早春の鳴神山

雪解けを待って、約2ヶ月ぶりに鳴神山へ。

3月中旬の鳴神山には少しだけ凍結箇所がありましたが、歩くには問題ないレベルでした。
枯れ山の様相は1月と変わらず。
変わってきたのは陽射しの温かさと色合いでしょうか。
早春の陽射しはまろやかですりガラスのようなぬくもりがあります。

上を見上げれば相変わらずの冬ですが、
足元には小さな生命が目覚め始めていました。

3月17日。
ハナネコノメの準備は万端。
ハナネコノメ317
3月24日。
ハナネコノメ全盛です。
相変わらず圧巻のお花畑でした。
ハナネコノメ1

そしていつものユリワサビ、コガネネコノメも元気に開花。
ユリワサビコガネネコノメ


初めましての福寿草。
福寿草317

鳴神山に福寿草があるなんて!
恥ずかしながら福寿草を初めて見ました。
通い慣れた鳴神山ですが、まだまだ新鮮な驚きがありますね^^
今年も良い花歩きができますように。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム