雨上がりのお花達☆

今朝方空模様が怪しかったので、

今日は川内側の一部分だけ歩いてきました。

11時頃からは青空が眩しいほどの晴天になりましたが、

9時頃は山頂はやめておこうと思えた空模様でした。


誰もいないだろう、と花を求めてふらふら歩いているとHさんに遭遇!

さすがに仰天しましたショック!


左/登山口付近。ハハコグサ。

右/車道のヒメオドリコソウ。
 


雨上がり、午前中の早い時間ということもあり、お目当ての花は皆花びらを閉じていました。


トウゴクサバノオ。ころんとした蕾も又可愛いです。
  


左/ツルネコノメソウ

右/コガネネコノメソウ

どちらも駒形。
 



第1石門付近のカタクリ。

30以上の蕾がありました。蕾だけでも圧巻です。

満開のカタクリ達に会えるのが次回のお楽しみです。


ニリンソウも蕾でした。

私は開いているニリンソウより淡いピンク色の蕾の方が可愛くて好きですドキドキ


赤柴林道へ歩いて行くと…


タチツボスミレ(推定)に

今年お初のエイザンスミレ(推定)。
 
ピンクのスミレも可愛いですドキドキ


そして開花していたカタクリ。

 


山の斜面にぽつぽつと咲き、眼下の人間を見下ろしているカタクリ。

思いもかけないところで目が合うと、神々しささえ感じます。

カタクリ群生地は各地にありますが、山中に控えめに咲くカタクリには詩情を感じます。


今日も楽しい花歩きでした合格




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム