FC2ブログ

尾瀬沼便り~狂喜蘭舞

6月19日の見頃の花はワタスゲ、タテヤマリンドウ、オオタチツボスミレ、エゾムラサキでした。
0619ワタスゲ
0619タテヤマリンドウ
0619オオタチツボスミレ
エゾムラサキは初対面でした。
尾瀬沼周辺にて。
超可愛いです
0619エゾムラサキ2
0619エゾムラサキ1

まだ見頃ではありませんが、今年はコバイケイソウの当たり年です。
0619燧とコバイケイソウ
0619コバイケイソウ
見頃の株もありましたが、ピークは1週間後でしょうか。
長蔵小屋近辺の群落が素晴らしかったです。

その他、
場所によって見頃だったお花達。
マイヅルソウ。
0619マイヅルソウ
ゴゼンタチバナ。
0619ゴゼンタチバナ
緑色のゴゼンタチバナ。ミドリゴゼンタチバナというそうです。
0619緑ゴゼンタチバナ
ベニバナイチヤクソウは尾瀬で初めて見ました。
毛木平で沢山見たけど、やはり嬉しいですね。
沼の南岸にて。
0619ベニバナイチヤクソウ

その他目立ったお花達。
ラショウモンカズラがあってびっくり。
ちょっと終盤でしたが、20株位ありました。
終盤だからか雨の影響だからか見映えのいいものは少なかったです。
ヤマオダマキは登山口にて。お手植えかな?
0619ラショウモンカズラ0619ヤマオダマキ
シラネアオイがまだあってびっくり。
長蔵小屋付近にて。
これもお手植えかな。
サンカヨウもまだ2株ありました!
三平峠から尾瀬沼への道にて。
0619シラネアオイ0619サンカヨウ
シナノキンバイは大江湿原の一角にて。
オオバミゾホオズキは咲き始めです。尾瀬沼周辺にて。
尚、大清水から一ノ瀬の間にはミゾホオズキ、オオバミゾホオズキがありました。
0619シナノキンバイ0619オオバミゾオズキ
キヌガサソウは尾瀬沼北岸にて。
今年は雪解けが早かったので、なんともう終盤だそうです。
燧ケ岳登山道以外ではここだけが見頃だそうです。
ツボスミレの紫版、ムラサキコマノツメというそうです。
これも初めて見ました。
0619キヌガサソウ0619ムラサキコマノツメ

水曜の天気予報が悪かった為、火曜に出かけてきました。
近場でどこにしようか、いくつかの候補から尾瀬沼にします。
某ブログで得た情報で決めました。

大清水からの往復ですが、車が少ない!
7時時点で20台あったかどうか。
火曜日は睡眠不足が溜まっていて調子がいまいちなので、尾瀬沼周辺までとしました。

尚、この時期にしたのは今年は花が2週間早いからです。
となると7月上旬に見られる花が見られるかなという期待を持って出かけました。
大清水から歩きましたが、思いの外花が少なかったです。
ヤグルマソウも全然咲いていませんし、タニウツギは咲き始めでした。

この日のお目当てはいくつかの蘭です。
なかなか見つけられませんでしたが、序盤でノビネチドリも見つかりました。
序盤のお目当てはこちらです。
コケイランです。
別名ササエビネ。なるほど。
去年見つけたところで見つからなくてがっかりしていましたが、
どうにか見つかりました^^岩の下。
0619コケイラン
そしてショウキランの蕾にも遭遇^^
これは行き合った人に教えてもらいました。
0619ショウキラン


沼周辺ではハクサンチドリとノビネチドリが見頃です。
ハクサンチドリは湿原ではまだ咲き始めでしたが、尾瀬沼ビジターセンター付近では良い状態のものが見つかりました。
今回はビジターセンターや売店の方に訊いて良い状態のお花を見られました。
まずビジターセンターにて、エゾムラサキはどこにあるかと尋ねるとそこまで案内してもらいました。
お初の花だったので凄く嬉しかったです。
その後花のイメージが分かったので、沼周辺でも見つけることが出来ました。
そしてハクサンチドリとノビネチドリについても、両方が咲いていて、近くで見られるところを教えてもらいます。
ハクサンチドリは湿原ではまだ咲き始め、
ノビネチドリは沼周辺や大江湿原では見つからなかったので凄く嬉しかったです。
ノビネチドリとハクサンチドリ。
並べると違いは歴然としていますね。
0619ノビネチドリ0619ハクサンチドリ

