FC2ブログ

山に咲く

花を見るには速くてもコースタイムだと思っている。
コースタイムより速いと花は目に入ってこない。
車と同じで速ければ速いほど視界は狭まるのだ。
鳴神山駒形登山道では速くて1時間半で歩く。
私を知っている人は、私をさぞ鈍足だと思うだろう。


鳴神山を歩いて約6年。
ほとんどの花を知り尽くした私が今でも鳴神山を歩いているのは
花の生存確認のためだ。
あの花は今年も咲いただろうか、その確認のために歩いているといっても過言ではない。
近年は花が減る、花が滅することばかりに目がいってしまい、どちらかというと悲しい思いをする方が多い。
それでも、花を見つければ私は嬉しい。
花は山の笑顔だ。
山の微笑みに気付かずして、山を知ったとは言えまい。
今年もおまえに会えて良かった。
咲いてくれてありがとう。生きてくれてありがとう。
おまえがそこにいてくれるだけで嬉しいんだよ。
そう語りかけながら歩く。
昆虫に向かって必死にアピールしている花にとっては、
生産活動に何の関与もしない人間が自分の存在に一喜一憂していることをさぞ不思議に思うことだろう。
でもいいのだ。
私は蜜を吸わない昆虫なのだから。


8月22日3時45分。
平ヶ岳登山口を出発する。
数台の車が準備を始めていた中、私は一番に出発した。
頭にはヘッドライト、手にはハンドライト。
満天の星空の中、暗い登山道を私は歩き出した。
11時間とも12時間ともいわれるコースタイム。
さて、何時に帰ってこれるか。
始めは緩やかだったがあっという間に急登となった。
下調べで序盤から急登だと分かっていたが、多少高をくくっていた。
その上長い。
約2時間急登は続いた。
下台倉山辺りから左手に燧ケ岳がよく見えるようになった。
0822燧ケ岳

もちろん平ヶ岳の山容は全く見えてこない。
アップダウンの続くゆるやかな道をしばらく歩く。
ミヤマママコナ、リョウブ、ホツツジ、アキノキリンソウ、ツルリンドウ、アオヤギソウ、カニコウモリなどがあったが、
もう夏の花のピークは過ぎて種類が少なかった。
ほとんど今年見たことのある花ばかりだったが、
ミヤマママコナの白花を見つけた。
これは珍しいと思う。少なくとも私は初めて見た。
0822ミヤマママコナ

出来るだけ花に寄り道せず、先を急ぐ。
白沢清水を過ぎ、しばらくすると平ヶ岳が見えてきた。
0822平ヶ岳全容
歩き出して約4時間半にして、やっと自分の目指す山容が見えてきたのだ。
平ヶ岳はその名の通りなだらかな山容だった。
私は感動で身が震えた。
来て良かったとしみじみ思った。
百名山日帰り最難関と言われる平ヶ岳登頂に不安がないはずがない。
どうしてこんな恐ろしい挑戦をするのだと不安と後悔を抱えながら歩き出したが、
山頂が見えたときそれまでの負の感情は一掃された。
神のまします座を見て、私の足取りに力がみなぎった。
0822平ヶ岳全容2
池ノ岳への急登が始まる頃、平ヶ岳の全貌が見えてきた。
美しい。
池ノ岳への急登は序盤同様に厳しかったが、私は知っている。
歩き続けれけば、ゴールは近づくことを。
私の出来ることは歩くことしかない。
ゆっくりでも確実に歩を重ねてゆく。
オヤマリンドウ、ミヤマアキノキリンソウ、イワショウブ、ミヤマコゴメグサなどが登山道脇に咲いている。
手早く写真を撮りながら歩き続ける。
歩き出して約5時間で池ノ岳に到着。
0822池
仰天するほどの楽園が待ち構えていた。
牧歌的な、まさに神が戯れているような様相だった。

姫ノ池と湿原の美しさに感動しながら平ヶ岳へ向かった。

0822平ヶ岳への道2
0822平ヶ岳への道

枯れたキンコウカが湿原を乾いた金色に染めている。
今でも十分美しいが、花のピークの頃ならさぞ美しいことだろう。


9時20分登頂。
0822山頂

周辺を少し散策した後、どっかり腰を下ろして休憩した。
仰向けに寝転び、ストレッチをする。

0822山頂からの空

空が近い。
天国が近い。

私は初めて平ヶ岳の山容が見えたときの感動、全貌が見えたときの感動、
姫ノ池を目の当たりにしたときの感動をしみじみと思い出していた。
山でしか味わえないこの感動を知ってしまったら、また来たいと思わずにいられない。

それにしても、山ではなぜ神を感じるのだろう。
無神論者の私が山では思わず「神」という言葉を使ってしまうのだ。
天国に近いからだろうか。
私にとって、神とは逝ってしまった、私を愛してくれた人達を指すのかもしれない。
それなら合点がいく。
私の山歩きの目的の一つは天国にいる人達に会いに行くことでもあるのだから。


誰もいない山頂で私は空を見上げた。
きっと、あの人達は私の生存を確認してくれるだろう。
おまえが元気に生きてくれるだけで嬉しいんだよ、
そこにいてくれるだけでいいんだよと
そう思ってくれた人達はきっと。


空を眺めながら、誰かにとって私も山に咲く花なのだと思った。
やっぱり山に来なくては。
来続けなくては。
山に咲く花に向ける温かさと優しさを湛えた眼差しと同様の、
懐かしい眼差しに再会するために。






0345  駐車場発
0920  山頂着
0945  山頂発
1410  駐車場着





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
基本的には開花情報発信がコンセプトですが、
いくつかの花については事後報告とさせていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム