うつむいて歩けば、至宝に当たる!


今日は花仙人Tさんと鳴神山で「果てしない物語」を敢行してきました
(この文の解読は各自でお願いします♪(/・ω・)/ ♪)

今日もいろいろと収穫のあった一日でしたが、
その、「いろいろな収穫」を一瞬にして些細なものにしてしまうほどの出会いが最後に待っていました!

ジャン!!
0517カヤラン1
0517カヤランアップ


分かる人には分かるカヤランです!
念のために言っておきますが、カラヤンではございませんよ!

某氏A「今日はカヤランに会ったよ(ニヤリ)でも君には教えない(さらにニヤリ)」
私「…そうですか…」

某氏B「あっ、あそこの木にカヤランがある!ほらあそこにも!あなたにももちろん見えるでしょ?」
私「は、はあ…」(全然見えない)

…カヤランと言えば思い出す、むかつく思い出、遠い空…
と何かの唄を思わず替え歌にしてしまいたくなるような、眩い思い出しか私にはないのですが、
とうとうカヤランに出会えたのです^^

どこで会ったかと言いますと、


地面に落ちていました!
0517カヤラン2
私に会うために落ちてきたとしか思えません^^

実はいつものように花を探して歩いていたら、
たまたまカヤランを見つけた、それだけのことでした^^ゞ
しかも1本ではなく、2本も会ってしまいました!


ちょっと渋いフラワーアレンジメントみたいですね^^
0517カヤラン3

T仙人も私も狂喜乱舞しましたよ。
T仙人のお庭で以前見かけたカヤラン。
この経験があってこそ、山の中でカヤランを認識できたと言っても過言ではありません!

まるで中学生のメールのように「!」を多用してしまいましたが、
それほど大興奮の大事件でした!!!!!
今日のいろいろな収穫を吹き飛ばしてしまうほどの、素晴らしい収穫でした


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム