初夏の芽生え☆

桐生市の最高気温が34度を超えたこの日、
鳴神山の山頂は30度と暑い日でしたが時折心地良い風が吹いてくれました。
深緑が進んだ山中は暗い感じさえします。
140601光落窪

先だっての雨でカッコソウ達も来年に向けての準備を始めたようです。
約1ヶ月間咲いてくれて感謝感謝です。

夏の準備を始めている鳴神山では至るところから葉っぱがどんどん出てきています。
上も下も緑の中、初夏の芽生えを探してきました。

登山口のウリノキがひとつふたつ開花しています。
くちばしが長いアヒルみたいでユーモラスです^^
140601ウリノキ

コゴメウツギが中腹辺りでも見られるようになりました。
140601コゴメウツギ1

コゴメウツギアップ。
花弁が10枚あるように見えますが、花弁5枚、ガク弁5枚だそうです。
長い方が花弁だそうです。
140601コゴメウツギアップ

コアジサイの蕾。
例年では6月中旬頃に満開になるコアジサイ。
今年は他の花同様開花が早くなるのでしょうか。
一番見応えあるのは赤柴登山道沿いの群生でしょうか。
140601コアジサイ

ユキノシタ。
登山口付近では見頃を迎えていますが、
赤柴林道のユキノシタはぽつぽつと咲いている程度です。
赤柴林道の群生は見応えがありますよ^^
140601ユキノシタ1
140601ユキノシタ2

次回はどんな変化に出会えるでしょうか(^0^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム