スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五里霧中の鳴神山を歩く。

梅雨空に泣かされて桐生市内に留まりながら毎日を過ごしています。
お休みの日が晴れに当たった人、おめでとうございます
(私のように)そうでない人、腐らずにやっていきましょう

さて、曇り予報の7月8日、鳴神山に出かけました。
山中は霧の中、まさに五里霧中です。
先行者は青の匠1名、びびりながら歩きます。
あまりにびびっていたので、ほとんど写真も撮っていません。

途中で青の匠に会いほっとします。
下山時にはダンボさんとOさんに会いました。

写真LOVEのお二方にはこの霧が絶景らしく、写真を沢山撮りながら歩いてきたといいます。
いやはや、私はびびりまくりでしたよ
自然を心置きなく堪能するには、まだまだ修行が足りないのでしょう。

8日の霧の鳴神山の様子はダンボさんのブログをご覧下さい^^


では、7月3日、6日、8日に撮った写真をご紹介します。

左/ムラサキシキブがところどころで咲いています。
右/鳴神山ではあまり見かけないオオバジャノヒゲ。
ムラサキシキブジャノヒゲ

盛りは過ぎていますが、山頂のコメツツジが沢山咲いています。
コメツツジ0706

待望のオカトラノオとご対面(^^♪
オカトラノオ

クサアジサイの花芽。
クサアジサイ703
アップ。
(咲いているものも見かけましたが、写真に撮りにくかったので撮っていません)
クサアジサイアップ703

花を保護するのは人間だけではない。
蜘蛛の巣に保護されたイワギボシの花芽。
イワギボシ







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。