FC2ブログ

花仙人のお庭から~艶やか饗宴

我々花追い隊はまず某所に向かい…
0523ヤマボウシ
ヤマボウシを堪能してきました^^
見事でしたよ。

ヤマボウシは花が浮いているように咲くんですね。
0528ヤマボウシ

しかし今日の目的はこちらです。
イチヤクソウです。
0528イチヤクソウ0528イチヤクソウ拡大

数日前に偵察に出かけ、今日は二人で向かったのでした。
おかげで見頃のイチヤクソウに沢山出会えました。
多分、15株はあったと思います。

そして、ミヤマナルコユリの株も沢山見かけました。
花は咲き終わりでしたが、実をつけているものに出会えました。
全くピントがあいませんでしたが、一応載せておきます。
あとで鳴神山でも確かめてみようと思います。
0528ミヤマナルコユリ

そして花仙人宅へ戻ります。
花仙人のお庭には私の好きなお花が沢山咲いていました。
数日前には花が途絶えたというのですから、やはり自然は読めませんね^^

シモツケソウが咲き始め。とっても綺麗です。
0528シモツケソウ
ウスベニアカショウマも綺麗です。
私はピンクが好きみたいですね。
0528ウスベニアカショウマ
カラマツソウも見頃。
0528カラマツソウ
ここのユキノシタは茎が緑です。鳴神山のは赤いですよね。
0528ユキノシタ
ミヤマキンポウゲも見頃。
0528ミヤマキンポウゲ

ウツボグサ咲き始めです。
0528ウツボグサ紫0528ウツボグサ白
アップも綺麗です。
拡大してみると、シソ科らしさがよく分かりますね。
0528ウツボグサ紫アップ0528ウツボグサ白アップ

カワラナデシコ見頃でした。
ホタルブクロは咲き始めです。
0528カワラナデシコ0528ホタルブクロ
ムラサキツユクサも綺麗でした。
0528ムラサキツユクサ白0528ムラサキツユクサ
ヤマタツナミソウは鳴神山のものよりずっと綺麗でした。
鳴神山のは葉っぱがぼろぼろですよね^^;
0528ヤマタツナミソウ0528ヤマタツナミソウ2


先日まで見頃だったハンショウヅルはこんな形になっていましたよ。
0528ハンショウヅル
レンゲショウマは蕾が目視できます。
あの小さなわらびみたいのが、こうなるのかーと思いました^^
30本程花芽が立っていたと思います。
0528レンゲショウマの花芽

今日の花仙人のお庭のメンツは私好みが多かったです^^

このご時世、いろんな趣味がありますが、花巡りはかなりいい趣味だと自負しています^^
私にとっては、生きる糧といっても過言ではありません。
花仙人もおそらくそうだと思います。
生きるのが辛いなーと思っている方、是非自然へ足を運んでみてください。
絶対に、生きる喜びを得られると思います。
生命って凄いなと思えるはずです。
そして、自分の生にも思いが馳せていくと思います。
仮にぴんとこないとしても、通っていくうちに感受性が育っていくと思います。
掛け値なしでお勧めの趣味です^^

花仙人のお庭から~ 初夏へ

5月のお花が清々しく咲いていました。
チョウジソウとクサタチバナ
0514チョウジソウ、クサタチバナ
チョウジソウ、シラン、アカショウマ
0514チョウジソウシランアカショウマ
アカショウマ
0514アカショウマ
アヤメ
0514アヤメ

花のアップの写真もいいですが、こうやって全体の様子が分かる写真もいいかなと^^
アヤメは見頃、チョウジソウ、アカショウマは咲き始め、クサタチバナはピークを過ぎています。

ハンショウヅルは光の当たり加減が違うものを2枚。
光の加減次第で、全く色や雰囲気が違いますね。
茶色っぽい印象でしたが、もっと明るい紅色でした。
0514ハンショウヅル1
0514ハンショウヅル
コアジサイも咲いていましたよ。早いですね。
0514コアジサイ

前回掲載したレンゲショウマの花芽がここまで伸びました。
前記事と比較してみてください。
0514レンゲショウマ
ミヤマキンポウゲが雑草のように咲き始めましたよ。
0514ミヤマキンポウゲ

チョウジソウは山野草としてはかなり大きなお花です。
山の中で見てみたいなぁ。
ニワゼキショウは人生初です。
珍しくないみたいですが、私は初めて見ました。お花らしくて可愛い♡
0514チョウジソウ0514ニワゼキショウ
クリンソウは今年は少ないようです。
カラマツソウ咲き始めです。鳴神山ではもちろんまだです。
0514クリンソウ0514カラマツソウ
エビネがまだまだ見頃でした。
雑草のように咲くウツボグサも花芽が目立っていました。
0514エビネ0514ウツボグサ

