スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田側周回。満開のヤマブキソウロード。

今日は久しぶりに梅田側を周回しました。
大滝口~山頂~コツナギ口へと周回です。

登山口のシャガがとても綺麗です。
シャガ

大滝登山道はやはりきついですね。
ぜえぜえ言いながら登っていきます。

登山口序盤にはキランソウが沢山ありました。
キランソウ

大滝登山道はあまり花が多くないので、積極的に登りたいと思わないのですが、
今日はちょっとした発見がありました。

ウバユリがとても多いのです。
山腹はちょっとしたウバユリロードとなっていました。
ひょっとすると駒形より多いかもしれません。
今年の夏の楽しみが一つ増えましたね^^
ウバユリ2
茶色い棒のようなものは去年のウバユリの末裔です。
これだけあるということは…と想像するとわくわくします。
ウバユリ1

水場周辺には見事なユキザサを見ることが出来ました。
写真では全く分かりませんが、5株程のユキザサが同じ方向にお辞儀をしていました。
ユキザサ

ほどなくしてカッコソウ移植地へ。
約25株が開花していますが、コツナギ側に比べると寂しい限りです。
鳴神山にいらした際には大滝側だけでなく、是非コツナギ側も訪れて下さい。
感動が違います。
カッコソウ1

そして山頂へ。
久しぶりに誰もいない山頂!
雲が多い割には北と西方面が割とよく見えました。

仁田山岳から椚田峠まではヤマツツジがとても美しいです。
ヤマツツジ

椚田峠からコツナギへと下りていきます。
Fさんは寒い中今日もいらしていました。
少し休憩した後、コツナギ登山口へと下りていきます。
ルイヨウボタンもピークを過ぎていました。

さて、ここからは長いヤマブキソウロードです。
ヤマブキソウ
コツナギのヤマブキソウは今がピークのようで、圧巻でした。
駒形登山道に比べて、規模が大きいし数が多い!

久しぶりにセリバのヤマブキソウも見ました。
セリバ

1年ぶりにハナイカダともご対面です。
ハナイカダ

川内ではピークを過ぎたヒイラギソウですが、こちらでは見頃です。
登山道脇にいくつかの群生があります。
「普通に」存在しているのが不思議な感じです。
ヒイラギソウ1

ラショウモンカズラも2株登山道にありました。
ラショウモンカズラ

カッコソウ、ルイヨウボタン、フタバアオイ、ヒイラギソウ、ラショウモンカズラ、
本当に贅沢な登山道です^^

偶然にもコツナギ登山道の花のピークに立ち寄ることが出来ましたが、
今晩の風雨でどうなることやら。。。心配です。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。