FC2ブログ

登山計画書と単独の心得!

鳴神山の記事を怠っています^^;
自分にしてはちょっと衝撃的な出来事があったので
この記事をアップします。

皆さん、登山計画書はきちんと提出していますか?
シンプルな形式ですが、私はしています。
今回は自分の登山計画書の提出で考えさせられることがありました。

6月某日。
私は庚申山に行ってきました。
もちろん無事帰宅しました。(だから今パソコンの前にいます)

いつものように昼寝をしていると見知らぬ電話番号から着信が。
出ると、「日光警察署の者ですが」と言います。

えっ。
何か交通違反した?!
これが最初考えたことです。

「あなた、〇日庚申山に行きましたよね。
登山計画書見たんですが」


「私、無事帰ってきましたよ!」

私、遭難したと思われたの?
これが2番目に考えたことです。

「違うんですよ。
実は〇日から行方不明の方がいて、
目撃情報を求めているんです」

えっ。
絶句しました。
性別年齢を聞きましたが、そういう方は見た記憶がありません。
そう伝えると、正確な出発時刻と到着時刻を訊かれ、電話は終わりました。

数分の電話ですが、
私はかなり動揺しました。
ネットで検索すると確かに遭難記事がありました。
今日で6日経っています。
皇海山に向かったと書いてありましたが、何故銀山平出発の私に電話があったのでしょう。
もしかして難ルートの銀山平からスタートしたのか、
それとも皇海山から道に迷って庚申山方面に来たと警察が推測したからなのか。
それは分かりません。
(皇海山では遭難死亡事故が6月に既に1件あることも知りました)

コウシンソウが咲いている為、現在庚申山は一番登山者が多い時期です。

私は初めて今年行きましたが、最初の2時間半位(猿田彦神社分岐)までは丘、
その後は急峻な山道となる、極めて起伏の富んだ山という印象を受けました。
特に山荘から山頂方面は急でちょっと驚きました。
(私は花目的なので登頂していません)

お山巡りは梯子は多いですが、決して難易度が高くはありません。
ただし長いので結構疲れます。
集中力はきれやすいと思います。
(ここが花が多いので皆さん歩くところですが)

皆さん、山行を決めるときは必ず
自分の脚力、登山力、当日の天候、体調等を考慮して決めて下さい。
庚申山を安全に歩くには7、8時間は歩ける力が必要です。
中盤からがらりと急坂となる登山道に対応できる力も必要です。


以下、主に単独山行で重要だと思われることを挙げていきます。
(もちろん登山計画書の提出は絶対です)

まず、早出早帰りの原則が基本です。
私は下山は出来れば14時台が理想だと考えています。
出来れば14時半より前。
早ければ早いほど、悪天候にあう確率が減り、
道迷いがあったとしても精神的に余裕が持てます。
8時間超の山行では開始を4時台にすべきだと思います。

無事に帰宅するのに一番重要なのは最新鋭の装備ではなく、確かな脚力なんです。
安全登山の第一は脚力、そして冷静な自己判断能力です。
行きたい山、憧れの山があるなら訓練して下さい。
そして、疲れない歩き方を習得して下さい。
最適な休憩の入れ方、エネルギーの補給等を把握して下さい。
序盤突っ込む歩き方は一番だめな歩き方です。

そしてバランス力も岩場では極めて重要です。
これを鍛えるには普段はストックを使用しない、体幹トレーニング、
岩場の訓練が重要です。
山を沢山歩く方は体幹トレーニングはしなくてもいいと思います。

あとは読図力です。
実は私はこれが極めて苦手ですが、スマホの簡易GPSでかなり不安が軽減しました。
モバイルバッテリーも必ず持ちます。

持ち物で一番大事なのはダブルストックだと思います。
長丁場では疲労軽減の為、私は必ず使います。
あと、怪我したときには素晴らしい松葉杖になります。

単独が好きな人も、単独にならざるを得ない人もいると思いますが、
どちらにせよ、全ての責任は自分にかかってきます。
山行だけでなく、車の運転等まで自分で全部しなければならないのですからね。
私は登山口(下山口)は常に自宅の玄関だと思っています。
ですから、慎重に入念に事前準備をし、自分の能力に見合うか判断して下さい。

恐ろしいことに皇海山で20日現在2件の遭難が起こっています。(どちらも単独)
1件は無事救助されたというニュースを見ました。
救助されたのは、もう1件の救助活動をしていた民間の救助隊が発見したからだそうです。
まさか、自分が歩いている間に、近くで生死の不安と戦っている人がいたなんて…
単独の方は特に気を付けて山歩きを楽しんで下さい。






スポンサーサイト



プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム