残秋と桐生タイムスの記事☆

【ルート】駒形往復

【天気】快晴

【展望】まずまず

【風】少し強い

【山頂温度】10度


登山口からすっかり秋模様の鳴神山を今日も歩いてきました。

今日は少し風が強く、山頂で風が吹くと逃げたくなるほど冷えてきます。

風と低い気温のおかげでしょうか、今日の展望はまずまずでした。

写真には撮りませんでしたが、富士山、筑波山、赤城山、上州武尊、谷川も良く見えました。


日光連山
鳴神山通信

袈裟丸山方面
鳴神山通信

これ以上居ると凍えるなぁというところで退散、今日は駒形往復です。


肩の広場から第2石門の間。

ここも随分とスカスカになりましたが、まだまだ美しいです。
鳴神山通信

花でせいいっぱいの私ですが、カエデの名前も少し覚えました合格

ウリハダカエデ           ハウチワカエデ
鳴神山通信 鳴神山通信

陽光に暖められた巨岩が黄金色の泡を吹く。
鳴神山通信

消えゆく秋の気配をしみじみと感じながらの下山でした。



さて、先日の橋の架け替えですが、

16日付の桐生タイムスの記事をご紹介します。

記事の文章があちこちに飛んでいて読みづらいですが、ご了承ください。
鳴神山通信

鳴神山通信

鳴神山通信

ところで、某新聞社はいつ記事を掲載してくれるのでしょうか。。。ニコニコ!?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム