匠の作品群☆

蜘蛛の巣にひっかかった黄葉が空中を遊泳しているように見えました。
鳴神山通信


【ルート】駒形往復

【山頂温度】27度

【天気】曇り~晴れ

【展望】悪い

【風】ほぼなし


ちょっと前まで随分と冷え込みましたが、最近はまたまた暑いです。

洋服選びを間違えるとかなりのダメージになりますねあせる

最低20度最高28度前後ならば夏の格好+予備に防寒用の服で充分のようです。


※今日はハチに会いませんでしたが、最近マムシをよく見ますので注意してください※



今日も山頂には鳴神山を愛する方々が集まってきましたが、

バテ気味の私は早めに下山しました。


左/アカスジキンカムシ終齢幼虫だそうです。

パンダみたいで可愛いドキドキ3匹ほど見ました。

右/駒形登山道でサラシナショウマを初めて見ました。
鳴神山通信 鳴神山通信


さて、今日は鳴神山を愛してやまない山の匠の作品をご紹介します。

「より歩きやすい登山道を」をモットーに山の匠は登山道整備に勤しんでいますニコニコ


第一石門付近。

砂利を敷いたそうです。

地面が平にならしてあるのが分かると思います。
鳴神山通信

同じく第一石門付近。

ちょっと分かりにくいですが、ここにも砂利を敷いたそうです。
鳴神山通信

登山口序盤の岩場。

ストックの先辺りに、画面を横切るように掘りが作られてあります。

雨などで登山道に溢れた水を写真右側の沢へ流すように工夫したそうです。
鳴神山通信

定期的に鳴神山を訪れると、どんどん道が整備されていくのが分かります。

山の匠の登山道整備にかける情熱、ボランティアスピリットは凄いです合格



こちらの池、もしくは滝。

こちらも山の匠が最近整備したものです。

只今佳い名前を思案中ですニコニコ
鳴神山通信



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム