

イワタバコ見頃! & 虫に注意!

第2石門のイワタバコ見頃へ。
20190809イワタバコ4
圧巻は岩の上部です!
頑張って撮りましょう!!
朝早いので朝陽が眩しくてこんな程度ですが、10時過ぎからは最高の写真が撮れると思います!
20190809イワタバコ2
20190809イワタバコ3
人間目線のところはこんな感じ。
株は多いのですが、花付きは上部が圧倒しています。
20190809イワタバコ1

イワタバコは駒形第2石門以外の岩にも咲いています。
これは林道のもの。
20190809イワタバコ林道

でも第2石門が一番凄いです。
私は密かに「夏紫」と呼んでいます。(イワギボシも凄いのです)
実はイワタバコはあまり好きな花ではないのですが、
今年は第2石門で足が止まるほど圧倒されています。
今年は凄いです。
他の花の敵(かたき)をイワタバコがとったと言っても過言ではありません。
どこか遠くの山へ行く前に是非鳴神山に立ち寄り、近年最高のイワタバコを御覧下さい(^^)

その他のお花たち
ホツツジ咲き始めました。
20190809ホツツジ
ひっそりオトギリソウ。
心配していたのでほっとしています。
20190809オトギリソウ
カリガネソウは頑張っています。
20190809カリガネソウ
ノギランもまだ見頃です。
20190809ノギラン
ミヤマママコナは増えてきました。
20190809ミヤマママコナ

車道沿いのお花たち。
コバギボウシ。山中に咲くのはもう少し後ですかね。
20190809コバギボウシ
オトコエシ。
ずっと気になっていたので、車を降りて確認してきました。
20190809オトコエシ


あとですね、ハチについて!
第2石門の登山道付近にハチの巣があります。
地べたの木の根っこみたいなところです。
ここを通過するときは細心の注意を払って下さい。
ジジジという音が聞こえたら、それはハチの警戒音です。
今日、見ましたし、聞きましたよ^^;

アブも沢山飛んでいます!
第2石門から上でまとわりついてきます。
今のところ私は虫よけスプレーと殺虫剤携行で対応しています。
しかし一番は森林香という蚊取線香です。
今年はまだ使っていませんが、これは最強です。
虫が嫌いな方にはお勧めします!
森林香をつけて歩いている私の後を歩けば無問題だよ!

素晴らしいイワタバコとシデシャジン消失か(T_T)

今年のイワタバコは花付きが素晴らしいです!
20190806イワタバコ
20190806イワタバコ3

1枚目の花付き、凄いですよね。
こんなイワタバコ見たの初めてかもしれません。
全体で言うとまだ3分咲き程度でした。
思ったより開花が進んでいませんでした。
一気に全てが咲く気配はないので、岩壁が紫に染まることはないと思いますが、
今年は見る価値が大いにあると思います。

尚レンゲショウマはお盆期間には咲かなそうです。
今年はとにかく開花が遅いです。

タニタデやっと咲いたものを確認しました。
これもとても遅いです。
20190806タニタデ
ミズヒキも咲いていました。
20190806ミズヒキ1

さて。
私が大事に大事にしているシデシャジン。
3日に蕾を確認、今日は開花を望んで出かけました。
しかし、ないのです。
なんと、鹿にやられました。
茎が食いちぎられているのを見ました。

シデシャジンはどんどん減っていて、
私はずっと意味のない除草作業が原因だと思っていました。
違っていたんです。
鹿の食害で減っていたんです。
こういうことって、全て事が起きてからでないと分からないんです。
今回食害が原因だと分かったのは、蕾を確認した株が食いちぎられたのを見たからなんです。
なんでも後手後手です。
本当に歯がゆい。
鹿が原因だと分かったら、もっと早く策を講ずることができたのに。

