本日のカッコソウとコツナギ登山道。

今日は雨こそ降っていませんでしたが、午前は昨晩の雨がひき続いたような空模様でした。
私がコツナギ移植地に着いた9時頃は霧がかったような天気でした。
ざっと見渡すと100株程開花していたようです。
今年の花はどの花も早いですね^^;
もっと日が照っていれば、カッコソウの勢いも増していたと思います。

カッコソウ1
カッコソウ2

今日は梅田側を歩きました。
ちょっとバテ気味なので、大滝に車を停めてそこからコツナギの移植地までの往復です。
何故大滝口かといえば、運転が怖いからです^^;
大滝口からコツナギ口までは道幅が狭く、個人的には百名山レベルの怖さです…

大滝登山口に着くと、見慣れた方が立っていました。
私達がいろいろとお世話になっているYさんでした。
今日は4登山口で登山者数を調査するとのことでした。
(7時から10時までの大滝口からの登山者数は38名ということでした)
仕事中のYさんにさよならして、遊び人の私はコツナギ口に向けて歩き出します。

梅田林道
梅田林道2

林道もなかなか趣きあります^^

コツナギ登山口到着。
雨に濡れた登山道は滑りやすく、今にも雨が滴りおちてきそうな空は不安感を助長させます。
晴れるという予報でしたが、午前中はなんともいえない、不気味な雰囲気でした。

御荷場(おにば)橋に到着。
橋

下山時に橋を改修している青の匠に会いました。
(鳴神山には毎日のように来ているのにめったに会えないという噂の人。ナルカミスミレレベルの稀少さとも)
現在もまめに改良が加えられているそうです。
いつもいつもご苦労様です^^

水に恵まれたコツナギ登山道。
滝

沢

コツナギ登山道の沢は水量が多く、そして近いです。
水分(みくまり)の山のような雰囲気です。

久しぶりに登山口から登ったのですが、今日は新たな工夫に気付きました。

ラショウモンカズラが咲く辺りにこのような看板が。
ラショウモンカズラ看板

ラショウモンカズラも順調に育っています^^楽しみですね。
ラショウモンカズラ

さらに登ると…

看板2

ヒイラギソウのお花畑では…
ヒイラギソウ看板

ヒイラギソウ

ロープと共に看板が。
蕾が目視できるものがいくつかありましたよ。

コツナギを愛するFさんを中心になされたことだと思います。
下山時にはそのFさんとも遭遇しました^^
今年もカッコソウが順調に育ってくれて、Fさんも嬉しそうでした。

今日の最大のお目当てはカッコソウでしたが、もちろん他のお花の確認もしてきました。

今が盛りのフタバアオイ。
地味ですが、これだけ群生しているのはコツナギ登山道だけです。
コツナギ登山道を歩く際には是非ご覧ください。
フタバアオイ

個人的に一番会いたかったのはエンレイソウです。
今年は駒形では一つも花が咲かず、がっかりしていましたが、
コツナギでは豊富にあるので再会を楽しみにしていました。
しかし、葉っぱは沢山あるのですが、花がない!!
会えたのは1株だけでした。
これにはちょっと驚きました。
エンレイソウ

そしてオオヤマカタバミも見てきました。
オオヤマカタバミ
おそらくピークは過ぎていると思いますが、それでも20近くの蕾を確認出来ました。
オオヤマカタバミはコツナギ登山道が一番多いですね。
登山口から椚田峠まで間断なくありましたから。
お昼前後だったら開花に出会えたかもしれません。

カッコソウ移植地下辺りのルイヨウボタンも蕾が目立ってきました。
ルイヨウボタン

いやはや、楽しみです。
春は下手すると1日で山の様相が変わってしまいますが、
願わくば春の足取りに遅れないようにしたいものです^^





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム