スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を越える_____鳴神山の春2014年(後篇)

春を降りる(後篇)

 アカヤシオが終焉を迎える頃、山頂に新緑前線が達した。わずかに残っている薄桃色のアカヤシオはどんどん緑に凌駕されていく。新緑前線が到来する前に、春一番にアカヤシオが咲くのは理にかなっている。緑があったらアカヤシオはその美しさを存分に発揮出来ないだろう。アカヤシオの後を継いで咲き始めたミツバツツジの濃いピンク色は新緑によく映えていた。ミツバツツジは新緑の時期に相応しい。

 ミツバツツジが咲き始めた頃、ミツバツツジと同じく濃いピンク色のカッコソウが咲き始めた。こちらも大雪に負けずに沢山咲いた。ロープ越しに眺めるカッコソウは他の山野草と違って距離感があり、なんとなく花壇にある花を眺めているという印象が強い。しかしカッコソウが登山道に普通に咲いているところを想像してみれば、この山野草がいかに傑出した花かが容易に理解できる。カッコソウはその形といい、その色といい、山野草の範疇を超えた美しさを誇る。その稀有な美しさが自らを滅ぼす一因となってしまったのは美しいものたちの哀しい宿命だろうか。

 それにしても新緑の時期に咲く花達は緑に映える。カッコソウしかり、ヤマブキソウしかり。ヤマブキソウの大きな黄色の花弁を看過する人は誰もいないだろう。ニリンソウの後を継ぐ形でヤマブキソウが咲きだしたが、ニリンソウの終焉に寂しさを感じる暇はなかった。生命の終焉以上に新たな生命が出現しているのだから。樹木ではヤマブキの代わりに白いヒメウツギが咲き始めていた。白い花だが黄色のヤマブキに優るとも劣らない華やかさがあった。

 植林で大方暗いコツナギ登山道の中で日当たりのいい場所がある。照明を落とした劇場に突如スポットライトが照らされたように眩いのだが、それは日当たりだけが理由ではなかった。横溢するヒメウツギでひときわ白く輝いているのだ。その眩さに目を伏せれば、足元に涼しげな青い花が花壇を形成していることに気づくだろう。ヒイラギソウだ。ヤマブキソウとヒイラギソウの共演するこの時期のコツナギ登山道は鳴神山の中でも最も華やかといっていいだろう。ヒイラギソウは春のトリを飾る花だ。つまりヒイラギソウの登場は春の終焉を意味しているのだ。ヒイラギソウが終わる頃登山道沿いの花はぱたりと消えた。春が終わったのだ。

 春が過ぎた山は深緑の影で暗くがらんとしていた。花の終焉とともに人の姿もすっかり減った。ヤブデマリ、コゴメウツギといった樹木の白い花が春の幕引きを知らせるかのように咲いている。生命の去来は毎日のようにあるのだろうが、春の終わりには去っていくものの数が圧倒的に多くなるのだろう。

 春が感動的なのは1年のうちで最も多くの始まりを内包しているからだ。始まりは終わりを孕む。その分喜びも哀しみも大きく、感情の振幅が激しくなる。1ヶ月かけて春を登り、1ヶ月かけて春を降りてきた感じがしたが、春という1年中で最も大きな感情の起伏の山を越えてきたというのが正しいようだ。

 寂しさと空虚さでいたたまれなかったが、私のちっぽけな郷愁などとは無関係に山は動いていた。コアジサイが開花し、カラマツソウやウバユリ、イワタバコやイワギボシの葉が目立ち始めていた。山は着々と夏支度を始めていた。終わりは始まりを孕むのだ。可憐なコアジサイの姿に私はすっかり夢中になった。私は一喜一憂しながら夏の山も越えていくのだろう。おそらく1年を通して大小無数の感情の山を越えていくのだろう。



(2014年6月記)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。