スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の妖精達の遅い目覚め。

春の妖精の遅い目覚め。
ニリンソウ

早くても心配され、遅くても心配されと
春の妖精達の動向ひとつにニンゲン達はやきもきしてしまいます。

今年はどこも開花が遅いようだと聞いても、今年はちょっと心配になりましたね。
鳴神山の妖精達もやっと重い瞼を開けてくれたようです。

左/トウゴクサバノオ。久方ぶりに満開を見ました^^
右/キランソウ。おそらくもっと早く咲いていたでしょう。
トウゴクサバノオキランソウ
左/カタクリ。よくある花ですが、鳴神山で見られると嬉しいです。
右/ハシリドコロ。今年もありました!例年並みの開花でしょうか。
カタクリハシリドコロ

イワボタン
黄緑色に光って見えるので見つけやすいです。
ニッコウネコノメ


実はこの日、私は仙人ヶ岳に行ってきました^^;
その後鳴神山に来たのですが、ばてて途中撤退していますーー;
(ちなみに、仙人ヶ岳のアカヤシオは只今フレッシュです。まだまだ蕾も多く、あと5日は見頃ではないかと想像します。
犬帰りから猪子山の間が良かったですよ。去年の見頃は4月序盤だったといいますからだいぶ遅いですね)
二つの山を歩いてみて、今回はエイザンスミレを比較することが出来ました。
左/仙人ヶ岳
右/鳴神山
仙人ヶ岳のエイザンスミレは八つ裂きのような葉のものばかりでしたが、
鳴神山のものは1枚の大きな葉が多いです。
鳴神山でも八つ裂きのものもありますが数は多くないように思います。
20キロ位しか離れていないのに地域差があって面白いですね^^
以上、素人の感想でした。
エイザンスミレ仙人エイザンスミレ

さて、以下は私がずっと探していたお花達です。
左/ヒゲネワチガイソウ。
ヒゲネワチガイソウは某所の道端に多く咲いていましたが、業者による伐採により激減しました。
かなりがっかりしたのですが、ヒゲネワチガイソウはその上の岩の上に花を咲かせるようになりました。
ヒゲネワチガイソウの初物を見るのはいつもこの岩だったのですが、
今日はその下の道端でヒゲネワチガイソウの開花を確認できたのです^^
植物の生命力に改めて感動します。
右/ヤマエンゴサク
今年はお花畑になるほど咲いていませんでした。
咲き終わりも多く、このお花の開花時期はかなり早かったようです。
ヒゲネワチガイソウヤマエンゴサク
アズマイチゲ
前回7輪ほど蕾を確認しましたが(この日はカメラを忘れました)、
良い状態で咲いているものは少なく、この花も横顔がベストショットです。
アズマイチゲの最高の状態に出会うのはなかなか難しいですね。
アズマイチゲ

今日のトリは妖精の中の妖精、オオヤマカタバミです。(個人的に春の花で一番好きです)
ものすごく撮りにくいところにありましたが、執念でとりました。
前回蕾を二つ確認しており、今日は絶対に撮ろうと思って鳴神山に向かいました^^
あと1週間から10日もすれば、北側では多く見られますが、私は初物に会いたかったのです。
いやあ、よかった。
オオヤマカタバミ

今年も咲いてくれてありがとうが沢山あった一日でした^^



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。