この日は花仙人の知り合いの方の病気が話題の中心でした。
難病で、かなり深刻だったので、私も聞いていて胸がつまる思いでした。
いやはや。
今ある健康を有り難く思う。
今日は改めてそんなことを感じた1日でした。


花仙人のお庭から~桐生市内も徘徊

今日は花仙人とご一緒する時間は実はとても短かったです。
花仙人に教えてもらった桐生市内の見頃のお花を見に行ったというのが正確です。

といっても春はどんどん花が咲きますので、
花仙人のお庭も新しいお花がお目見えしていました。
アヤメです。白い方はまだ咲き始めなので花が開いていないようです。
0505白アヤメ0505アヤメ
クサタチバナ、早いですね。
ハンショウヅルは不思議な存在感です。
鳴神山にもあるようですが、まだ見たことがありません。
0505クサタチバナ0505ハンショウヅル
ニッコウキスゲ、シランはいろんな方の庭先で現在見られますね。
今日桐生市内を運転しながらそう思いました^^
0505ニッコウキスゲ0505シラン
ミヤコワスレは花期がとても長いお花です。
セッコクランは前回掲載したものとは違う株ですが、見頃でした。
月光系、発光系のお花が好きな方は是非ご覧下さい。私は大好きです。
0505ミヤコワスレ0505セッコクラン
エビネです。
左は花仙人のお庭のお庭のもの、右は自生のものです。
お庭のエビネは今見頃ですが、自生のものは見頃を過ぎています。
自生のものを撮っている時間は陽射しが強烈でしたので色が上手く撮れませんでしたが、
お庭のものよりも見映えがいいことが分かりますでしょうか?
実物を見ると、その差は歴然としています。
自生のものは地味だけど華やかなのです。
ちょっと圧倒されますね。
ピークは過ぎていましたが、今年も見に行けて良かったと思いました^^
0505エビネ0505エビネ吾妻
キンランは数年ぶりです。
盗まれるのが理解できるくらい美しい花ですが盗まないでください。
0505キンラン
カザグルマは見頃を過ぎていましたが、状態のいいものを撮ってきました。
0505風車
オオヤマレンゲです。
花仙人から開花したという情報がなかったのに、咲いていてびっくり。
帰宅後花仙人に問い合わせるとオオヤマレンゲで正しいとのこと。
弘法も筆の誤りですかね。ふふふ^^
0505オオヤマレンゲ
今日一番驚いたのはタニウツギがあったことです。
園芸種かもしれませんが、あのタニウツギですよ。
谷川や平標、福島や新潟でよく見かける、あの人気のあるタニウツギが近場にあるなんて。
ちょっと驚きました。
0505タニウツギ

今日も花を目当てに8時間以上うろついていました。
いやあ、ばかですね。
私にとっては山を歩くことと花を愛でることが、一番の楽しみですから。
このままばか街道を突っ走ろうと思います^^



花仙人のお庭から~ 花と動物と情熱と

鳴神山を歩いてきた後、花仙人宅へ。

美味しいお菓子と奥方お手製の菜の花の胡麻和えを頂き、
早速花の鑑賞会へ。

ギンラン。今年は花付きがいまいちだそうですが、沢山ありました。
セッコクラン。今年は花が多いです。
0427ギンラン0427セッコクラン
オドリコソウのピンクと白。ピークは過ぎているようです。
早いですね。
00427オドリコソウピンク0427オドリコソウ白
エビネは咲き始め。
ヤマオダマキは見頃でした。
0427エビネ0427ヤマオダマキ
アメリカスミレサイシン。ビオラ・ソロリア・フルック(ル)ス。ソバカススミレ。
和名は吹っかけスミレ。
アメリカの外来種だそうです。
フルックルスはそばかすという意味です。
紫の斑点がそばかすのようですね。
0427スミレ

鳴神山でも見られるお花達。
カヤラン、ユキザサはお庭では見頃。
0427カヤラン庭0427ユキザサ
ハナイカダも見頃。
ハナイカダは最近では鳴神山では見かけなくなりましたが。
真剣に探していないのもありますが、今年はどうでしょうか。
0427ハナイカダ

これから咲くお花達。
ハンショウヅル。鳴神山にもありますが、私はまだ見たことがありません。
ニッコウキスゲ。
0427ハンショウヅル0427ニッコウキスゲ
クサタチバナとカラマツソウ。
早いですね。
0427クサタチバナ0427カラマツソウ
アカショウマ。よく見ると花仙人がいます^^
0427アカショウマ

今回はレンゲショウマの花芽を教えてもらいました。
花仙人のお庭では雑草のようにたくましいレンゲショウマがわんさかありますが、
既に葉っぱがわさわさしています。
それでも花芽をつけるのは3分の1だそうです。
この時期花芽はどんな感じかといいますとこんな感じです。
0427レンゲショウマ
アップ。
葉っぱが生える茎と枝分かれしている小さな茎がレンゲショウマの花芽です。
鳴神山でレンゲショウマを期待している方は是非、
ここの部分を見てください。
これで花が咲くかどうかが分かります。
0427レンゲショウマ花芽

