スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金箔コアジサイと絶景かな絶景かなその2

今朝は雨も降り予報もいまいちでしたが、鳴神山へ。

ところが予報は外れ、最高の紅葉日和となりました。

土曜日から2日あけての駒形登山道は序盤から秋色です。
序盤1115

第1石門。
第1石門1115

駒形では第2石門より上が殊の外美しかったです。
もう活きのいい紅の葉っぱは落ち、落葉もかなり進んではいますが、
現在は橙色の葉っぱが綺麗です。

中盤11115
青の匠とダンボさん。
中盤2・1115

綺麗だねーと言い合いながら、ゆっくりゆっくり歩きました。
そして、山頂では今日も絶景が出迎えてくれました。

まるで海を眺めているかのような稜線。
海1115
袈裟丸山と裾に広がる低山。
袈裟丸1115
筑波山のくちばし。
筑波1115

第1展望台に移動。
赤城山と裾に広がる低山、筋雲。
赤城山1115

そして再び赤柴へ。
赤柴1・1115
赤柴2・1115
赤柴3・1115

晴れていたせいか、コアジサイが金箔を貼られたかのようにきらきら輝いていました。
凄い、凄い、と何度も呟きながら下山します。

林道も黄葉真っ盛り、登山口近くのモミジも見応えがありました。
登山口紅葉1115

明日も天気がいいので、行ける方は是非赤柴へ足を運んでみてください。
今は駒形よりも赤柴の方が黄葉が素晴らしいですよ(^-^)/

大注目の微笑み童子の続編は近日更新予定です(^-^)/








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。