スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアジサイ、ユキノシタ全盛へ。6月16日、19日

春の花が途絶えると、鳴神山に静けさが戻ります。
花もめっきり減り、人の気配よりも動物の気配の方が勝ってきますが、
その分感覚が研ぎ澄まされるような気がします。

例えば今まで気にもとめていなかった木漏れ日や、日光でろ過された葉の透明な緑さえ、
宝石のように美しく感じてしまうのです。
木漏れ日0616

ウリノキ0616


さて、今年のコアジサイですが6月16日頃に見頃を迎えたようです。
例年よりちょっと遅い感じでしょうか。
去年が少し寂しい感じでしたので、今年は圧巻でしたね^^
16日から18日に鳴神山を訪れた方は素晴らしいコアジサイを堪能できたのではないでしょうか。
コアジサイ30616
コアジサイ20616

そして同時期にユキノシタも見頃を迎えました。
ユキノシタの土砂降りのようでした。
6月16日
ユキノシタ0616
6月19日
ユキノシタ0619
16日より19日の方が凄かったですね。
ユキノシタの見頃も例年より遅れています。
今年は少ないのかなと心配していたので、満開のユキノシタが見られてほっとしました^^

その他のお花たち。
オカタツナミソウ(左)、ヤマタツナミソウ(右)もよく見かけるようになりました。
オカタツナミソウは標高の高いところ、ヤマタツナミソウは登山口周辺や標高の低いところで見られます。
オカタツナミソウ1616ヤマタツナミソウ0616
久しぶりのスイカズラと山頂のシモツケの様子。
今年もシモツケは6月に開花しそうですね^^
スイカズラ0619シモツケ0616
綺麗だったコアジサイとヤマアジサイ。
アジサイのバトンタッチもそろそろですね。
コアジサイ0616ヤマアジサイ0619

いやはや、山、花はいいですね^^
先日など某山でお目当ての花に遭遇できたとき「ありがとー!」と花に向かって絶叫しましたよ^^ゞ
自分にとっては山を歩くことは生きることと同じですから、
少しでも長く、山を歩ける自分でありたいと願っています(^-^)/





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。