微笑み童子その後。

先日掲載した木彫りの貴公子。
木彫り1

私は勝手に微笑み童子と呼んでいますが、
この微笑み童子、洒落っ気がついたようです。

どんっ。
微笑み2

洒落っ気というより、ただ寒いだけなのかもしれませんね( ‘o’)
まだまだ変化するという話ですので、今後もチェックしていくつもりです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム