スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぞの香りの良い花☆

先日赤柴林道を歩いていると、足元に可憐な白いお花を見つけました。

鳴神山通信
薮の下から木の蔓が1本伸びていたのです。

蔓をひっぱってみても元の木がどれだか分かりませんでした。

蕾はいくつかありましたが咲いていたのはこれだけでした。

嗅いでみると上品な甘い匂いがします。

家で調べてみようと葉の写真も撮っていきました。

鳴神山通信


家に帰ってパソコンで「6弁花の白い花」を探しても出てきません。

おかしいなおかしいなと思いながら調べていくとどうもマタタビ(蔓性植物)のようです。

マタタビは5弁花なのですが、写真に撮った花はたまたま6弁だったようです。

葉の形もそっくりです。

私が見た蔓には「マタタビの特徴的な白い葉」はありませんでしたが、

おそらく合っていると思います。


マタタビの花は香りが梅のように良いことから「ナツウメ」とも呼ばれているそうです。

やっぱり香りが良いお花はいいなドキドキ

今度確実に出会える可能性は低いのですが、沢山あった蕾の開花が楽しみですニコニコ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。