本日のカッコソウとコツナギ登山道の修復

天気予報がいまいちのせいか、今日は行きあう人の少ない静かな鳴神山でした。
雨は降らないものの、昨日に引き続きとにかく寒い!
ちょっと座って休憩するとたちまち身体が冷えてしまいそうでした。
そんな中、桐生駅構内にある桐生市民活動推進センター「ゆい」のグループがコツナギ口から登ってきました。
Sさんや「山旅」のおおさんといった鳴神山常連さんが引率していました。
賑やかな一行でしたねぇ^^


ちょっとお疲れ気味のカッコソウ。
今晩の風雨でどう影響が出るか心配です。
カッコソウ2

今日は久しぶりに大滝からコツナギへと周回しました。
その中で劇的に変わっていたのが、コツナギ登山道序盤の崩落地の修復です。

このように道の真ん中に崩落した部分があります。
ここの迂回路をFさんが作っていたのですが、青の匠がさらに改良しました。
崩落1

右に迂回していくと…
崩落2

なだらかな坂道となり…
崩落3

階段までありました。
さすが階段のスペシャリスト!
崩落4

ビフォーを知っている方なら、この力作、労作ぶりが分かると思います。
いやはや恐れ入ります。
いつもいつもありがとうございます^0^

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム