スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨上がりの鳴神山は

夜半の雨に濡れた山肌からは清澄な空気が立ち上っていた。
湿った落ち葉を踏みしめながら、きらきらと輝く梢に気付く。
梢に雨の雫が珠のように垂れていた。

雫1
雫2

物言わぬ木々の涙と擬すれば切なく、
木々が纏うた装飾品と擬すれば美しく、
夜半の雨が必死に枝にしがみついていると擬すればなんとなく可笑しく、
見る者によって幾通りもの解釈が可能な光景だった。

ひたひたと冬は進行している。
小さな雫が目立つほど、木々は葉を落とし、山は色を失せているのだ。
背筋がぞくっとした。
撮影に気をとられて身体が冷え切ってしまったようだ。
私は慌ててカメラをしまい、山頂を目指した。




この日は暖かいという予報に反して、山の中は風が強く非常に寒い一日でした。
山頂の温度計は4度を指していましたが、体感温度はもっと低かったように感じました。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。