風神襲来!

【ルート】駒形~赤柴

【山頂温度】マイナス2度

【天気】晴れ

【風】激風

【展望】南はよく見える


寒波襲来の中、鳴神山へ行って来ました。

恐ろしい程の風と寒さでした。

最近の冬歩きは天気に恵まれて手痛い思いをしていなかったので、

今回は寒さでばてばてになりました。


第2石門を過ぎると風神の洗礼。

ここからは登れども登れども体が温まりません。

雪の凍結はだいぶ減りました。

登りはアイゼン要りませんが、下りは装着した方がいいと思います。

山頂も風神のお出ましで居られず、

富士山と浅間山を確認して一段下へ退散しました。

そんなに寒い思いをしたのに今日はプチ冒険へ。

東の匠、おおさんと風速10mはありそうな中を歩いて行きます。

途中で顔が凍るかと思いました。


赤柴林道に出るといくらか体も温まり、風もおさまり穏やかな気分に。

超寒い山の中ではカメラを取り出すもの億劫で何も撮りませんでしたが、

赤柴で何枚かパシャリ。


赤柴林道の沢の氷。この写真撮影目的で訪れる人もいます。


のどかな赤柴林道。

鳴神山は関東平野の里山といえども、標高約1000mあります。

吾妻山から鳴神山へ歩いてみると、

1ヶ月ほど季節が違うように感じられるほど、

鳴神山の寒さは別格です。

この連休は寒波襲来しますので、

鳴神山にお出かけの際には万全の態勢でパー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム