スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏芽寄せ集めと新聞社の取材★

(6月27日と6月29日の記録です)

現在花の少ない鳴神山ですが、あちらこちらで夏のお花達が着々と準備を進めています。

ネット越しのレンゲショウマ。
レンゲショウマ
ヤマユリ。
ヤマユリ
柵の中のウバユリ。
ウバユリ
オカトラノオ。
オカトラノオ
アオヤギソウ。
アオヤギソウ

ウバユリ、レンゲショウマは鹿の好物のようで、第一のターゲットとなります。
そこで鳴神山の至宝を守るべく山男衆が保護をしていますが、このような成果となりました(嬉)
オカトラノオは数年前まで駒形にありましたが全滅、赤柴のものも鹿に食われています。
オカトラノオの開花が見られるかは今年は微妙なところです。

その他イワタバコ、イワギボシ、オオバギボシの葉っぱも順調に育っています。
今年はイワタバコが沢山咲くような感じです。
コツナギ、赤柴ではクサアジサイの花芽も確認出来ました。

26日に山頂の祠の台座を移動したと聞きました。
6月27日。
はて、ビフォーはどうだったかな。。。?
祠
3月14日。どうでしょう?違いが分かりますか?
山頂


27日に久しぶりに花仙人Tさんとお会いしました。
クモキリソウが咲いているということですが、話を聞いただけではなかなか場所が特定できません。

29日は幸運なことにクモキリソウの場所を知っている青の匠と登山口で会い、案内してもらえました。
29日も微妙な天気で、駒形中腹では雨に降られましたが、その後やみました。
この日も鳴神山を駒形→大滝→コツナギ→赤柴と周回してきました。

クモキリソウ。
久しぶりのご対面です。
クモキリソウ

その他のお花達。
キツリフネは6月から8月まで見られます。
キツリフネ
山頂のシモツケも開花。これも至宝。
シモツケ
保護ネットの中には何株もカラマツソウが咲いています。
これも食害にあっているのかもしれません。
カラマツソウ

登山口に着くとワイシャツ姿の男性が青の匠に近寄ってきました。
上毛新聞社の記者だそうで、今度鳴神山の記事を掲載するそうです。
青の匠の話を熱心に聞いた後、青の匠の写真撮影が始まりました。
私は途中で帰りましたが、どんな記事になるのでしょうか。
ちょっと楽しみです^^


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。