皆さんも臆することなく、是非ビジターセンターの方に尋ねてみて下さい。
想像以上に親切です。
さて、その後売店で買い物をし、キヌガサソウのことを尋ねました。
昨日のお客さん情報でキヌガサソウは沼北岸に咲いているというので、
そこまで行ってみることにします。
しかしキヌガサソウも終盤だそうです。
今年は早いですね。

ビジターセンターの方に訊いて、沼1周より大江湿原の方に行った方が良いと知り、
この後湿原の方へ向かい、キヌガサソウのところまで行って引き返すことにしました。

尾瀬沼周辺は人が少なく、私にはとっても良かったのですが、
この時期なのに水芭蕉目当ての人が多くて驚きました。
何人かに花の見どころを教えると誰もが怪訝そうな顔をします^^;
何故だろう。
せっかく尾瀬に来ていくつかの見頃の花を見ずに帰るのはもったいないというのが私の信条です。
この日は漫然と歩いていると目に入るのは
ワタスゲ、タテヤマリンドウ、コバイケイソウ程度です。
コバイケイソウだって群落を知らなければぽつぽつとある程度です。
サンカヨウ、オオバミゾホオズキは分かる人にしか分からず、
ノビネチドリ、ハクサンチドリは見頃の場所を知らなければあれほど感動できません。
エゾムラサキも咲いている場所を知らない人には見つからないと思います。
あの程度で満足できる方が私には理解出来ません。

でもこの日の最大の目的はサイハイランでした。
大清水から歩いたのもサイハイランが見たいからです。
しかし見つからない…
帰りもサイハイランを見つけるために歩くことにしました。

尚、睡眠不足の私は途中で具合が悪くなってしまいました^^;
花を探す気力もありません。
三平峠でしばらく休んでから下ります。
せっかく売店の方に三平峠にあるキヌガサソウの場所も教えてもらったのに、
このときは気力がなくなり記憶も曖昧になってしまって見つかりませんでしたーー;
(今年は花期が早いので咲いていたか分かりませんが)

一ノ瀬に下りる頃には少し元気が復活したのでバスを利用せず歩いて帰ります。
行きでも気づいていましたが、かなり鹿に食べられた跡があります…
ずーっとずーっと探していたのですが見つかりません。
しかしとうとう見つけた!!!
なんと、今年はネットが新設されていて、その中にあったのです。
これでは分かりませんよね。
私の予測通りに既に見頃でした。
0619サイハイラン2
0619サイハイランアップ

最後の最後で大喜びです。

この日は7月の花は思ったより少なったのですが、
ビジターセンターやスタッフの方に話を訊いて状態の良いお花を見ることが出来て大満足でした。
尾瀬は広いので見頃の場所を知らないで漫然と歩いているとつまらないと思います。
私の記事を見て、沢山花があると思いましたでしょうか?
これだけ見頃の花を探すのも、私位花に貪欲でないと見つからないと思います。我ながら。
個人的にはベニバナイチヤクソウの発見も凄く嬉しかったです。
こんな感じで今回も大満足の花巡りとなりました。

その他のお花達。
ツマトリソウ、コミヤマカタバミ、イワナシ、ミツバオウレン、コイワカガミ(終盤)、ヤマハタザオ、ノウゴウイチゴ、
クルマムグラ、クルマバソウ、ヨツバムグラ、ツクバネソウ、ヒロハユキザサ、ナツトウダイ、サンリンソウ、
ケナツノタムラソウ、ミゾホオズキ、ツボスミレ、キジムシロ、ズダヤクシュ、リュウキンカ(終盤)
タケシマラン、クモキリソウの蕾、ムラサキヤシオ、タニウツギ、オオカメノキ、レンゲツツジ
(木の花はほとんど探しませんでした)










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム