春の証

雪化粧の八ヶ岳が徐々に霞に包まれてゆく。
慣れ親しんだ八ヶ岳の姿が遠ざかるのは寂しいが、それは春の到来の証でもあった。
待ち焦がれていた春の最中に、私は既に立っていたのだ。
山頂

久しぶりの山頂でしたが、予想最高気温18度の本日は全く見えませんでした。
登山道の雪は大方消えていますが、ところどころに凍結があります。
椚田峠への道がちょっと怖かったですが、ストックがあれば大丈夫だと思います。

第2石門より上。
山肌にちらほらと雪があります。
中腹
肩の広場直下。
この雪は3月10日に降ったものでしょうかね。
10日に鳴神山に行こうと車を走らせたのですが、
桐生の山並が白かったので急遽Uターンしました^^;
肩の広場直下

さて、
お花たちです。
カタクリ、ニリンソウの葉っぱを確認してきました。
もうカタクリが咲いている里山もありますが、鳴神山の春はもっと遅いでしょう。

むしろ鳴神山は早春真っ只中です。
ハナネコノメの最大規模の花壇は準備万端です。
ハナネコノメ1
満開のところもありましたよ^^
ハナネコノメ2

こんな花も咲いています^^
福寿草
ユリワサビも咲き始め。
ユリワサビ
幸先いいです。カヤランは5株も見てしまいました。
おそらく花神さまに私は愛されているのでしょう^^
カヤラン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム