スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日の出・御来光登山のご案内☆

展望のいい山では初日の出を拝みに出かける人が多いと思いますが、

鳴神山も御来光登山を楽しむ人で賑わう山です。

天気にもよりますが30~40人の人出があります。


例年の元旦の日の出時刻は6時50分前後です。

5時台から歩き始めることになるので、懐中電灯、ヘッドランプは必携です。

もちろん寒いので、防寒対策は完璧に。

一番寒いのは山頂で御来光を待っている間ですので、

毛糸の帽子、手袋、ネックウォーマー、ダウンジャケット、マルチケット等

冷えない工夫をしっかり!

個人的に持って行って良かったと思うのが、

手先足先用のカイロ、暖かい飲み物でした。

末端の冷えはこたえますよ~。

御来光を拝みながらの初珈琲はなかなかおつなものです^^


普段の山歩きの装備にヘッドランプと防寒具があれば大丈夫ですが、

只今鳴神山には雪がありますのでこれが厄介です。

アイゼン必携です。さらにストックがあると安心です。

梅田側の山道の状況はちょっと分かりませんが、

駒形から登る際にはアイゼンは必ず持っていって下さい。

闇と雪の中を歩くため、余裕を持って出かけることをお薦めします。


……………………………………………………………………………………


今年2013年1月1日の私の御来光登山の記録を載せておきます。

2013年1月1日。

山頂マイナス2度


05:20駒形駐車場着

06:35山頂着

06:50御来光


6時50分頃の日の出に合わせて登山口に着くと、、、ほぼ満車ドクロ

10台はあったかなぁ、とにかく急いで登り始めました。

ヘッドランプを付けて、暗い山道を登って行きます。

遠くにランプの列が見えてきます。あそこに追いつこう。

そう思いながらてくてくてくてく、前の2組を追い抜きます。

聞いていたよりもずっと暖かくて、歩き始めてすぐにダウンを脱ぎました。

慣れた道で何度か迷いながら闇の中を黙々と歩いて行きます。


杉林を抜けると大きな月が見えてきました。

月明かりの下、葉が落ちきった広葉樹の森を歩いて行きます。

山中で見る月は登山者にとって、たった一つの街灯のようです。
juke box


肩の広場手前で徐々に空が白んできます。

来た道を振り返ると、赤城山が登山者の光で輝いていました。

(写真の上部が白く見えるのはヘッドランプの光です)
juke box

山頂に着くと仲間が特別席を陣取っていました。

今までの心細い山歩きとは一転して、山頂は激混み、大賑わいです。

桐生市街が春の海のように白んできます。

空がどんどん色褪せてきて、透明な輝きを放ち始めました。

日の出方面の筑波山を雲が厚く覆っています。

例年より雲が厚いとのことでした。

雲を太陽が熱し始めましたが、なかなか姿が見えません

6時50分。やっと見えました!


juke box
歓声とシャッター音の嵐。

そしていきなりの「万歳三唱」!!

驚き、興奮、感動の初日の出でしたニコニコ



――――――――――――――――――――――――――――――――

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。