バカって馬鹿って書くでしょ。
鹿は可愛いのにひどいなーと思っていた頃が懐かしい。
ほんとに鹿のバカ野郎ですよ。

愕然とした私は周囲を探しましたが、シデシャジンはありません。


私が次にしたこと、分かります?
そういえば、某林道にシデシャジンがあるという記述をネットで見たことを思い出したんです。
それで、その某林道にそのまま出かけました。
たった1行の記述、しかも1年以上前の記述を思い出し、私は車を走らせました。
スマホでその記述をもう1度見るとか、もちろんそんなことはしません。
(帰宅後探しましたが、検索にヒットしませんでした)
衝動的に私は向かいました。

そして某林道到着。
私は2度程来たことがありますが、ちょっと苦手なところで今でも敬遠気味です。
ゆっくり車を走らせながら、勘で車を停めては歩いて探すを繰り返しました。
頼りは自分の勘と経験です。
シデシャジンは藪の中にひっそりと咲くことが多い花です。
私はシデシャジンが好みそうな藪を探しては車を停めて歩きました。
我ながら無鉄砲で無計画ですが、怒りと悔しさで冷静さを失った私には理にかなった行動でした。
そんなことを30分程繰り返していると、
シデシャジンに出会うことが出来たのです。
20190806シデシャジン
標高が低いところなので、開花してからちょっと経った感じがしますね。


出会えたのはこの1株だけでした。
もう少し探したかったのですが、雷鳴がどんどん近づいてきて、空はどんどん暗くなってきて、
早く切り上げました。

しかし、我ながら凄い執念だと思いました。
自分は一体どう思われているのか分かりませんが、
私は花が好きですが、系統的に勉強もしていないし、全部の花をきちんと整理もしていません。
特に稀少種狙いでもなく、あえていえば山の植生の豊かさに触れるのが楽しいんだと思います。
自分が他人に比べて秀でているのは緻密さや真面目さでなく、勘と運だと思っています。
そして山(花)の神に割と気に入られているんだと思います。(本気で)

それにしても悔しい。
これ以上鳴神山の至宝を減らしたくない。
この私がいる以上、鹿のバカ野郎に鳴神山を剥げ山にさせたくないわ。(あと泥棒ね。ここ重要)



イワタバコ開花

イワタバコ、開花。
20190803イワタバコ
20190803イワタバコ2


今年の夏の花が遅いのは、猛暑になるのが遅かったからだと予想します。
なので、レンゲショウマも遅いのではないかなと思っています。

心配していましたが、イワタバコの花芽は沢山あります。
おそらく3~5日以内に一気に咲くのではないかと思います。
2枚目の写真は岩の上部のものですが、数日すれば写真が撮り易いところも沢山咲きますよ^^

コキンレイカ、まだ元気です^^
20190803コキンレイカ
カリガネソウは鹿に沢山食べられましたが、咲いてくれました!
20190803カリガネソウ
ミヤマママコナも開花。
20190803ミヤマママコナ
ミゾホオズキも開花が遅くて心配しましたが、至るところで見られます。
20190803ミゾホオズキ
マツカゼソウも開花
20190803マツカゼソウ
ボタンヅルは権勢を誇りつつあります。
20190803ボタンヅル
ノギランも沢山咲いています。
20190803ノギラン
タマアジサイもかなり鹿の食害で減りましたが、咲いています。
写真のものは早咲きで、蕾の方が目立ちます。
20190803タマアジサイ
遅咲きのクワガタソウです。
20190803クワガタソウ
キヌタソウも綺麗でした。
20190803キヌタソウ

そしてウバユリ。
20190803ウバユリ

ウバユリについては忸怩たる思いしかありません。
去年放置してもいくつか残ったので、今年も放置したら大変なことになりました。
慌てて保護したのがこの1株のみです。
20株程群生する箇所も今年は全滅です。
今年はレイジンソウの保護を重点的にしていたので、ウバユリには手が回りませんでした。
来年は川内側で最低でも5株は保護したいと思います。

今日の圧巻は鳴神山内ではなく、車道沿いでした。
キツネノカミソリ見頃です。
20190803キツネノカミソリ

花が好きな人なら気付くと思います^^
ゆっくり運転してみてください。

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム