花の呪力

_________私は花に生かされている_________
サイハイラン3


台風一過の7月5日、尾瀬に向かった。
今回の目的は燧ケ岳登頂である。
天気予報はあまり良くなかったが、台風が去って晴れるかもしれないと踏む。
しかし道中は終始雨に降られっぱなし、不安は募る一方だった。
何度か車を停めてネットで雨雲レーダーを確認する。
7時には尾瀬から雨雲が去りそうだという予報を見直して、一か八かで大清水へ向かう。

4時過ぎに大清水に到着。
空がうっすらと明るくなり、
2組のグループが出発の準備をしていた。
背中を押された気がした。
6時台までは雨に降られるかもしれないが、燧ケ岳登山口に着くまでには雨が上がるだろう。

4時半頃、駐車場を発つ。
30分程歩くとぽつぽつと雨が音を立て始め、カメラをしまい合羽を羽織る。
タニウツギやヤグルマソウに遭遇。
バスに追い抜かれるが、バスに乗っていたらこれらの花に会えなかっただろうと、
私はご機嫌だった。

一ノ瀬に到着する頃から雨足が強くなった。
ここから三平峠はちょっとした登り坂が続くが、ここでかなり強く雨に打たれる。
これも想定内だ。そのうち雨も上がるだろう。

6時半過ぎに三平峠に到着。
雨はどんどん強くなるばかりだった。
閉まっている売店の下で雨宿りをしていると、山小屋の方が近寄ってきて、
山小屋の玄関にどうぞと声をかけてくれた。
好意に甘えて私は玄関でしばらくの間雨宿りをした。

雨は少し勢いを落とし、時折青空も見えてきたので、山小屋を発った。
尾瀬沼沿いに出ると、リュウキンカ、コバイケイソウ、水芭蕉、ハクサンチドリなど湿原の花、高山の花が出現してきた。
俄然テンションが上がる。
そのうえ、二重の虹までが見えてきた。
これは幸先がいい。今日はきっといい日になるはずだ。
二重虹


長蔵小屋を経て、大江湿原の分岐に出る。
ミツガシワやリュウキンカ、ハクサンチドリ、タテヤマリンドウ、イワカガミ、ヒメシャクナゲが美しい。
写真を一通り撮り終えて、長英新道入口へと向かう。
一旦止んだと思われた雨が再び降り出し、雨足も強くなってきた。

7時半過ぎに長英新道入口着。
雨は一向に降りやまない。
先程まで見えた青空はどこかに消えてしまい、灰色の雲が尾瀬沼を覆っていた。
もちろん、燧ケ岳の姿も見えない。

逡巡した末、今回は燧ケ岳登頂を断念した。
2時間以上雨に降られて、私の気合いは削がれてしまったようだ。
ならば、沼尻から尾瀬ヶ原に向かってみるかと思うのだが、雨足は一向に弱まらず、
元来た道を戻った。

大江湿原の方へ引き返すと、青空が広がり始めた。
天気はどんどん回復し、燧ケ岳の全貌さえ拝むことが出来た。
私は両手を腰に当て、途方に暮れた。
もう少し、度胸があれば。
もう少し、予報を信じる力があれば。
これから登頂するには時間が遅すぎた。
燧ケ岳の姿を横目で見やりながらとぼとぼと下山し始めた。

燧ケ岳

意外かもしれないが、私は花に触れることと同じくらいに山を歩くことも好きだ。
今日も沢山の花に触れることが出来たが、一番の目的であった燧ケ岳登頂は果たせずに終わった。
終日雨なら諦めもつくが、登頂を断念した後に頭上に広がった青空と目撃してしまった燧ケ岳の姿。
後悔やらなにやらで、私の体は鉛のように重かった。

一ノ瀬に戻る。
行きで撮れなかった花の写真を撮ろうと思い、歩いて帰ることにした。
暗い早朝では気づかなかったが、思いの外花がある。
写真を撮りながらふらふらと歩いていると、ふと緋色の花が目に飛び込んできた。
サイハイラン

釣り竿のような茎に、緋色のほうき星のような花がいくつか風にゆられているかのようについている。
それは七夕の短冊のようにも見えた。
その不思議な形状に見入っているうちに、その花の素性に行きあたった。
サイハイランだ。
どうして、この時期に、この場所で邂逅できたのか。

サイハイランは6月初旬に桐生で花仙人と見たことがあった。
しかし、それはもう花期が終わり、枯れてしまった姿だった。
あのとき、どうして1週間前に見に行かなかったのか、私は激しく後悔した。
花との邂逅は一期一会の場合が多く、
花の一番美しいときに居合わせるのはなかなか困難なのだ。
だからこそ、好機を逸してはいけないのに。

サイハイラン2

その見逃してしまったサイハイランが目の前にある。
会いたくてやまなかった、幻の花だ。
涙がこぼれた。
生きていて良かった。
そう思った。

時折、思い入れの深い花に巡り合うことがある。
どうしても見たい花、今年も見たい花、きっかけは様々だがそう思える花がある。
そんな花に巡り合ったとき、私の中で時は止まってしまう。
花以外のものは何も目に入ってこない。
山行中なので長居をすることはないが、その短い時間が私には永遠のように感じられるのだ。
私はいつも花に試されているような気がする。
己に辿り着けることが出来るのか、お前の想いは如何ほどなのかと。
そして、己に再会できるほどの力があるのかと。

それは、物言わぬ花の放つ言葉、のようであった。
それらの問いかけは徐々に命令口調、まじないへと変わっていく。
お前は己に辿り着け。
想いを深く持て。
来年も再来年も再会できるだけの力を持て。
そのために生き続けよ。

私が山を好きなのは、また来たい、もっと生きたいと強烈に思えるからだ。
山に咲く花々に、生きろ生きろと何度もまじないをかけられたいからだ。

もっと山を歩き続けたい。
もっと花に巡り合いたい。
私に甘美なまじないをかけてくれる花に会いたい。
生きることの喜びで輝きを放つ花に会うために、私は山を歩き続けるだろう。




今回尾瀬で会ったお花達。(一部省略しています)

大清水から一ノ瀬
ヤマオダマキ/タニウツギ
ヤマオダマキタニウツギ
ヤグルマソウ/ノビネチドリ
ノビネチドリはハクサンチドリより見事だった。
ヤグルマソウノビネチドリ
コケイラン/ミゾホオズキ
コケイランはエビネによく似ているが、地味だ。
コケイランミゾホオズキ

尾瀬沼周辺~大江湿原
シナノキンバイ/コバイケイソウ
シナノキンバイコバイケイソウ
リュウキンカ/ミツガシワ
リュウキンカミツガシワ
ヒメシャクナゲ/ハクサンチドリ
ヒメシャクナゲハクサンチドリ
ツマトリソウ/タテヤマリンドウ
ツマトリソウは今年やっと見られた。
ツマトリソウタテヤマリンドウ
オオバミゾホオズキ/オオバタチツボスミレ
オオバタチツボスミレは大きくて目立っていた。
オオバミゾホオズキオオバタチツボスミレ
イワイチョウ
イワイチョウ

長英新道分岐周辺
タケシマラン/ミドリユキザサ
タケシマランミドリユキザサ
ゴゼンタチバナ/キヌガサソウ
ゴゼンタチバナは至るところにあった。
ゴゼンタチバナキヌガサソウ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム