春の相伝☆ニリンソウ開花

ルート:駒形~山頂~駒形

山頂温度:17度

展望:霞がかっており、南方面はいまいち。

風:弱


昨日の風雨の影響が心配されましたが、生き物達はたくましく生を育んでいました。


鳴神山通信

鳴神山に音が戻りました。

沢の水が増え、中腹から登山口まで勢いよく水が流れていきます。

山中はこんなに賑やかだったのかと今更ながらに思うのでした。


第一石門の倒れたマンサクが既に来年への準備を始めていました。
鳴神山通信
来年も又花が咲きますようにと、心優しき山人達が今日もお世話していましたよ。


控えめな黄色の花が眠りにつく頃、第一石門の遥か頭上に新たな春が目を覚ましました。
鳴神山通信
この写真の中央上部にうっすらとピンクの花が見えます。ヤシオツツジです。

マンサクから春を相伝したようです。


目線を足元に移すと、小さな春が饗宴しています。

岩に群生するツルネコノメに大きく開いたアズマイチゲ。
鳴神山通信 鳴神山通信

咲き誇っているニリンソウ。

鳴神山通信
鳴神山通信
花弁の裏側のピンク色がなんとも可憐です。

裏が素顔で表が化粧した顔でしょうか?素顔の方が好きだなぁニコニコ


鳴神山通信 鳴神山通信
数は多くありませんが、カタクリがところどころで開花し、

登山道の脇のスギの葉っぱの下でカタバミが愛らしく咲いています。


鳴神山にどんどん春が広がっていますニコニコ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム