FC2ブログ

爆風の中縦走☆吾妻山~鳴神山往復

(カメラ忘れてしまったので写真なしです)

鳴神山はまだ雪が降っていません!
1月中旬で積雪がないというのも、ちょっと心配になりますね。

今回も記録に残せないほど遅いので時間は書きませんーー;

1月3日に高熱を出し、その後体調不良が続いていました。
(今思うとインフルエンザの可能性もあります。
急激に熱が上がったので。
予防接種を受けていたので短期間で熱が下がったのだと思います)
解熱後も吐き気等に長く苦しみましたが、16日まあまあ体調が良かったので桐生アルプスに行ってきました。

5時台出発。
もう10台近くの車があります。
他の駐車場を合わせると一体何台の車があるのでしょうか。

人が多いので安心できますが、吾妻山の常連さんは凄いなと思います。
私が歩き出すと下りてくる人もいるのですからね。
いやー、凄い。

今回ももちろんハンドライト使用で歩き出します。
今回の驚きは寒くなかったことです。
駐車場についたとき、車の温度計は6度を示していました。
この時期信じられない暖かさです。
予報では最高8度位でしたから、この日は前線か低気圧の影響を受けていたのでしょうか。
(あとでネットで温度の推移を見たら4時台1度、5時台7度に急激に上がっていました)


暖かい吾妻山を登り終えると暴風の洗礼に会います。
今日もかなりの風だと思っていたので、覚悟はできています。
冬の縦走路は風が弱い方が稀なのですから、いいのです。

尚、冬の縦走路を歩くことで、ある程度の強風に耐えることが出来ます。
(昨秋の立山で「明日は暴風だから厳しいんじゃないか」と登山相談所の方に言われましたが、
私は余裕でした。
多少の風なら、ここで経験を積めば余裕になります)


吾妻山以北は暴風地域です。
この日はさほど気温が低くないのでそんなにきつくありません。
しかし、大形山を超えた辺りから強烈になります。
鳴神山に近づくにつれて風は冷たく強くなります。

とにかく音が怖い。

(縦走路で歩くときのポイント。
予報が良くても周囲の同程度の標高の山が雲で見えなくなってきたら、
雪雲に覆われていると考えて差し支えありません。
雪が怖い人は即座に撤退しましょう。
私は撤退しました。
赤城山の姿が見えるか否かも指標になります。
縦走路の強風はほとんど赤城おろしですからね。
どんなに風が強くても周囲が見渡すことが出来れば大丈夫です)

それでもこの日は指先がかじかむことはありませんでした。
風は強いけれど、気温がそこそこあったからだと思います。

鳴神山登頂。0度。
この日は北はそこそこの展望でしたが、南はあまり良くなかったです。
風の当たらないところでパンを食べて即座に出発です。

風は復路も強烈でした。
この日一番強烈だったのは、金沢峠から大形山への登りです。
気を抜いたら飛ばされるかもと思いました。

この日縦走路で会ったのはトレラン姿の一人です。
その後追い抜かれなかったので、鳴神山で下山して下道を走って帰ったのかもしれません。
つまり往復したのは私一人でした。

吾妻山到着。
いつもなら午後でも多い吾妻山ですが、今日は人が少なかったです。

というわけで、1月中旬にも関わらず、吾妻山~鳴神山往復が出来ました。

近隣在住で山が好きな方なら、吾妻山~鳴神山を一人で往復をお勧めします。
(尚、私は「ソロ」という言葉は使いません)
約20キロ、累積標高差1900m。
高い山の練習としては最高だと思います。
(ただし標高差1600m、片道20キロ等の山には太刀打ちできません)
そして一人で歩くことが大事です。
自分の力が如何ほどか、きちんと把握する必要があります。
休憩の入れ方、自分に最適な疲れにくい歩き方、速さ、どこでばてるのか、
耐荷重の限界、ストックの使いどころ、最適な水の量、食料の量等
知っておく必要があります。
誰かにひっぱってもらって歩いている、歩かされているだけでは長い目で見たら危険ですよ。
遭難事故になる可能性もあります。
よく「女一人で〇×△」と言われますが、
自分の力、技量も分からずにいろんな山に行く方が私には恐ろしく思えます。

雪が降らなければ(無類の雪嫌いです)また歩きたいと思います。






スポンサーサイト
プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム