スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉の状況と不思議な蜂の正体。

桐生岳から見た仁田山岳。
仁田山

鳴神山は山頂がちょっと色づいてきたところです。
今日は曇っていて、写真を撮っているときは色があまり鮮明に映らないなと思っていましたが、
こう見ると結構綺麗ですね^^

山頂のアカヤシオ。
山頂3
山頂(桐生岳)から仁田山岳へ行く道。
山頂2
山頂下。左の紅いのはアブラツツジ。
山頂1


今日は下山時に同行したか○○さんに、面白い虫を教えてもらいました。
登山口近くのアザミに、止まることなくずーっと翅をはためかせているのです。
蜜を吸う管が異常に長く、不思議な蜂がいるものだなぁと眺めていました。
ホウジャクガ

帰宅して検索してみると、この虫はホシホウジャク(星蜂雀)だと分かりました。
スズメガの仲間だそうです。
ホシが名前についているのは、胴体の白い斑点を指しているようです。
これは蛾なんですね。
ちょっと驚きました。
そんなに珍しい虫ではないそうです。

と今日ものんびりと山歩きを楽しみました^^

最後に本日のダイモンジソウ。
花がほとんどなくなったこの季節ではとても稀少な花ですね^^
ダイモンジソウ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。