最後にお庭の動物達を紹介します。
犬猿の仲ではないようです。
0427犬
三猿。
0427猿
象の腰掛。
0427象
タヌキ。
0427タヌキ1
やあ、タヌキです。
0427タヌキ2
おいタヌキ、食べ過ぎたろ。
0427タヌキ3

今日もしゃべっりぱなしの花仙人。
10時間位一緒にいましたが、おそらく9時間半位しゃべっていました。
今日一番の花の写真はどれかと尋ねたら、ノンストップ特急列車になりました。
特に奥方に対して情熱系でしゃべり続けていました。
そして庭の動物達に対しても超情熱系でしゃべり続けていました。
特にタヌキに対する情熱が凄かったです。

タヌキね、うん、タヌキ。
はい、よくわかりました。

どうやら花仙人は花も動物も好きなようです^^










花仙人のお庭から~今年初登板

去年の夏よりいろいろなことがあった管理人は、
自然と花仙人宅からも足が遠ざかっていました。
ブログを御覧の方なら分かると思いますが、
夏から秋にかけてはブログ更新をする余裕がないほどバタバタしておりました。

さて、今年は4月10日花仙人宅に初訪問、そして17日にも訪れています。
今日は主に4月17日の様子をご紹介します。

シロバナエンレイソウ、ラショウモンカズラ、ヤマブキソウが咲いています。
豪華ですね^^
(シロバナエンレイソウはピーク過ぎ、ラショウモンカズラとヤマブキソウは見頃)
0417庭

ラショウモンカズラアップ。ラショウモンカズラは私の好きなベスト5に入ります^^
今回驚いたのは、背丈が低くても花を咲かせるものもあるということです。
ある程度大きくならないと花が咲かないと思っていたので驚きました。
0417ラショウモンカズラ

ホウチャクソウ見頃。
ホウチャクソウの上にある、木についている鳥の巣のようなものはセッコクランです。
これも月光を放つような美しさがあります。
咲くのが楽しみです。
0417ホウチャクソウ

ジロボウエンゴサクはかろうじて残っています。
0417ジロボウエンゴサク

コンロンソウ見頃。
鳴神山のと違って、葉っぱが細いです。
0417コンロンソウ

ツクバネウツギは見頃を過ぎていました。
ここのは大きくて見応えがあります。
鳴神山山頂のはちっちゃいですね。
0417ツクバネウツギ

コンロンソウ、ヤマブキソウ、ホウチャクソウは鳴神山ではまだ見ていません。
花仙人のお庭でもヤマブキソウが沢山咲いていましたが、
鳴神山でもヤマブキソウの葉っぱを沢山確認しています。
今年はヤマブキソウが良いと思います^^

その他のお花たち。
ミヤコワスレ咲き始め。園芸種みたいですね。
スズラン。可愛い花にも毒があるっていう奴ですね^^
0417ミヤコワスレ0417スズラン

サクラソウ咲き始め。
イカリソウはかろうじて残っています。
0417サクラソウ0417イカリソウ
変わり花のニリンソウです。背中合わせのニリンソウと、
ヤマシャクヤク(4月10日)。
ニリンソウは17日時点で全般的に勢いがなく、ヤマシャクヤクは10日見頃でした。
0417ニリンソウ0410ヤマシャクヤク

新芽も載せておきます^^
チョウジソウはこのままぐんぐん背を伸ばします。
クサタチバナはこんな感じなんですね。意外でした。
0417チョウジソウ0417クサタチバナ

さて、最後にヤマブキソウ3種を載せておきます。
葉っぱの種類が3種類あるのですが、鳴神山でも見られますので是非参考にしてみて下さい。
尚、セリバはなかなか出会えません。
一般的なもの。
0417ヤマブキソウ
長い葉っぱ。
0417ナガバ
セリバ。
0417セリバ



おまけで超ちっちゃなヤマブキソウ。
花仙人曰く、発育不良だそうですが、個人的にはこれが一番可愛かったです。
0417小さいヤマブキソウ

4月10日の写真がヤマシャクヤクしかないのは、
久しぶりにお会いした花仙人に元気がなくて、写真を撮っている気分になれなかったからです。
徐々に元気が回復してきたように見えますが、腹の底から声は出ていないような。
何を聞いても「大丈夫だよ」しか答えない花仙人なので、心配ではあります。
これから秘薬を与え続けて鳴神山にも連れ出しますので、
常連の方々、見かけましたらどうぞよろしくお願いします(^-^)/


プロフィール

管理人

Author:管理人
ようこそ鳴神山へ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム