心優しき人達。

これは駒形中腹にある水場です。
青の匠、Hさん、Kさんが昨年作ったそうです。
私はまだ飲んだことがありませんが、美味しいという評判です。
水場


今日駒形登山道を下山しているときに登山道整備をしているkさんに出会いました。
段差のあるところを歩きやすいように整備していました。
青の匠や紅の匠が整備をしている姿は何度も見かけていますが、
(昨年からあまり鳴神山を歩いていない私にとって)他の人が整備している姿は新鮮でした。
私達が通り過ぎた後も黙々と作業を続けている様子に感動さえ覚えました。
こういう心の優しい人達のおかげで、安全に歩くことが出来るのですから。
本当にありがたいことです。

そして、こちらは私の個人的な話です。
いろいろあって私は半年以上まともに鳴神山を歩いていません。
3月末よりどうにか山歩きを再開することが出来、ブログも再開することが出来ました。
先日、Fさんに久しぶりに出会いました。
Fさんは私の復帰をとても喜んでくれて「お祝いしなくちゃなぁ」と言って下さいました。
私はこの言葉に心底感動してしまいました。
私の山歩き復帰を「お祝い」と言ってくれる人がいる。
Fさんの優しい言葉で、私の心は今もほっこりしています。

山では自分の予想以上の優しさに出会うことがあります。
山の自然にも、山に集う人にも感謝感謝でいっぱいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム