FC2ブログ

ユリ開花とイワタバコ情報

ヤマユリ、ウバユリ開花。
0714ヤマユリ2
0714ウバユリ

イワタバコは第2石門の上部で開花していました。
蕾はちらほらとありました。

鳴神山の花たちは絶滅の危機に瀕していると言っても過言ではありません。
春は人間の泥棒もいますが、通年は鹿の食害が最も深刻です。
私の目の前で絶えていったお花たち、
一つ二つではありません。
数年前初めて訪れた頃の鳴神山に比べて花の種類、数ともに激減しています。
ウバユリもその一つです。
駒形登山道で10は見られたウバユリが、保護しないと開花まで辿り着きません。
写真の花は赤柴のものです。
赤柴ではほとんど保護していないのにも関わらず、開花までたどり着いたものがありました。
ほとんど葉っぱがないのが分かりますか?
葉っぱは鹿に食べられてしまっています。

私は、現在の状況がとても悲しいです。
里山の環境保全も、嘆くだけではだめな時代に入ってしまいました。
積極的に人間が保護しないと花がどんどん絶えてしまっています。

私は仕事をしていますので、好き勝手に鳴神山に来ることは出来ません。
そのうえ、時間の制約もあり、ものすごく早い時間に来て早く帰っています。
はっきり言ってバテバテです。
だけど、どうしても守りたい。
どうにか時間を割いて、拙いながらも花をいくつか保護しています。
ジャコウソウ、アオヤギソウ、レイジンソウ、オオバギボシ、コキンレイカ。

夏は人が絶える里山ですが、私は高山の夏も里山の夏も愛しています。
特に鳴神山は私にとってはホームグラウンドですから。

コキンレイカが今年やっと咲きそうになりましたが、
大雨が続いたり、自身の不調があったりしてなかなか鳴神山に行けませんでした。
やっと行けた11日、コキンレイカは鹿に食われたと聞きました。

私の失望が分かりますか?
私の拙い保護を見た方はいらっしゃいますか?
コキンレイカが鳴神山程度の低山に咲くのはとても珍しいことです。
高山ではよく見られる花ですが、低山では稀少といってもいいでしょう。
既に私は別の山でコキンレイカを見ていますが、
私は鳴神山のコキンレイカが見たかった。

拙いなりにも時間をかけて守ったその花が、食われてしまったのです。
どうして、
他の常連は何もしないのだろう。
花好きを公言している人もいるのに、なんで何もしないんだろう。
私の怒りは収まりません。

自然の豊かさとは種類と数を言うのではないのですか?
花が減ると嘆くよりも毎日来る人間ならば出来ることはあるでしょう。

花一覧の売り上げを全額寄付した私の思いが分からないのですか?
本当に悲しくて悔しくて仕方ありません。

その他のお花たち。
ノギラン見頃、久しぶりのジャノヒゲ。
0714ノギラン0714ジャノヒゲ
キヌタソウも咲き始め、ホタルブクロは久しぶり。
0714キヌタソウ0714ホタルブクロ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム