FC2ブログ

スズメバチに刺されました。~鳴神山のスズメバチとクマ

7月11日、スズメバチに刺されましたーー;
しかも判明したのが2日後の13日。

11日、帰宅後数時間経って、なんだか腿辺りがじんじんするなと思って見たら、
10センチ四方に皮膚が腫れ、赤くなっている。
痛い、痒い。

これはアブだろうと勝手に思い、出かけ先でキンカンを塗り少し和らいで良かったと思う。
(めちゃくちゃ阿保)
その後痛いわ痒いわで氷で冷やしたり、フルコートという薬を塗ってみたりする。

2日後の13日、職場に虫に詳しい人がいたのでちょっと見てもらった。
「これってアブですよね?」と聞くと
「この症状はスズメバチですよ。心当たりはありませんか?」と強い口調で聞かれた。
心当たりはある。
鳴神山で蜂がしつこく自分の周りを飛んでいたのだ。
「アブの場合は食いちぎった跡がありますが、ハチの場合は刺し傷です。
どうですか?」
いえ、食いちぎった跡はありません。

その後パニック状態で1,2時間放心状態となった。

11日、私は薄手の黒いズボンで出かけた。
しかも、匂いの強い汗ふきシートで身体を拭いていた。
そのうえ、ひどい筋肉痛で全然速く歩けず、ロボット状態だった。
蜂が飛んでいるのは分かったのだが、速く歩けない私はちんたら歩くしかなかった。
その間に刺されたのだろう。

さて、なぜ私が蜂に刺されたことになかなか気づかないかというと、
あまりに痛い思いをした経験が多いためにそこそこの痛みには鈍感になってしまったようだorz

ポイズンリムーバーも持っているが、これは15分以内に使わないと効かないらしい。
蜂に刺されたら、
ポイズンリムーバーがあればそれで毒を出し、
水で洗い流すのが一番いいようだ。
行けたら病院に行くが、そうでない場合はステロイド系の塗り薬がいいらしい。

阿保な私がした良かったことといえば、冷やしたこととステロイド系のフルコートを塗ったことのようだ。

傷跡はどんどん腫れがとれ、範囲も狭まってきた。
まだ痒いが徐々にひいてはいる。

14日。
スズメバチに刺された私は、鳴神山に行くか否かかなり迷ったが、阿保だから行った。
中盤までは蜂の気配がなかったが、
肩の広場下辺りでぶんぶん蜂が飛び回った。
私はパニック状態になり、何の蜂かさえ見定める余裕がない。
しゃがんで、持っていた原液のハッカスプレーをかけまくった。
かけ過ぎて首が痛くなり、ハッカのせいか蜂のせいか分からないほどだった。
山頂にいた人に見てもらい、蜂でないことが分かりほっとした。
この日、私は高価なハッカスプレーを3分の2も使ってしまったーー;


さて、
私が言いたいのは何かというと、
鳴神山にはスズメバチがいるということです。
それは以前から知っていました。
駒形中盤より下でよく出くわします。
ですので、皆さんも是非気を付けて下さい。

蜂は上方と前方はよく見えるそうですが、下はあまり見えないようなので
しゃがむことは有効だそうです。
あとはよく言われるように黒い服は避けた方がいいと思います。

そして、クマもいます。
私自身見たことがあります。
なぜクマにも言及するかというと少し心配だからです。
私もかなりの早出ですが、私より早出の方がたまにいます。
たまに一人で鈴もつけずに歩いているのを見かけるのですが、
もうちょっと用心した方がいいと思います。
鈴も沢の音が大きければ効果なしですが、ないよりはましでしょう。
鳴神山のクマはビビリ屋なので人間の姿を見れば逃げて行きますが、
とりあえず春以外の特に平日に一人で歩かれる方は注意して下さい。
私は鳴神山では熊鈴は必ずつけます。

まあ、山なんだから何があってもおかしくないかもしれませんが、
用心し過ぎる位がちょうどいいと思います。

私はですね、はっきり言って鳴神山が怖くて仕方ありませんーー;
これから今まで通りに行けるかどうか微妙です。
今度刺されたらどうしよう、そればっかり考えています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム