スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も山の匠達がほくそ笑んでいることでしょう☆

____まるで木のてっぺんに立っているような____

鳴神山通信

落ち葉がどんどん深くなりますので、特に下山時にはお気をつけください。


【ルート】駒形往復

【山頂温度】15度

【天気】曇りがちの晴れ

【展望】まあまあ

【風】時折冷たい


山を美しく彩っていた葉っぱ達が土の上で眠りにつく頃、

木の間から覗く青い空が日に日に広くなっていきます。

広がる青空を見ると山の冬支度が着々と進んでいるのだなとしみじみ思います。


冬の鳴神山の醍醐味といえば、山頂からの展望ではないでしょうか。

今日の空は厚い雲に覆われていましたが、

素晴らしい山容をいくつか見ることが出来ました。


浅間山
鳴神山通信

筑波山
鳴神山通信

赤城山
鳴神山通信

駒形登山道に足を運ぶ毎に、

どんどん道が歩きやすくなっているのにお気づきでしょうか?

ふと童話の「こびとのくつや」を思い出します。

鳴神山には「こびとのくつや」が実在するのです。

誰もみていないうちにこっそりと、みんな驚くだろうなぁと

ほくそ笑みながら山を修復する、山の匠達です。


第二石門の辺りで登山道を遮断するように倒れていた倒木をいつの間にか片付けてくれました。


10月17日           →  11月27日
鳴神山通信鳴神山通信

いつもいつもありがとうございますニコニコ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鳴神山愛する会

Author:鳴神山愛する会
ようこそ鳴神山へ!
主に季節の見どころ(花メイン)と登山道整備の記録を綴っています。
なにぶん素人ゆえ、花の同定には間違いが多いですがご了承下さい。
行政でもなく、営利目的でもなく、ひたすらに山を愛する山男達の登山道整備を記録しています。
何気なく歩いている山にどれだけ多くの手、愛情が加えられているかを
是非知っていただきたいと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。